旅行達人!旅の必ず役立つ情報館

旅を最高に楽しむために各地の旅行先や旅行での役立つ情報をお伝えしていきます。

thead

バルセロナ観光に行く時のベストな滞在日数や注意すべきことを移住者が解説

      2016/08/04

テレビでよく見かけるサグラダファミリア。一生に一度は見に行ってみたいですよね。
そんな思い付きから、バルセロナへ旅行!なんて方も多いと思います。

 

今回は、バルセロナの観光日数が何日ぐらい必要なのか、またスリなど危なくないのかなど、初めてバルセロナへ行く方が十分に楽しめるためにまとめてみました。
是非、ご参考ください!

 

スペイン旅行の準備に!
ヨーロッパ スペイン旅行の必需品から便利な持ち物リストをご紹介

スポンサーリンク

どれくらい滞在日数が必要?

旅行会社のツアーでは、バルセロナに2泊し、マドリッドへ移動なんてよく目にしますが、バルセロナには盛りだくさんの見所があるんですよ。
正直2泊のツアーだと、バスで観光名所の目の前を通るか、一時停車し写真タイム、「はいっ次!」なんてことばかり。

 

せっかくの旅行なのに後悔ばかりが残ってしまいます。

バルセロナ市内だけならば、4日間ほどあればゆっくりと名所や穴場などを見て回れます。

 

でも、なんで4日も必用なの?と思いますよね。バルセロナは本当に見所がたくさんあるんです。
では下記を参考に、予定を組んでみてください!

バルセロナには何があるの?

バルセロナ市内だけで世界遺産が9つもあるんです!

サグラダファミリアで有名なアントニオガウディの建築物が7つ。
そして、ガウデイと同時期に活躍した、もう一人の天才ムンタネーの建築物が2つあります。
casa batllo

 

美術館や博物館もたくさん!
ピカソやミロの美術館の他にも、カタルーニャ美術館、バルセロナ現代美術館、チョコレート博物館、音楽博物館、サッカーチーム バルサのミュージアムなどなど・・・挙げていったら本当に本当にきりがないんです。

 

そして凄いのは数だけではなく・・・なんと!!
美術館・博物館によっては土曜日や日曜日などに無料開放しているところもあるんですよ。

 

例えば、ピカソ美術館。
日曜日15時〜(月初めの日曜日は終日)無料で入場できちゃうんです。

 

美術館観光って意外と高くついてしまいがちですが、バルセロナでは無料開放を行っているところもありますので行きたいところは事前にチェックしてみてください。

picasso

 

旧市街・新市外
バルセロナの旧市街(ゴシック地区)。
こちらは古い歴史のあるエリアで、未だに街の中にローマ時代の遺跡が残っている場所があります。
迷路のように入り組んでいる小道があるのも特徴の一つです。

 

是非、時間を気にせずに様々な景色を見ながら散歩してみてください。
ガイドブックには載っていないようなカワイイ雑貨のお店や、色とりどりの美味しいジェラート屋などに巡り会える面白さが体験できるでしょう。
gotic

 

新市街は、グラシア通り周辺からカタルーニャ広場までのエリアです。
グラシア通りを歩いていると、ガウディなどの建築物が目に入ったり、シャネルやロエベ、エルメスなどのブランドショップが並んでいたりし、現代にいるのに、大きな博物館の中を歩いているような気さえします。

 

また、グラシア通りを歩く時は足元をよく見て歩いてくださいね。
この歩道の敷石は、ガウディがデザインしたものなんです。
そしてそして!街灯もガウディがデザインしたものなんです。
もう、街の中がガウディ尽くし!!

 

美術館だけでなく、街中でアートが楽しめるのもバルセロナの魅力の一つです。
psg gracia

 

海岸沿い
バルセロナといえば、地中海。
長く続く海岸沿いを散歩してみてはいかがでしょうか。
ホテルなどでレンタサイクルを借りれば、中心地からなら15分ほどで着きます。
メトロでなく自転車で、地元民に混ざって海岸沿いを走ってみてはいかがでしょうか?

 

春や秋でも暖かければ、地元民や観光客は日光浴をしにビーチへ出かけます。
また、周辺には地中海でとれた魚介系レストランが沢山あるので、海を眺めながらサングリアとパエリアを楽しむなんて素敵な一日じゃないですか?
barceloneta

モンジュイックの丘
バルセロナ市の西側に位置する丘を、モンジュイック地区と言います。
この丘の頂上にはモンジュイック城があり、そこからはバルセロナの街が360度楽しめますよ。

 

他にミロ美術館、カタルーニャ美術館、オリンピックスタジアムや、夜には、光と音で楽しむ無料の噴水ショーもあり、幻想的な雰囲気になります。

 

また、モンジュイック城まで行くゴンドラが出ています。このゴンドラの中から眺める、バルセロナの街は格別ですよ。
montjuic

上記内容で、大体4日間は必要となります。

もう少し多く日程を組めるのであれば、バルセロナ市外にも見所があるので日帰り旅行はいかがでしょうか。

モンセラット

Montserrat
バルセロナから電車と登山鉄道またはケーブルカーを乗り継ぎ、約1時間半で着きます。
ケーブルカーからのぞく景色が迫力満点でオススメです。

 

通称のこぎり山と言われるように、奇岩が連なりユニークな形になっています。
ガウディは幼いころからこちらへ幾度と足を運び、様々な発想を得ていたとも言われているんですよ。

 

またヨーロッパ有数のパワースポットとも呼ばれている、このモンセラット。
「黒いマリア像」が手に持つ球に触ることができるのですが、この球に触りながら願い事をすると叶うんだとか。
このマリア像には不思議な伝説を持っており、世界中の人々が毎日訪れています。

 

午後は混雑することが多いので、朝一で行くのをオススメします。

スポンサーリンク

ダリ美術館

dali
バルセロナから特急電車で約1時間。

フィゲラスという地にあるこの美術館。ゆったりとした田舎の町の雰囲気が味わえます。

 

そんな町の中に、かなりのインパクトを持った美術館がドーンと現れます。
ダリの異世界作品は全てを圧倒するものです。
普段、美術館にあまり行かれない方、アートあまり興味ないなーという方でも、十分に楽しめるオススメスポットです。

 

様々な作品、そして空間すべてが撮影OKなんです!
日本の美術館ではなかなか厳しいところが多いと思いますが、ヨーロッパは撮影OKなところが多々。
そして、このダリ美術館もそのうちの一つです。
是非この異世界を写真に収め、そして、帰国後もダリの世界を楽しんでください。

 

バルセロナから少し離れていますが、行く価値がありますよ!

ジローナ

girona
バルセロナから電車で約1時間半。

中世の町並みが素敵なこの情緒溢れる町。バルセロナとは違い、ゆったりと落ち着いた町です。

 

オニャール川にかかる橋から見る町並みは素敵ですし、一歩旧市街へ入ると、石畳の細い路地にも趣があり、カフェで休んだり、お店を見て回ったり、ゆっくり町を散策するのが好きな方にはとてもオススメの町です。

 

★朝一でダリ美術館へ行き、午後、ジローナ散策をするのも1つのプランです★

シッチェス

sitges
バルセロナから電車で約30分とこちらは近場なので、半日観光でも十分楽しめます。

 

ここは、地中海の美しいビーチリゾート地であり、ゲイの町であり、そして、芸術家が集まる町でもあります。
町を散策したり、海沿いでカクテルを飲んだり、リゾート気分を味わってみるのもいいですね。

タラゴナ

tarragona
バルセロナから電車で約1時間20分。

 

地中海沿いの町で、今でも町の中にローマ時代の遺跡が残っています。
旧市街をぶらぶら歩いていると、急にローマ時代の遺跡が現れたりし、まるで町全体が博物館のような雰囲気です。

 

また、地中海をバックにローマ円形競技場(劇場)を眺めてみてください。
青い海とローマ時代の遺跡。この組み合わせがまた素敵ですよ。

 

≪注意するべきこと!≫

スペインって治安いいの?悪いの?危なくない?とよく聞かれます。
東京と同じだよ!とまでは言えませんが、気をつけることを徹底すれば、何も問題なく楽しく観光できる素敵な街です。

 

ここでは、注意するべきことをまとめましたので、ご参考ください。

1

≪スリ≫
残念ながら、観光客の多いバルセロナはスリの被害が多いです。
対策には、肩に掛けられるショルダーバッグを前に持つことがオススメです。
人ごみの中を歩くときは、チャック部分などを手で押さえながら歩きましょう。

 

もしメトロなどで、自分のバッグの上に誰かがジャケットなどをかけてきたら、相手の顔なんて気にせず絶対に払いましょう。

何かおかしいなと思ったら、日本語でもいいので、とにかく大きな声で何か言うことが大事です。

 

≪iPhone≫
ここ数年でよく聞くようになりましたiPhoneが盗まれた!しかも、電話をしている最中に盗られた!!ということをよく聞きます。

 

実は、私も盗まれた中の一人です。人ごみの中で、バッグにiPhoneを入れていたら知らないうちに無かったんです。
お財布は無事だったのに、iPhoneだけが無くなっていました。

 

バッグの中のチャックがある小物入れに入れるなど、盗りにくい場所に入れて持ち歩きましょう。

 

≪オープンカフェ≫
cafeteria
バルセロナは歩道にたくさんのカフェ・バルが並びます。

 

天気がいい時や、たばこを吸いたい方は外でゆったりとお茶が出来ますが、ここでも注意が必要です。
※スペインでは、レストラン・カフェ内は禁煙ですのでご注意を※
まず、バッグは膝の上に。絶対に地面に置いたり、背もたれにかけたりしないでください。
そして、カメラ・携帯・財布など貴重品は絶対に机の上に置かないでください。

 

席に荷物を置いてトイレに行く・注文する。日本では当たり前のことですが、これもダメですよ!

 

≪パスポート、現金≫
パスポートはコピーを持っていれば基本的に大丈夫なので、ホテルのセーフティボックスに預けましょう。
持ち出す場合には、絶対に道端で出さないようにしてください。

 

またお財布は複数に分けて持ち歩くのもいいですが、基本的にどこでもクレジットカードが使えるので、大金を持ち歩く必用はありません。

 

≪声をかけられた・・・≫
基本的に知らない人に声を掛けられたら、構わずに進みましょう

 

話しかけられ、足を止めている間に、後ろから他の人に財布を盗まれるなどの被害があります。

 

物乞いも同じです。バルセロナではいたるところにいます。
かわいそうですが、中にはこれでお金儲け、またはスリしようとする人もいます。

 

とにかく、知らない人に声を掛けられたら、構わない。これが鉄則です!

 

コチラの記事もスペイン旅行の参考に!!
ヨーロッパ スペイン旅行で役立つチップについて!相場や場所、場面について

 

いかがでしたでしょうか。観光先では、誰もが心浮かれガードがゆるくなりがちです。

バルセロナを楽しむためにも、気を引き締めるところは気を引き締め、たくさんのバルセロナの魅力を味わってくださいね。

スポンサーリンク


出発前の準備はOK!?

→無料で旅行保険付きのクレジットカードを作る

→海外旅行を格安で申し込む

→国内旅行を格安で申し込む

→ホテルを格安で予約する

→航空券を格安で予約する

→高速バスを格安で予約する

→レンタカーを格安で予約する

→Wi-Fiルーターを格安でレンタルする

→最もお得に外貨両替する


 - ヨーロッパ