旅行達人!旅の必ず役立つ情報館

旅を最高に楽しむために各地の旅行先や旅行での役立つ情報をお伝えしていきます。

thead

エジプト旅行は実は危険?治安と最低、注意しておきたい7つのこと

   

こちらのページをご覧いただいているということは、「エジプトに興味がある」「エジプト旅行を検討している」などアフリカ大陸に位置する国“エジプト”に興味があるからだと思います。

 

日本から9.844メートル離れている異国の地。日本にいてもなかなかその情報が入ってきませんよね・・・

そんなエジプト旅行を安全に楽しんでいただく為に筆者の体験を踏まえながら記述していきます。

スポンサーリンク

エジプト最新治安情報2017

2017T015_1_Detail

2011年のエジプト革命以降、経済状態の悪化が懸念されてきましたが、現在は落ち着きを取り戻しつつあるそうです。

 

ただ、観光客は減少しており、観光スポットを回っても貸切状態など、存分に旅行を楽しめるチャンスと捉える人も多いのでは。

 

エジプトに限らず海外旅行は全て自己責任となっているので、私の場合は現地で日本語を話すことができるガイドを雇ったので、危険な地域への足を踏み入れることもなかったですし、大きなトラブルに巻き込まれることはありませんでした。

 

ただ日本と懸け離れたアフリカ大陸では日本人はかなり、目立ってしまうので(いい意味でも、悪い意味でも)常に警戒心をもって行動することが必要ですね。

 

2011年にはエジプト革命と呼ばれる大規模デモが起き経済状況の悪化とともに治安も悪化しましたがその後落ち着きを取り戻し治安も徐々に改善しつつあります。

 

人口・国民性は?

bf39920c6e02bdd5e952060c505ca77b-e1473837297545

エジプトの人口は約9300万人となります。( 2017.5現在)

30歳以下の働き盛りが非常に多く、若者の失業問題が深刻化されており、職を持たない若者による犯罪も後を絶たない。

 

そして国民性ですが、アフリカの人は怖そう・・・なんてイメージの方が多いと思いますが、エジプトの人は大変人懐っこく、観光客を見かけると、お客さんだと思い誠意をを持ってもてなそうとしてくれます。

 

日本でいう大阪のような国民性といえば分かりやすいかと。

日本人のように自己中心的な人が多いというよりは、困っている人がいたらみんなで協力して助け合おう!とこの優しさが嬉しいですね〜

 

注意すべき7つのポイント!

さてここからは、実際にエジプト旅行をした際に注意した方が良いことを実体験を踏まえながら記述していきます。

 

まったく足を踏み入れたことがない異国の地。出発前は不安になるのは当然の気持ちです。

初めて行く方や何度も行かれている方も復習ながらご覧ください。

 

①ツーリストポリス(護衛)は必要か?

src_13569812

そもそもツーリストポリスとは何か?それは必要なのか?

と思う方も多いと思いますが、ツーリストポリスとはエジプト政府が観光客に安全に旅行を楽しんでもらう為に派遣した現地の警察官になります。

 

えっ!警察官が同行してくれるの?なんか物騒だな・と思う方も多いですが、実際は私服警官なので、観光案内や自身の身を守ってくれるので利用することをオススメします。

 

旅行のパックなどを見ても、現地の日本語ガイド・ツーリストポリス・観光客のチームで回ることが一般的とされているので、他の国の旅行と異なるので戸惑うかと思いますがより安全に旅行を楽しむ為にはツーリストポリスは必須条件ですね!

 

②食べ物の味には注意!

P1200618

エジプト料理といえば、豆類や野菜類を中心としたヘルシーな料理が多いですが、ブラックペッパーなどの香辛料をふんだんに使っているのが特長です。

 

またエジプト人の9割がイスラム教徒のため、豚肉やアルコールはNGなので魚料理や野菜類を中心とした料理を楽しむのが無難でしょう。

 

日本人の口に合うかは人それぞれになりますが、筆者の印象からすると、日本でいうプレート料理のような感覚で、どれも食べれなくはないのですが、日本食に慣れているか、どの料理も物足りない感じがしましたね。

 

特に魚料理や、野菜類を中心とした料理を食べていましたが、どれも薄味・・というか素材のまま・・・というか物足りなかった印象はいまでも払拭することはできませんね!

 

③水道水は大丈夫?

you-can-not-use-tap-water-only-fraction-of-time-1024x768

先に断言しておくとエジプトの水道水を飲み水としてはオススメ出来ません。エジプトのお水は硬水であり、日本のような軟水に慣れている人はお腹を下してしまいます。

 

また日本が恵まれている国で、下水など整備されており、安全に水道水を飲むことができますが、世界で水道水を飲める国は日本を含めて15カ国ほどと言われています。

 

エジプトは炎天下なので熱中症対策を踏まえ、スーパーや商店で比較的安値で購入することができる、ミネラルウォーターを常備しておきましょう。

スポンサーリンク

④チップは必要か?

egipt1595-2

エジプトでもチップを渡すことがその国のマナーとされております。

ホテル・タクシー・レストラン・トイレなど場面ごとの相場をレクチャーしていきます。

 

【ホテル】

宿泊するホテルのグレードにもよるが、一般的には荷物を運んでくれて代金として1~2£Eが相場。高級なホテルに宿泊した場合は、少し多めに渡します。

 

【タクシー】

基本的に街中で流れているタクシーを捕まえた場合は不要とされているが、ホテルの前やタクシーをチャーターした場合、チップを要求されることがあります。

 

【レストラン】屋台などではチップは不要とされているが、観光客を目的に作られたレストランでは食事代金の5〜10%のチップが相場となります。

それも自信が食事したレストランのグレードによって異なり、高級なお店場合はもう少し上乗せした金額を請求されることもあります。

 

【トイレ】

観光地などではトイレを管理している人が、トイレの前に入ることが多い。

その際はなんらかのサービス(トイレットペーパー)を受けた場合のみチップを支払えば良いが、50ptと少なめで大丈夫です。

 

⑤写真撮影はNG?

562568-1

旅行の醍醐味でもある写真撮影。

エジプトでも自由に撮影できるのか?その答えは、場所によってダメな場所も多いですし、ケースバイケースの時もあります。

 

基本的に軍が所有している施設 (空港・橋)はNGで警察署などもダメです。

 

エジプトといったら歴史的建造物だと思いますが、こちらも遺跡などによって異なるので現地のガイドや、注意書きをよく読み写真撮影をしましょう。

 

またイスラム圏で女性の写真撮影自体が御法度とイメージされる方も多いと思いますが、イランなどの女性はカメラを向けると微笑んでくれます。

 

エジプトの女性はどうかというと、問題はないらしいですが、カメラを嫌う女性が多い印象です。

 

相手に不快な思いをさせないためにも、不本意に女性にカメラを向けての撮影は慎みましょう。

 

⑥貧富の差は?物乞いの子供にも注意

20091004_2821477

エジプトは経済の発展をしていると言われてもまだまだ貧しい国です。

 

家を持たない人はお墓で暮らしていたり(これは先祖を大事にする意味らしく)首都でもスラムのようなゴミがが密集する場所があるなど、貧富の差は目に見えるものがありました。

 

お金持ちもいますが、ごく一部とされており、街中ではストリートチルドレンの姿も多くみられます。

特に日本人は金持ちのイメージが強く、手をすり合わせてお金を要求するような仕草をされましたが、一人に与えると収拾がつかなくなり、服などを掴まれてしつこく要求されたケースもあるので注意を。

 

⑦停電には注意!

003

エジプトに訪れる時期にもよりますが、エジプトは1年の半分は停電していると言われていると言われているくらい、停電の多い国。

 

それはエジプトがまだ貧しい国であるので、電力を買うことができず、深刻な電力不足に陥ってしまうのです。

 

特に夏の電力不足は深刻なもので、ただでさえ猛暑に加え停電になってしまったらそれは想像も絶するほど過酷のもの・・

 

特にカメラや携帯電話など、旅行先で必要なものが使えなくなってしまったら、元も子もないので予備のバッテリーなどは常備しておくこと、自身でできる熱中症対策グッズは日本から持って行きましょう。

 

補足

57e4a8ed44717-500x485

日本とエジプトの電圧について

エジプトの電圧は220Vで周波数は50Hzです。

プラグの形はヨーロッパで多く見られるC型になります。

そのために変圧器と変換プラグは用意して出かけましょう!

 

まとめ

みなさまエジプトの治安・危険・注意すべき点を記述させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

 

今回はエジプト旅行をより最適且つ安全に楽しんでもらうために、エジプト旅行で起こうる“トラブル”に合わない為の予備知識としてみなさまのお役に立てればと思います。

 

筆者もエジプトを訪れた際はまた行きたい!と思えるような遺跡や歴史的建造物。そして日本と懸け離れた文化や風景が、自身の世界観を変える大きな経験となりました。

 

今回の記事を読んで、エジプト旅行の注意点を認識し安全に旅を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク


出発前の準備はOK!?

→無料で海外旅行保険付クレジットカードを作る

→海外用Wi-Fiルーターを格安でレンタルする

→ホテルを最安値で予約する

→航空券を最安値で予約する

→海外旅行を格安で申し込む

→国内旅行を格安で申し込む


 - アフリカ