旅行達人!旅の必ず役立つ情報館

旅を最高に楽しむために各地の旅行先や旅行での役立つ情報をお伝えしていきます。

thead

国内旅行おすすめ観光ガイドブック厳選5 日本中を旅しよう!

      2016/09/10

みなさん、旅行にいく時に準備するものはなんですか。
お金ですか?休暇ですか?それともガイドブックでしょうか?

 

日本人にアンケートをとったところ、旅行に行くと決めた人は、まずガイドブックを買いに走る人が多いという結果が出ました。
また、様々なガイドブックを見に行ってから、旅行先を決めるという方も大勢いらっしゃいました。

日本人は、用意周到な方が多いですね!

 

近年では、ガイドブックにお金をかける人も増えており一人頭平均1、2冊ガイドブックを買ってから旅行に出掛けると言われております。

 

ただ、旅行に行き慣れていない方からどんなガイドブックを買ったらいいの?いくらくらいの買ったらいいの?とのお声を沢山頂いたので、ランキング形式で紹介させていただきます。
これさえ読めばあなたも旅行の達人だ!

スポンサーリンク

5位 「楽楽」

5
マニアックな雑誌として知る人は知る雑誌、それが楽楽。この雑誌はなんと地元の人しか知らないような神社やお寺などの情報が満載なんです!

 

有名な神社やお寺などは、「るるぶ」や「マップル」などの大手雑誌に掲載されていますが、この「楽楽」には、なんでこんなに有名でもない神社が載っているのかと思わせるくらい、様々な情報が満載で、神社・お寺ファンにはたまらない、購入必須の一冊となっています。

 

この土地に行ったことのある人でも全く新しい風景に出会いたい。ツアーでざっくり周る旅行よりももっと深くまで楽しみたい。ちょっとマニアックな旅をしてみたい。そう思った方は是非この楽楽を手にして旅をすれば、今までの旅行とは全く違う、新しい体験ができることをお約束しますよ。

4位 ことりっぷ

4
女性にとても人気のあるこちらのガイドブック。ことりっぷという名前がとても可愛いですね。
とくに20代から30代の働く女性に人気で、普段頑張っている自分へのご褒美旅行をコンセプトにしています。

 

表紙の絵や写真も可愛く、そして楽しく内容も写真を多く使っているので旅行に行く前からワクワクさせてくれるガイドブック。
本屋さんに並んでいるとついつい手を出してしまう一冊ですね。

 

写真だけではなく、本格的なイラストレーターによるイラストも可愛いと評判を集め、実際に行く行かないに関係なく、愛読している人も多いとか。
サイズも女性には嬉しいコンパクトタイプ。小さなバックにも収まり持ち運びにとても便利ですね!
そこまで女性のことを考えてくれている、優れものガイドブックなんです。

 

他の情報誌にはない、地図の持ち運びなどの使い勝手さも魅力のひとつ。
他にも女性に人気な理由は、他のガイドブックよりも事細かいグルメや雑貨屋さんなどの情報が細かく載っているので、現地のイメージが描きやすくなっております。

 

やはり女性は、旅行先でオシャレで美味しい地元カフェやレストランに絶対行きたくなりますよね。
そんな女性のハートをくすぐる一冊です。

 

難点としては、コンパクトな分、情報量が少なめで、特に交通情報は少ないことです
この一冊で済ませたいのであれば、交通情報やその他足りない情報などは事前にネット検索をしておくとスムーズに観光できますね。

3位 たびまる

3
出発から帰宅まで旅のイメージを描きやすいガイドブック!旅行の初心者であったり、日帰り旅行などの短い期間での旅行をする方にオススメです。女性向けの雑誌が多いなか、こちらの雑誌は特に性別に関係なく、様々な方に好まれる情報をカバーして作られております。

 

目的地別にエリア地図が掲載されているなど、目的地がわかりやすいのが利点です。
大きい地図だと今どこにいるのか、どこのお店を目印にして見ればいいのか分からなくなりがちですが、このエリア地図ですと、店舗名などが載っているので、すぐに現在地や目的地がわかりますね。
これは行ったことのない旅先では、大変役に立ちますよ!

 

コンパクトにも関わらず、検索しやすくマップや路線図などの旅行者が知りたい情報がしっかりとまとめられているのがポイントです。

 

構成もカラフルで見やすく読んでいるだけで旅をするというより、その都市に冒険してみようとするワクワクする気持ちが伝わってきます。
ツアー旅行などのパック旅行が組まれている方はこのぐらいの情報量の雑誌が丁度良いと思います。

スポンサーリンク

2位 まっぷる

2
日本でも特に人気のある観光地やレストラン・カフェ情報を厳選して作っている人気のビジュアルガイドブック。ガイドブックの定番ともいえるムック本の大きさなのでビジュアルから楽しむこともできます。
値段も1000円くらいと良心的な価格なので、旅行に行かなくてもビジュアルだけで旅行気分を楽しむことができます。

 

他の雑誌よりも交通情報を力入れている点と、詳細地図も載っております!
旅行初心者の方には、メイン所が満載ですし、ルート例やそれにかかる時間なども掲載されているのでとても良心的で使いやすいですね。

 

また地図は、別紙として取り外しができるので、「ガイドブックはバッグの中。地図は手に。」と、とても見やすいうえに持ち運びにも便利です。
ただリュックなどをあまり持たず、小さいカバンを持ち歩く方には大きく、持ち歩きに不便かもしれません。
しかし情報量は満載なので、旅行前によく読み、宿泊先に置いておく。というのが旅行中に邪魔にならないコツでしょうか。

1位 るるぶ

1
日本でも最も有名と言われているのがこのるるぶといっても過言ではないでしょう。
皆さんも一度は購入、または本屋で立ち読みをしたことがあるのではないでしょうか?

 

毎回表紙がとてもインパクトで、視覚でイメージを掴まれました。ついつい手が出てしまう一冊です。
行く旅行先について何もわからない人は最初に買うガイドブックとしてオススメしたいです。

 

食や観光というよりかは行く先々のホテルや旅館の特集が組まれており、旅行先での旅するイメージをつかむことができます。

 

もちろんそれだけではなく、ご当地の料理も豊富に掲載されていますし、最も有名な観光スポットもしっかりおさえてありますよ。

 

普段の生活から抜け出し、いつもと違う風景や食を味わうには、やはり宿泊先は外せないポイント。
失敗しないためにも、この「るるぶ」を参考に宿泊先選びをするのはいいかもしれませんね。

 

ただ難点としては、大きさが大きいだけに旅先まで持っていくという点では難点で、旅行に行く準備の段階で読む方は多いのですが、実際に旅先まで持っていって後悔した人も多いようです。
実際、私の友人は、重要ポイントを切り取ったり、携帯カメラに収めて、旅行先には持って行かなかったと聞きました。
情報量は満載なので、そんな旅行ガイドブックの使い方も一つの手ですね。

 

他の雑誌にはないその季節にあった服装や持ち物などが詳しく書いてあるので、旅行初心者の方にもとても分かりやすく参考になります。
すでにこんな旅をしたいのだと決まっている方なら、るるぶを買ってあなたの旅行スタイルにプラスしてみてはいかがでしょうか。

 

 

みなさま、いかがでしたでしょうか?旅行雑誌のコーナーは本屋さんに行っても沢山しめておりビジュアルだけで買ったものの内容が薄く、後悔しちゃうなんてことはよく聞く話です。

 

最近の雑誌は文字だけではなく、イラストや写真を多用しているのでその土地に行かなくても行ったかのような気分にさせてくれるような素晴らしいものばかりです!

 

旅行の目的は個々によって違います!だから、選ぶガイドブックも人それぞれ異なってきますね。旅行を素敵なものにするためにもガイドブック選びに時間とお金をかけて旅行をより良いものにしましょうね。

毎週末でも旅行に行きたくなっちゃう素敵なガイドブックばかりだったので、2冊3冊買っちゃう上級テクニックもありですね。
ありがとうございました。

スポンサーリンク


出発前の準備はOK!?

→無料で旅行保険付きのクレジットカードを作る

→海外旅行を格安で申し込む

→国内旅行を格安で申し込む

→ホテルを格安で予約する

→航空券を格安で予約する

→高速バスを格安で予約する

→レンタカーを格安で予約する

→Wi-Fiルーターを格安でレンタルする

→最もお得に外貨両替する


 - 旅行アイテム