塩原温泉の温泉宿 人気の旅館ランキング厳選10

日光・塩原・那須と栃木県は、自然に恵まれ秋には色鮮やかに彩られる山々と温泉が豊富な事で年間を通して多くの観光客が訪れます。

 

その中の一つ那須塩原市にあり、渓谷の間を縫うようにして流れる箒川沿いの塩原温郷は塩原十一湯と呼ばれ、それぞれ泉質と効能が異なる温泉が豊かに湧き出ています。

 

また、開湯から1000年と歴史の古い塩原温泉には、その時代の文化人・文豪が多く訪れていることでも知られています。

 

そこで、塩原十一湯の温泉の特徴をご紹介しながら、おすすめの温泉宿を10軒ご案内していきましょう。

スポンサーリンク

#10 山の宿 下藤屋

地図> ホテルの詳細・予約>

塩原十一湯の中で唯一の硫黄泉、奥塩原温山の宿 下藤屋は、塩原温泉郷の中で最も高台にあるお宿です。

 

下藤屋の裏山には79℃の豊富な温泉が湧き出ていて、そのままのお湯が館内の浴槽に注がれています。

お風呂好きにはたまらない温泉宿です。

 

塩原温泉についてさらに車で10分、どっしりとした玄関前に到着。

中に入ると優しい照明の民芸調なインテリアのロビーが広がり、旅の中継点の安ど感をそっと出迎えてくれるようです。

 

客室は22の和室・和洋室と特別室の3タイプとなっていて、余計な装飾のない落ち着いた8畳から12畳の和室ツインのベッドの和室のの和洋室は素朴な奥塩原の夜を静かに迎えさせてくれるお部屋です。

 

檜のお風呂の付いた特別室は広縁に応接セットを置き、広いスペースと明るい居室の気の香りが気持ちいいゆったりと落ち着ける新モダンの和洋室となっています。

 

栃木県の平成温泉旅館番付1位に輝いた自慢のお風呂は、源泉かけ流しの大檜風呂で注ぎ込まれた時は澄んだお湯ですが、だんだんと硫黄の香りが増して濁り湯となる硫黄泉です。

 

80℃近いお湯には一切手をかけず、お湯の温度は湯量で調整しているだけの天然温泉です。

 

大檜風呂の他にもう一つ、庭園風露天風呂があります。

どの季節もとてもいいのですが、特に雪の降る季節の風情は最高です。

 

うっすらとあたりは白く雪で覆われ、温かい温泉の湯気とちらちらと舞い落ちる雪がなかなかの風情を醸し出します。

 

奥塩原の湯は、硫黄成分が体の芯まで温めいつまでもぽかぽかとしていられますので、ちらほらと降る雪がとても心地よく感じるものです。

 

下藤屋でのお食事は、こだわりを持った素材選びから始まり、貴重な三元豚、霜降りの黒毛和牛、とれたての川魚と土地の野菜、親鳥の飼育からこだわって生まれた那須御養卵、素材を並べただけでも出来上がったお料理の味が想像できそうです。

そして女性客にはとても人気の有機栽培のお豆腐。

お湯とご馳走の宿です。

 

やまのお宿下藤屋には、2名様利用お一人16,200円よりお泊りになれます。

 

 

#9 ガストホフ 夢木香

地図> ホテルの詳細・予約>

心からおもてなしの宿(ガストホフ=ドイツ語)という名の小さなお宿、ガストホフ夢木香

洒落た西欧風の建物を入ると、ひっそりとシンプルなカウンターのフロントが佇みスタッフが笑顔で迎えてくれます。

 

部屋は、シックな色調でまとめられ落ち着いたツインベッドの洋室、畳の間に座って窓の外を望むと一面塩原の美しい木々が広がる大きな窓が印象的な和室、ツインベッドと小さな和室の2部屋の和洋室の3つのタイプの客室をご用意しています。

 

ご夫婦、カップル、ご家族とご旅行形態に合わせてお選びください。

 

ガストホフ夢木香の温泉は塩原温泉の中の金緑泉という名の源泉で、殺菌効果と角質をとってお肌をつるつるにしてくれる効果のあるお湯です。

 

そんな温泉が注がれた5種類の貸切風呂に入れるのです。

貸切内風呂は、4から5人がゆったりと入れる岩風呂となっていて、源泉かけ流しで入れるお天気を気にせず空いていれば24時間いつでも入れるお風呂です。

 

貸切の露天風呂は3つのそれぞれ趣の違う浴槽で、木曽の高野槇という木を丸い樽にした樽風呂は、木の感触が優しく、大きさも家族3,4人で入るにちょうどいい大きさです。

 

天然青石と呼ばれる十和田石を使った石風呂は、さらっとした感触が人気のお風呂、信楽焼の陶器風呂は、ビタミンカラーの一人がすっぽり入れるサイズでのんびりといつまでも入っていたくなるお風呂です。

 

お湯で疲れた体を癒した後は、那須で育つ新鮮な野菜や肉、川魚、牛乳など厳選したヘルシーな素材を使ったフルコースで元気を取り戻していただきます。

お食事に合ったワインなどはご一緒にいかがでしょうか。

 

ガストホフ夢木香には、2名様利用お一人9,800円よりお泊りになれます。

 

 

#8 湯宿 梅川荘

地図> ホテルの詳細・予約>

何とも気持ちのよさそうなお風呂のある湯宿 梅川荘は、2008年に新築した塩原温泉金緑泉のお宿です。

 

天井高の大きな窓から塩原の山々が見渡せる気持ちのいいロビーは、ただチェックインだけで通り過ぎるには惜しい眺めです。

 

和の風情たっぷりな客室は、小高い丘に建つ一軒宿とあって眺望のいい広々とした落ち着ける和室をご用意しています。

色とりどりのゆかたを選んで、ゆったりとおくつろぎください。

 

一部屋だけベッドのお部屋を2015年に作りました。

ベッドでおやすみになりたいというご希望なら、追加料金がかかりますが電話でお問い合わせしてみてください。

追加料金はお一人2,160円となります。

 

お風呂は梅川荘名ならではの眺めが自慢の、内風呂と開放的な露天風呂でじっくりと温まる温泉をかけ流しながら贅沢に愉しんでいただけます。

 

温まりながら山々の稜線を眺める絶景を心行くまで眺め、心と体をゆっくり癒してください。

 

お食事には、厳選した旬の食材を調理人が職人技を駆使した、目で楽しめる数々のお料理に舌鼓を打ってください

霜降り和牛、イワナのお造り・塩焼き、馬刺しに鹿肉の刺身、極めつけイワナの骨酒なんかどうでしょう。

塩原の眺めと湯を堪能した後は、塩原の味をご賞味ください。

 

湯宿 梅川荘には、2名様利用お一人14,580円よりお泊りになれます。

 

 

#7 ゑびすや

地図> ホテルの詳細・予約>

温泉を使って健康回復を目的とした湯治をする方には、間欠泉の弘法の湯・梶原の湯のあるゑびすやで自炊しながら元気になりにいってはどうでしょう。

 

体に何度も温泉の刺激を与えて、温泉が持つ人の自然治癒力を回復させて免疫力を促進させる力で元気いっぱいになれるゑびすやは、賄付き(食事つき)部屋と自炊部屋の2つのタイプがあります。

 

ゑびすやのお湯は、塩化物・炭酸水素塩温泉といって、疲労回復・皮膚病・婦人病・リウマチに効くことに加えて、胃腸病・心臓病などの病気にも効能があるとして、当時目的で何日か滞在される人たちが訪れています。

 

ゑびすやのお風呂には露天風呂はなく、内風呂のみとなります。

男女混浴となる弘法の湯と女性専用の梶原の湯とあり、弘法の湯は52℃ととても熱いお湯で梶原の湯は38℃の入りやすい湯温となっています。

 

梶原の湯は、ラムネの湯と呼ばれ特に胃腸病に効くお湯で、大正時代にはこの湯を煮詰めた胃腸薬を作っていたと言われています。

 

賄付きのお部屋で出される米は、栃木県認定証が出されたコシヒカリを出していて、毎食ふっくらとみずみずしい味わいのご飯を味わえます。

 

朝に出されるおかゆは、毎朝梶原の湯を利用して炊き上げる温泉おかゆと呼ばれる、ほのかに塩分を感じられるコクのあるふっくらもちもちのお粥です。

温泉お粥は、ゑびすやの自慢メニューです。

 

ゑびすやには、2食付きの賄付き部屋を2名様利用お一人7,000円、自炊部屋を2名様利用お一人4,000円よりお泊りになれます。

食事なしで予約されても、追加料金をお支払いいただければ現地申し込みは可能です。

 

スポンサーリンク

#6 割烹旅館 湯の花荘

地図> ホテルの詳細・予約>

塩原温泉で温泉に浸かり、うまい食事をゆっくりと味わうなら割烹旅館 湯の花荘はいかがでしょうか?

 

まるで山あいの風が駆け抜けているような明るく気持ちいい館内は、どこからでも箒川周辺の自然を堪能できるようになっています。

 

和室とツインベッドを置いた洋室の和洋室は、合わせて16畳で最大4名様まで利用できるお部屋となっています。

 

どのお部屋にいても箒川のせせらぎの音が優しく出迎え、窓の外には渓流が流れているのが美しく見渡せます。

 

露天風呂の付いたお部屋も最大で4名までとなっていて、和室か和洋室タイプでに塩原の自然に合わせてお部屋のテーマに合わせた露天風呂が付いています。

 

箒川の豊かな自然が垣間見える無双窓をかたわらに、温泉口から豊富な湯が注がれる石造りの露天風呂があり、ゆっくり体を温めながら塩原の四季を目にして心と体を癒していただけます。

 

箒川と一体になれるようにつくられた大浴場は、自然石をうまく並べた露天風呂があり湯に浸かって、非日常的な感覚の中に入り込み開放的な気分になれる事に喜びを感じていただけます。

 

お湯は疲労回復にとても効果があり、リウマチ・婦人病・皮膚病にも効果的な弱塩泉の100%源泉をかけ流しにしています。

 

湯の花荘は、割烹旅館です。

夕食の席には、四季の旬な味を一つ一つ鍛錬に作り上げた逸品の数々が色鮮やかに盛り付けられて、目の前に運び込まれてきます。

 

お味は素材の旨さを引き出す、絶妙な味付けで思いがけず食べ過ぎてしまうほど人々を夢中にしてしまいます。

 

割烹旅館 湯の花荘には、2名様利用お一人28,000円よりお泊りいただけます。

お風呂に入りながら旨いものを召し上がりに行ってみませんか?

 

 

#5 全室離れの宿 楓音(かのん)

地図> ホテルの詳細・予約>

2017年に塩原温泉郷を貫くように通るバレーライン沿いにオープンした新生旅館をご紹介します。

 

美肌効果、運動機能障害を改善する効果を持つ天然温泉のお宿、全室離れの宿 楓音(かのん)です。

 

箒川にも面していて、母屋から続く七つの客室はすべて離れの造りとなっています。

 

それぞれのお部屋に庭を持つ離れづくりの客室は、特別室と洋室タイプと和洋室タイプの3タイプとなっていて、お食事は母屋の個室お食事処で召し上がっていただきます。

 

洋室タイプは、広いリビングにソファーと置いてゆとりスペースをたっぷり残し、お部屋に屋根付きの露天風呂をつけた開放的な客室です。

 

和洋室タイプは、寛ぎスペースを和室にして寝室にはツインのベッドが置かれ、小窓から箒川を眺め見ることができます。

 

日当たりのいい庭からは塩原の山を庭椅子に腰かけながら眺められ、屋根を付けた露天風呂からも同じ景色を眺めることができます。

 

特別室は、豪華で贅沢な成調度品が置かれた、和の風情を強調しながらソファーを置いた洋風のリビングと寝室には贅沢なツインベッドに応接セットまで用意した、お部屋のどこでもくつろげる最高級なお部屋となっています。

 

お食事は母屋でご用意しています。

山里にありながら、海鮮にこだわったお料理と山の幸を加えた、山海の創作料理をご堪能いただけます。

素材、盛り付ける器、適度な量、全てにこだわって旬の素材とA5ランクのとちぎ和牛などを使った贅沢なご夕食に感動していただけます。

 

全室離れの宿 楓音には、2名様利用お一人30,000円よりお泊りいただけます。

特別な日を大切な人と過ごしてみませんか?

 

 

#4 四季味亭 ふじや

地図> ホテルの詳細・予約>

塩原温泉に「ありがとう」の笑顔に魅せられて女性が立ち上げた温泉旅館があります。

元気が取り戻せた・おいしかったの笑顔が思わず出る宿、四季味亭 ふじやは6部屋だけの小さなお宿ですが、小回りの利くおもてなしの宿として人気のお宿です。

 

玄関を入ると昔ながらの風景が館内にいっぱいに広がる、ぬくもりが感じられる塩原温泉の旅館です。

 

3つの露天風呂をつけた部屋は、一つ一つのお部屋に寛ぎを考えた造りで、デッキテラスに露天風呂をつけたタイプで自然と一体化した気分を味わえるのではないでしょうか。

 

湯船からデッキチェアから塩原の山並みをまるで自分の庭にしてしまえる気分で、ご家族や大切な人とのんびり楽しく想い出を作っていただけることと思います。

庭園露天風呂付きのお部屋は、5人まで泊まれるゆとりの空間を楽しめます。

 

四季の移り変わりを感じながら、空には輝く星空が美しく都会では味わえない心が開放された心地よさに浸ってください。

 

露天風呂の付かないお部屋でも、20畳のお部屋にローベッドを置いた静かに過ごせるお部屋、ふじ屋では小さい10畳のお部屋と広縁にマッサージチェアを置いたくつろぎの和室。

 

それぞれのお部屋は、訪れたお客様に日々の疲れを癒素だけでなく心の元気を取り戻していただけるよう非日常な空間を作り上げています。

 

山並みを吹き抜ける風が気持ちい秘湯露天風呂は、大浴場としてご利用いただける石造りの内風呂をつけたお風呂で、貸切を希望すればプライベートでも楽しめるふじや自慢のお風呂です。

 

四季味亭 ふじやには、2名様利用お一人15,500円よりお泊りになれます。

 

スポンサーリンク

#3 湯ったりの宿 松楓楼 松屋

地図> ホテルの詳細・予約>

創業140年、塩原の地で守りべきことは守り変えるべきことは変えて伝統を気づきあげた塩原温泉の老舗旅館、湯ったりの宿 松楓楼 松屋

 

箒川に沿うように佇む松屋は、客室からも大浴場からも塩原随一のの眺めを約束してくれます

 

到着後ロビーでチェックインしているときも、お部屋に案内されてからも箒川の流れの音がBGMのように聞こえています。

 

23室ある客室は全て箒川に面していて、和室と広縁付きのお部屋からはいつでも箒川と周辺の四季の移ろいを眺められる、静かで落ち着けるお部屋となっています。

 

スタンダードな客室のほかに本館には5つ、別邸に3つの露天風呂付き客室を用意していて、眼下に箒川をのんびり眺めながらの露天風呂で最高の非日常を味わう事ができます。

 

本館の露天風呂付き客室の部屋名をつなぎ合わせると、「風かおり・山そまり・水きよく・空あおし・星ひかる」となって、まるで松屋が代表して塩原温泉の眺めを案内する川柳のように聞こえてしまいます。

 

1階にある大浴場では、箒川を取り巻く豊かな自然を目の前にしながら湯船につかって、日ごろの疲れた体をゆったりと癒していただけます。

 

女湯はお多福の湯、男湯は福助の湯と名前を付けた大浴場は、お風呂に居ながらにして四季折々の風景を楽しみながら体を癒し、心安らぐひとときを過ごせます。

 

露天風呂は屋根付きなので、その季節季節をお天気を気にせず自然の中に入り込んだように、開放的な気分が味わえます。

ゆったりのんびりした一日を過ごすには、さいてきなおやどです。

 

湯ったりの宿 松楓楼 松屋露天風呂付き客室には、2名様利用お一人30,240円よりお泊りになれます。

箒川をぼんやり眺める休日を過ごしてみませんか?

 

 

#2 旅館 まじま荘

地図> ホテルの詳細・予約>

そろそろ温泉に行ってじっくり温まりたいと思う方必見のお宿をご紹介いたします。

 

塩原温泉の中心から少し行ったところの上塩原に一軒宿旅館まじま荘は、ナトリウム塩化物泉の赤ちゃんや肌の弱い方にも優しいお湯で、体の良く温まるマイルドな温泉です。

 

旅館まじま荘は訪れる方を選ばない温泉宿で、歩くのが少し辛いという方やお年寄りの方に優しい、お風呂や食事処までの動線が短く済むように考えられていて、エレベーターも完備しています。

 

まじま荘は、効能がある温泉に入って心と体を癒すことに加えて、訪れたお客様の健康増進にも役立ちたいという思いを持っています。

 

温泉宿には珍しい歩行湯泡の噴出で血行を促進するジャグジー付きの寝湯を使って体の機能に効果が出る温泉などで、十分温まっていただいた後に大きな大浴場に入っていただけるよう設備を整えています。

 

また、旅館のご主人と若旦那、若女将は、国家試験に合格したあん摩・マッサージ・指圧師で、筋肉のこわばりや不調を持っている方たちのリハビリにも貢献されているという事です。

リハビリにお泊りになりたい方には、宿泊とセットにしたパックもご用意しています。

 

介護が必要な方とご旅行の方や、小さなお子様がいられるご家族には無料でお世話しやすい貸切風呂を用意していますので、安心してお風呂を入れてあげられます。

 

客室は四方を山々に囲まれた、まじま荘ならではの自然豊かな和室を用意していて、川側のお部屋は箒川の流れがのぞまれ、山側のお部屋は渓谷の眺めが美しい、静かに非日常の時を過ごせます。

 

お部屋でおやすみの時の寝具には、無圧布団を敷いていますので体と布団の接触が最小限に抑えられ、眠っている間中疲れを取り除いてくれます。

 

お体の具合でお布団よりもベッドを好まれる方にも、この旅館は考えています。

簡易ベッドではありますが、相談されれば無料で用意してくれるという心づかい。

 

ご夕食は、山の幸川の幸を板前さんが腕を振るいます。

お米は女将さんの実家から取り寄せる、ふっくらとしたご飯が出され、女将さんの自慢のお漬物がお膳に温かみを添えてくれます。

 

メインとなる素材はまだあります、きめ細かい霜降りでとても柔らかいとちぎ和牛、肉汁の甘みとあっさりとした脂身の桜山豚(おーしゃんとん)、コリコリとした食感がたまらない川魚のお様イワナなど豊富な素材をご賞味いただけます。

 

旅館まじま荘には、2名様利用お一人10,800円よりお泊りになれます。

くる人のこころと健康を考え抜いた旅館まじま荘、いかがでしょう?

 

#1 おやど 小梅や

地図> ホテルの詳細・予約>

現在7軒の塩釜温泉にある旅館の一つである、しつらえを変えた6部屋の客室でもてなしてくれるおやど小梅やです。

 

もともと蔵があったところに建物をつけて旅館にしたというこのお宿は、全体が面白みのある建物で、玄関が蔵の入り口のようなのです。

 

小梅や館内は、木肌をうまく生かしたロビーやお部屋への廊下など、訪れた人た日の心和む装飾を施したお宿です。

 

お部屋は全室で6部屋、梅の別称の名をつけたお部屋となっていて、中1階には和洋室の好文木モダンな和室2間の春告草和室と広縁の風待草があり、それぞれ源泉かけ流しのお風呂が付いています。

 

中2階の3つは、お風呂の付いていない客室ですが、畳敷きにシングルとセミダブルの2つのベッドを置いて小あがりにはこたつを置いたのんびりできそうな木の花、室内に使った木材を工夫して優しい風合いにまとめた和室の初名草、和モダンなお部屋に仕上げた香栄草があります。

梅の別名がこんなに色々あることに、びっくりですね。

 

お風呂には華美なところはなく、温泉の名の由来からお湯の温度で塩を精製したという豊富な源泉かけ流しのお湯と、十和田石というお湯によって緑色に変わる石を使った浴槽の肌触りのよさがこの上なく心地よいのです。

 

小梅やを訪れたなら、お部屋でくつろいだ中で召し上がるのもいいのですが、お食事処 蔵ラウンジで夕食をいただいてほしいと思います。

 

蔵を改造して、昔ながらの趣を残し、間接照明が優しくあたりを照らしながらのお食事は昔ながらの情緒を感じながら思い出深いものになること請け合いです。

蔵ラウンジでのお食事は1日3組までとなっていますので、希望されるならご予約時に予約することをお忘れなく。

 

お料理は地元で獲れた四季の素材を、滋味あふれるやさしい味に仕上げた創作料理を、色鮮やかに盛り付けた、見てよし味よしの品々が並びます。

 

おやど 小梅やには、2名様利用お一人18,000円よりお泊りになれます。

スポンサーリンク

RECOMMEND-こちらの記事も人気です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です