旅行達人!旅の必ず役立つ情報館

旅を最高に楽しむために各地の旅行先や旅行での役立つ情報をお伝えしていきます。

thead

これで石垣島は大丈夫!観光スポットおすすめモデルコースをご紹介

      2017/08/02

まるで海外の様な綺麗なエメラルドブルーの海と綺麗な空で常夏気分が味わえる石垣島観光!

 

初めて行かれる方は正直どこからどんな順番でまわったら良いのかわからなくて、効率の悪いまわりかたをしてしまって後悔・・・なんて話をよく聞きます。

著者も石垣島へ初めて行った時には、ちゃんと調べなかったというのもあり、行きたかったスポットを周りきれず後悔しました。

 

ということで、今回は初めての石垣島でも大丈夫!な、効率よく楽しめるモデルコースをご紹介しちゃいます。

 

石垣島観光スポットランキングはコチラ
石垣島の観光スポット!最高おすすめランキング厳選10選

スポンサーリンク

【モデルコース1】

石垣島滞在時間がほとんどない方でも、こちらは是非行ってください!
4時間ほどでまわれるコースです。

 

●川平湾⇒フサキビーチ⇒石垣島ミルミル本舗

 

≪川平湾(かびらわん)≫
kabira
世界有数の透明度を誇る海
絶景ポイントとして、石垣島一番の人気観光スポットです。
2009年には、なんと!あのミシュラン三ツ星に格付けされているほどなんですよ!

 

新石垣空港から車で、約35分で絶景へ辿りつけます。

 

光の加減や潮の干満などによって色合いを変える海は神秘的な美しさです。
干潮時にはサンゴが見えやすく綺麗ですが、澄んだ海を見たい場合は満潮時をオススメします。
残念ながら遊泳禁止ですが、グラスボートで綺麗なサンゴや色鮮やかな熱帯魚を見ることができますよ。

 

川平湾には幾つかのグラスボートの会社がありますので、現地ですぐに予約ができます。
是非、石垣の素敵な海の中の世界を覗いてみてくださいね。

住所:沖縄県石垣市石垣島川平934

 

≪フサキビーチ≫
fusaki
時間がなくても石垣島のビーチには絶対に行っておきたいですよね。
こちらのフサキビーチは石垣島の西に位置しており、川平湾から車で約30分です。

 

石垣島の海の中でも抜群の透明度であり、実は、ウミガメが産卵に訪れるくらいきれいなんですよ。

 

フサキリゾートヴィレッジ内のビーチですが、ホテル宿泊客でなくても利用可能です。
ホテル内を通過しなければ海へは行けないので、躊躇せず、宿泊客の方と同様ホテルロビーから入りましょう。

 

ホテル内のビーチですので、遊泳区域も決まっていますし、監視員もいるので安心して楽しめますね。
子供連れの方にもとてもオススメなビーチです。

 

是非、シュノーケルを持って行ってみてください。
かわいくて、小さな魚たちを間近で見ることができますよ!

 

実はこちらは、サンセットを見るビーチとしてもとても有名なんです。
お時間がある方は、日没の時間を狙って行ってみてはいかがでしょうか。

住所:沖縄県石垣市新川

 

≪石垣島ミルミル本舗≫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フサキビーチから車で5分ほど走るとあるのが、地元の方も通うジェラート店

 

味も、眺めも抜群!

 

こんな素敵な場所で、沖縄ならではの食材を使った絶品ジェラートを食べられるなんて贅沢ですよね。
是非、石垣島の風景と味を、目と舌で堪能してみてください。

 

※全く時間がない場合は、新石垣空港内にもございます。
上記店舗のような素敵な風景は味わえませんが、美味しいジェラートは堪能できますよ。

住所:沖縄県石垣市新川1583-74

 

スポンサーリンク

【モデルコース2】

日帰りだけど、朝から一日たっぷりと時間がある方にオススメコースです。

 

●玉取崎展望台⇒明石食堂⇒川平湾⇒石垣島ミルミル本舗⇒バンナ公園⇒ユーグレナモール

 

≪玉取崎(たまとりざき)展望台≫
玉取崎展望台
石垣島新空港から車で約15分。
太平洋と東シナ海の両方の海が一度に見渡せることで有名な場所です。

 

展望台へと歩いていく道には、ハイビスカスがたくさん植えてあり、海や花を眺めながら常夏沖縄気分を満喫できますよ。

 

≪明石食堂≫
明石食堂
ランチはココ、明石食堂!
絶品のとろとろソーキそばを食べてみてください!

 

玉取崎展望台からは車で10分ほどのところにあります。

 

人気店ですのでオンシーズンの時は並ぶこともあります。覚悟しておいてくださいね。
石垣島で八重山そばと言えば、「明石食堂」と言われるほどの有名店なんですよ。
是非、お試しください。

住所:沖縄県石垣市伊原間360

 

≪バンナ公園≫
バンナ公園
バンナ岳の山麓にある広い森林公園です。
石垣島  ミルミル本舗からは、車では約15分。

 

こちらにある展望台からは、きれいなエメラルドの海、そして島のほとんどが一望できますよ
また、竹富島や西表島、そして小浜島など他の島だって見ることができるんです。

 

公園内の森林散策広場には、蝶園があり、様々な種類の蝶を見ることができます。
石垣島に来たら「海!」と思いがちですが、公園で島の別の一面を覗いてみると意外な楽しい発見があるかもしれませんよ。

住所:沖縄県石垣市961-15

 

≪ユーグレナモール≫
ユーグレナモール
中央通りと、銀座通りからなる商店街がこの「ユーグレナモール」。
バンナ公園からは、車で約10分です。

 

たくさんのお土産ショップや、地元の商店が立ち並んでおり、歩いて見るだけでも楽しめます。

 

また、地元のおばあ手作り、沖縄の揚げ菓子「サータアンダギー」が販売していますよ。
地元菓子をほおばりながら、お土産探しもいいですね。

 

そして、この商店街はアーケードで覆われているので、突然の雨の日の観光にも最適ですね。

 

ここユーグレナモールには、石垣市公設市場があるので、是非立ち寄ってみてください!
美味しい石垣牛や南国フルーツなど、地元の食材に出会えますよ
南国フルーツを買って、ホテルに持ち帰り、一日の疲れをリフレッシュするのもいいですね。

スポンサーリンク

【モデルコース3】

二泊以上する方は、コース2にプラスして下記も訪れてみてください。
石垣島の魅力がたっぷりつまっています。

 

《とうふの比嘉(ひが)》
higa
ホテルの朝食もいいですが、さっぱりとした朝食はいかがでしょうか。
こちらでは手作りの美味しいお豆腐定食がいただけますよ。

 

リーズナブルなお値段ですが、量は多め。
小・大・特大・超特大とサイズが選べますが、思っているよりも少し多めでした。

 

豆腐だけ?と思われるかもしれませんが、
味付け用に味噌などがあり、味を少しずつ変えて楽しみながら食べられるのがポイントです。

 

著者も、実際こちらに何度か朝食を食べに行きました。
石垣の暑い気候の中で、あまり食が進まない日々の中、朝食のお豆腐は暖かいものの食べやすかったです。

 

ホテルの朝食以外を召し上がりたい方にはオススメです!

住所:沖縄県石垣市字石垣570

≪米原ヤエヤマヤシ群落≫
米原ヤエヤマヤシ群落
ヤエヤマヤシは石垣島と西表島にしか生息しない、非常に珍しいヤシです。
特徴は高さ20メートル以上の大きな幹と、長さ4~5メールほどの長い葉っぱです。

 

こちらの群落は、まだ人の手があまり掛かっていない状態ですので、ありのままの自然の状態を体験できる観光スポットとなっています。
訪れる際は、歩きやすい靴を用意しておいてください。

 

ヤエヤマヤシ群落を散策し、マイナスイオンをたっぷり吸収してみてはいかがでしょうか。

住所:沖縄県石垣市桴海

 

≪平久保崎(ひらくぼざき)灯台≫
平久保崎
石垣島の最北端に位置する、平久保崎灯台。
こちらからは、サンゴ礁に囲まれ、様々なブルーの色をなしたきれいな海が見渡せます。

 

最北端とあり少し遠いですが、見る価値があります。
青い空と海、そして風を感じながら、のんびりするのも贅沢ですよね。

 

≪石垣島天文台≫
石垣島天文台
石垣島ではたくさんの星が見られることでも有名なのをご存知ですか?
そんな、星でも有名な石垣島のこの天文台には、九州・沖縄では最大の望遠鏡「むりかぶし望遠鏡」が設置されているんですよ。

 

太陽の日差しが強く、海がきれいな石垣島だけでなく、夜の美しい空を持つ石垣島の魅力も体験してみてください。

 

夜には天体観望会が二回開催されていますが、予約が必要です。
事前に予約をが必要ですので、お天気チェックをしてから予約してください!

住所:沖縄県石垣市字新川1024-1

 

≪石垣 やいま村≫
石垣 やいま村
こちらは、八重山の家並みを再現したテーマパークで、シーサー色つけ体験や、琉球衣装体験などを実際に楽しめることができます。

 

自分へのお土産に、シーサー色つけ体験はいかがでしょうか。
約一時間の間に色つけをし、当日中に持ち帰ることができちゃいます
シーサー作りを1からすると、時間がかかってしまう上に、更に一ヶ月後に宅配などとなってしまいますが、こちらでは既に出来上がっている物に色塗りするだけなので気軽に挑戦できますね。
ちょっと不器用なあなたにもオススメです!

 

また園内にはリスザル園があり、かわいいリスザルへの餌やり体験や希少な動植物を観察することだってできちゃいます!

 

もちろんお土産だって買うことができるので、よくばりな方には大満足していただける観光スポットです。

住所:沖縄県石垣市名蔵967-1

 

以上、石垣島のモデルコースいかがでしたでしょうか。
こちらのルートを参考に、限られた観光時間の中で、思う存分石垣島を楽しんでいただければと思います。

沖縄の太陽は、本当に日差しが強いですので日焼け止めや帽子、そして飲み物を準備して出かけてくださいね!

スポンサーリンク


出発前の準備はOK!?

→無料で海外旅行保険付クレジットカードを作る

→海外用Wi-Fiルーターを格安でレンタルする

→ホテルを最安値で予約する

→航空券を最安値で予約する

→海外旅行を格安で申し込む

→国内旅行を格安で申し込む


 - 沖縄・離島