長野県おすすめスノボー&スキー場!人気ランキングBEST10

真っ白な雪が輝くゲレンデでスノボーやスキーを楽しんでみたいと思ったことはありませんか?

 

ゲレンデって意外とたくさんあって、どこを選んだら良いのか分からないし、そもそも何を基準に選んだら良いのか悩んでしまいますよね。

 

そこで今回は絶対に失敗しないゲレンデ選びのために長野県のおすすめのスノボー&スキー場をご紹介したいと思います。

 

スノボー&スキー初心者の方でも分かりやすいように解説していきますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

スポンサーリンク

10 白馬八方尾根スキー場

地図> ゲレンデ情報>

白馬八方尾根スキー場は長野県北安曇郡白馬村八方にあるスキー場です。

 

単体のスキー場としては日本一のスケールを誇り、1998年の長野オリンピックの際にはアルペンスキーなどの競技会場となり、世界的にも有名になりました。

 

ちなみに白馬八方尾根スキー場は「八方尾根スキー場」と呼ばれることも多く初心者から上級者まで多くの人に愛されるスキー場となっています。

 

リフト料金は1日券大人5200円、子ども3000円となっています。白馬八方尾根スキー場の特徴は、なんと言っても長野オリンピックの際に選手が滑ったコースを実際に楽しめる「オリンピックコース」。

 

男子コースの滑降は、スキー場最上部の標高1765メートルの地点から、全長3270メートル、標高差は925メートルにもなります。

 

女子コースの滑降は黒菱ゲレンデ最上部の標高1,680メートルの地点から、全長2650メートル、標高差は781メートルです。

 

他にも八方の中でも特に景色が絶景だという「北尾根コース」も人気です。

 

北尾根コースは上級者向けの急斜面と大きなコブがある難易度の高いコースですが、初心者向けには林道の迂回コースもありますので、初心者も上級者もどちらも素晴らしい尾根の絶景を楽しむことができます。

 

スキーやスノボーを始めたばかりの人の迂回コースもありますし、中級者や上級者に向けては、腕を磨くことのできる評価の高いゲレンデです。

 

スノースポーツをやる人の間では「一度は絶対に訪れておきたい」と言われている、聖地のようなゲレンデです。

 

通常は12月上旬からよく年5月のゴーエウデンウィーク最終日まで営業。

 

ゲレンデに併設されている白馬八方温泉も大人気。こちらの温泉は2014年にオープンしたばかりの新しい温泉で、北アルプスの山々を眺めながら、源泉かけ流しの温泉を楽しむことができます。

 

あなたも今年はぜひ、白馬八方尾根スキー場で北アルプスのパウダースノーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

9 栂池高原スキー場

地図> ゲレンデ情報>

長野県北安曇郡小谷村栂池高原にある本格スキー場といえば栂池高原スキー場。

 

栂池高原スキー場の特徴は、白馬エリア最大級の横幅を誇るゲレンデと、地形を生かした緩斜面のコース。

 

栂池高原スキー場は「からまつゲレンデ」「栂の森ゲレンデ」「ハンの木ゲレンデ」など数々のゲレンデで構成されていますが、特にフラットな斜面が家族連れや初心者に人気の「鐘の鳴る丘ゲレンデ」は、ゲレンデの中腹にある「とんがり帽子の白い塔」は鐘を鳴らすと幸せな恋の続く観光スポットとなっています。

 

この「鐘の鳴る丘ゲレンデ」は幅が広く斜面も緩やかなため、人とぶつかることもなく、のびのびと滑ることができますので、ゆったりと気持ちよく滑りたい人におすすめです。

 

さらに栂池高原スキー場では、いたるところに飲食店が点在しています。

 

ゴンドラリフト「イブ」の中間駅付近には、ケンタッキー・フライド・チキンもあり、この店舗は栂池高原スキー場の中でも人気の食事スポットとなっています。

 

さらに栂池高原スキー場で楽しめるのは、スキーやスノーボードだけではありません。

 

近年登場した注目のウィンタースポーツ「スノーモト」が楽しめるのも魅力の一つ。

 

「スノーモト」とは自転車のタイヤの代わりにソリがついたような乗り物で雪山を滑るスポーツのこと。

 

特に栂池高原スキー場はサラサラのパウダースノーですので、滑り心地は抜群で、まるで鳥になったような気分で景色を楽しみながらスノーモトを楽しむことができますよ。

 

また雪の上を散歩できるスノーシューも栂池高原スキー場の人気スポーツです。

 

栂池高原スキー場は視界がひらけていて景色が綺麗ですので、スキーやスノボーなどで滑り落ちるのも気持ち良いですが、スノシューでゆっくりと景色を楽しむのもおすすめです。

 

近くには栂池温泉「栂の森荘」もあり、スポーツの疲れをゆっくり癒すことができます。

 

 

8 白馬岩岳スノーフィールド

地図> ゲレンデ情報>

白馬岩岳スノーフィールドは長野県北安曇郡白馬村にあるスキー場。

 

電車の場合はJR大糸線の信濃森上駅よりタクシーで約5分のところにあります。

 

昼間営業のみのゲレンデで、夏もサマーゲレンデでの滑走ができます。

 

また、初夏から秋にかけてゲレンデには百合の花が咲き乱れ、北アルプスの自然が織りなす最高の空間を楽しむことができます。

 

百合の花は見ているだけでも美しいですが、香りには副交感神経を刺激する作用があります。

 

百合の花が副交感神経に作用すると、糖尿病や肥満にも効果があるそうですよ。

 

白馬岩岳スノーフィールドは自然の地形をそのまま活かした多彩な25のゲレンデによって構成されています。

 

白馬岩岳スノーフィールドのある白馬岩岳は、白馬村で唯一の独立峰となっており、雄大な山頂が楽しめる白馬随一のロケーションを誇っています。

 

代表的なゲレンデは、北アルプスが楽しめる岩岳山頂エリア「マウンテンサイド」や山麓に広がる急斜面の「ビレッジサイド」エリア

 

ビレッジサイドエリアでは、アルペンスキーの大会なども数多く開催されており、傾斜のバリエーションが豊富な上級者向けエリアとなっています。

 

正面ゲレンデサイドに位置する無料休憩所「サニーハウス」は、100畳の広大な休憩場となっており、スキーブーツを脱いでゆっくりとくつろげますよ。

 

12月~3月までのシーズンにはスキースクールやスノーボードスクールも開催されています。

 

また、ゴンドラ山麓駅舎駅から徒歩2分のところには、白馬姫川温泉もあります。

 

大人600円、子ども300円で入ることができ、温泉だけでなくサウナもありますので、思い切り遊んだ後はゆっくり温泉で疲れを洗い流すことができますね。

 

初心者から上級者までゆっくり遊べるスキー場です。

 

 

7 野沢温泉スキー場

地図> ゲレンデ情報>

野沢温泉スキー場は長野県下高井郡野沢温泉町にあります。

 

1924年に開業した長野の老舗スキー場で、ゆるやかな傾斜の続くゲレンデは、初心者でも楽しめるとして大変な人気となっています。

 

アクセスは、JR東日本北陸新幹線または飯山線の飯山駅より野沢温泉ライナーで25分、外国人にも人気のスキー場となっています。

 

野沢温泉スキー場の特徴は、トップから最下部までの標高差と、日本最長の滑走距離。

 

野沢温泉スキー場のトップと最下部の標高差は1085メートルにも及び、日本屈指の標高差を持つスキー場として知られています。

 

さらにトップからスタートして、上の平、パラダイス、ビギナー、林間、日影を滑るとその距離はおよそ10キロ、日本のスキー場の中でも最長の滑走距離となっています。

 

さらに野沢温泉スキー場では、豊富な積雪量を誇るため他の長野県のスキー場と同じようにパウダースノーが楽しめます。

 

パウダースノーとは積もったばかりの新雪で、サラサラとしているのが特徴。

 

空気が含まれているので転んだ時にもクッションのようにあまり痛くありませんし、滑っている時の感触はジャンプしているような軽やかな感覚が味わえます。

 

野沢温泉スキー場では標高の高いところに行けば行くほど、パウダースノーの質が良くなると言われており、設備もしっかりしていますので常に最高のコンディションに保たれています。

 

野沢温泉スキー場は、山頂から麓の野沢温泉外に向けて、3本のゲレンデに分かれており、そのコース数は36にも及びます。

 

ゆるやかな斜面が多く見晴らしも良いため、初心者でも滑りやすいスキー場となっています。

 

上級者は日影ゲレンデの「日影のカベ」がおすすめ。

 

「日影のカベ」は緩やかな斜面の中、凹凸のある地形が混在するコブ斜面で、1995年の世界スキー指導者会議のメイン会場にも選ばれました。

 

上質なパウダースノーを楽しみたい人は、ぜひ野沢温泉スキー場をチェックしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

6 斑尾高原スキー場

地図> ゲレンデ情報>

斑尾高原スキー場は長野県飯山市と新潟県妙高市にまたがる斑尾根源にあるスキー場。

 

斑尾高原は標高1000メートルの地点に広がるリゾート地です。

 

飯山駅からバスで30分ぐらい、長野市内からも1時間半ほどで行くことができます。

 

斑尾山の特徴は頂上から麓まで続く急斜面ですが、斑尾高原スキー場ではその地形をそのまま活かし起伏の多いコースが楽しめるようになっています。

 

斑尾高原スキー場は特徴的な地形かつパウダースノーも豊富なため、フリースタイルスキー・ワールドカップの会場に選ばれたことも。

 

スノーボードでは全面滑走できますので、スノーボード利用者にも人気のスキー場となっています。

 

特に雪の降る冬の時期は滑りきれないほどのパウダースノーがあり、その雪質は日本一とも言われています。

 

用具の貸し出しを行なっている「powder station」では、スタンダードモデルから上級モデルまで豊富な用具の貸し出しを行なっています。

 

斑尾高原スキー場は初心者用の林間コースも解放されていますので、家族連れなどにも人気。

 

ちなみに未就学児の利用は無料となっていますよ。

 

また、斑尾高原スキー場では「スノーラフティング」「バックカントリーツアー」「スノーシューツアー」「インドアクアイミング」「そば打ち体験」「かまくらの里へのオプショナルツアー」などさまざまな種類のアクティブティガ楽しめます。

 

スキー教室も開催されていて、設定レベルも豊富にありますので、飽きることなく遊ぶことができるでしょう。

 

斑尾山は標高が高いため雪質も非常に良いですし、コブも多いですがそんなに深いものではないため、初級~中級レベルの人におすすめのスキー場です。

 

特にスノーボードデビューの人には最適のスキー場だと言えるでしょう。

 

山頂からのぞめる野尻湖の景色も絶景ですよ。

 

 

5 白馬コルチナスキー場

地図> ゲレンデ情報>

白馬コルチナスキー場は長野県北安曇郡小谷村、白馬エリアの最奥にあるスキー場です。

 

アクセスは南小谷駅から無料バスに乗るか、長野駅より出ているホテルグリーンプラザ白馬への直通バスにが出ています。

 

ホテルグリーンプラザ白馬は白馬コルチナスキー場のシンボルとも言えるべきスポットで、赤い屋根のおしゃれなホテルでは北アルプスの山麓の地下1221メートルから湧き出る自家源泉の温泉に入ることもできます。

 

ホテルグリーンプラザ白馬には11種類のお風呂がありますので、ウィンタースポーツで思い切り身体を動かした後は、温泉の湯めぐりでゆっくりと身体を休めることができますよ。

 

白馬コルチナスキー場には全16種類のコースがあります。

 

ウィンタースポーツ初体験の超初心者向けのコースから、完全不整地の「自己責任エリア」まで多様なコースが用意されています。

 

初心者コースは幅200メートルという広さでのびのびと練習をすることができますし、上級者コースでは標高1400メートルもの絶景をのぞみながら斜面を滑り落ちることができます。

 

また、家族や友人と別のコースを楽しみたい場合にも、白馬コルチナスキー場のコースはほとんど全て最終的にホテルグリーンプラザ白馬の前に合流していますので、はぐれる心配もなく安心です。

 

特に人気のゲレンデは、傾斜42度の上級者コースである稗田山コース

 

こちらのコースは標高1400メートルの眺めが堪能できる絶景コースで、特に白馬コルチナスキー場の中でもパウダースノーの質が上質であるとされています。

 

さらに、白馬コルチナスキー場は白馬乗鞍温泉スキー場とも隣接していますので、共通のリフト券で両スキー場の2つを楽しむことができるお得なスキー場なのです。

 

白馬エリアの奥地にある隠れ家的スキー場。奥地にありますが、絶対に行く価値ありですよ。

 

 

4 HAKUBAVALLEY 鹿島槍スキー場

地図> ゲレンデ情報>

HAKUBAVALLEY 鹿島槍スキー場は長野県大町市黒沢高原にあります。

 

アクセスは大糸線信濃大町から無料のシャトルバスで35分、中綱ゲレンデまででしたら築場駅から徒歩8分で行くこともできます。

 

HAKUBAVALLEY 鹿島槍スキー場は都市部からもそんなに離れていないのですが、穴場的なスキー場となっています。

 

白馬エリアにありながら、混雑することも少なく、コースによっては、あまり人がいない場所もあります。

 

コースは全部で16種類、子供向けのコースや、初心者向けのコースなど豊富なコースが用意されており、ゲレンデから眺める鹿島槍ヶ岳や翁が岳を含む北アルプスの山々の景色は絶景です。

 

スキーやスノボーだけでなく、モーグラー向けのコースもあり、コースの構成力は長野県の中でもピカイチ。決して広いスキー場ではありませんが、コースが工夫に富んでいるので思いきり楽しめます

 

中央ゲレンデには子供向けの雪遊びができる場所もあります。

 

ナイター営業をしているゲレンデもありますので、夜もウィンタースポーツができますよ。

 

ファミリー向けのイベントも多数開催されており、キャラクターショーや、未就学児を対象にしたスキー教室など、お子さん連れのお客さんに向けたイベントが盛りだくさんです。

 

HAKUBAVALLEY 鹿島槍スキー場の近くには大町温泉郷もありますので、ウィンタースポーツと一緒に温泉も楽しむのがオススメです。

 

鹿島槍スキー場は鹿島川と白樺の林に囲まれた自然豊かで静かな温泉郷で、単純温泉の泉質は筋肉痛や疲労回復によく効くので、一日のスポーツの疲れを癒すのにぴったりです。

 

パウダースノーや豊富なコース、温泉を同時に楽しみたい人には、ぜひオススメしたいスキー場。

 

アクセスも良いですし、食事もおいしいと評判です。

 

 

スポンサーリンク

3 タングラム斑尾

地図> ゲレンデ情報>

タングラム斑尾は、東急が運営する長野県上水内郡信濃町古海にあるスキー場です。

 

電車を利用する人は、長野新幹線「長野駅」より路線バスに乗りましょう。

 

だいたい85分で到着します。

 

スキーリゾートであるタングラムスキーサーカスは、特にファミリー層から人気のあるスキーリゾート。

 

周辺施設には温泉や託児所、室内プールやキッズパークもあります。

 

キッズパークには動く歩道が設置されており、小さなお子さん連れでも移動ラクラク、ソリなどの雪遊びグッズも無料レンタルできますのでお子さん連れの方には嬉しいですね。

 

リフト料金は1日券で大人4200円、子ども3000円です。

 

4時間券は発券から4時間使うことができ、ナイター利用も可能です。

 

また、野尻湖テラス観光リフトというリフト券もあり、このリフト券では大人1200円で第5リフトを1往復し野尻湖の景観を楽しむことができます。

 

こちらのリフトは滑走具なしで利用することができますので、滑走具を脱いでのんびりと北アルプスの自然を楽しむことができますね。

 

また、タングラム斑尾ではスキーだけでなく、スノーモビルやスノーラフティング、雪上車などさまざまなウィンタースポーツが楽しめます。

 

さらには囲いのないスペースで、ワンちゃんが自由に走り回れるドッグランのコーナーも。

 

こちらのドッグランは12月下旬から3月下旬に開催予定で、飼い主とペットが雪の上を自由に走り回ることができます。

 

開催時期はその年の積雪の状況によって異なりますので、詳しくはホームページをチェックしてくださいね。

 

タングラム斑尾のゲレンデは全部で14種類、特にツリーランコースは斑尾山の北斜面に広がるコースで、非圧雪の地面を木々の間をくぐり抜けながら滑るスリル満点の上級者向けコース。

 

パウダースノーの質も上質ですので、転んでも全く痛くありませんよ。

 

 

2 白馬五竜&Hakuba47

地図> ゲレンデ情報>

白馬五竜&Hakuba47は長野県北安曇郡白馬村神城にあるスキー場です。

 

白馬五竜&Hakuba47は白馬連峰五竜岳の麓にあり、アルプス平ゲレンデと遠見ゲレンデの2つのスキー場でウィンタースポーツを楽しむことができます。

 

リフト券は共通となっていますので、無料でスキー場間を移動できますよ。

 

山頂からは五竜岳や唐松岳の雄大な景色を見ることができ、近年白馬エリアの中でも人気のスキー場となっています。

 

コースは、アルプス平で最も傾斜の緩い初心者向けコースの「パノラマコース」や、五竜岳で最も急斜面だと言われている上級者向けコースの「チャンピオンエキスパート」、標高1120メートルから林間コースを経由して滑り降りる中級者向けロングコースの「サニーウェイコース」など、全部で16コースがあります。

 

どちらかと言うと中級者~上級者向けコースが充実しており、スノーボードプレーヤーに向けたハーフパイプも揃っています。

 

白馬五竜&Hakuba47は非常に広大で標高差のあるスキー場となっていますので、ウィンタースポーツ上級者にもおすすめです。

 

ちなみに白馬五竜&Hakuba47は日本で初めてゴンドラリフトを導入したスキー場なのですよ。

 

また、こちらのスキー場ではスクールも充実しています。

 

子どもから大人まで参加できる少人数~マンツーマンのスキースクールや、基本からしっかり身につけることのできるスノーボードアカデミー、コブや急斜面をカッコよく滑れるようになるフリースタイルアカデミーなど初心者から上級者まで楽しめるスクールが数多く用意されています。

 

ゴンドラステーション内にある「ピザハウスルイス」はイタリア直輸入の石窯で焼いたクリスピーピザを提供するスキー場自慢のピザレストラン。

 

「ピザハウスルイス」は信州ゲレ食バトルでもなんと堂々の3位に輝いた名店なんですよ。

 

白馬五竜&Hakuba47を訪れた際には、ぜひお試しあれ!

 

 

1 竜王スキーパーク

地図> ゲレンデ情報>

竜王スキーパークは長野県下高井郡山ノ内町にある北志賀高原最大のスキー場です。

 

竜王スキーパークには166人乗りの世界最大級の巨大ロープウェイもあります。

 

竜王スキーパークの特徴は標高差1000メートル以上、およそ6000メートルにも及ぶロングランのコースです。

 

竜王スキーパークのメインゲレンデである「バレーエリア」は、国内最大級のスキー場・積雪情報サイトである「SUPF&SNOW」で日本パウダーランキング1位を獲得したことがあるほどの上質な雪質も人気の秘密。

 

コースセッティングも工夫されていて、初心者から上級者まで楽しめる豊富な難易度設定に加え、同じスキー場で初心者から上級者までレベルアップできるコースの造りとなっています。

 

特に利用者の人気となっているのは最大傾斜36度の「木落しコース」です。

 

完全予約制、1日最大20名限定で早朝のロープウェイに乗車できる「KIOTOSHIファーストトラック」を利用すれば、人気の「木落しコース」にファーストラインをつけることもできるかもしれません。

 

料金はたったの3000円、誰も足を踏み入れていない早朝のパウダースノーでの滑走はなんとも言えず気持ちが良いですよ。

 

世界最大級のロープウェイに乗って標高1770メートル地点まで行くと、そこには竜王スキーパークが誇るスポット「SORA Terrace」があります。「SORA Terrace」では雲海が作り出す幻想的な風景を眺めることができます。

 

昼間の雲海も非常に綺麗ですが、特に夕方の夕日が沈む様子は言葉にできないほど美しいですよ。

 

さらに夜には1770メートルの高さから星を眺めるナイトクルーズのイベントも。

 

普段見ることのできないような、明るくはっきりとした無数の星たちを、ぜひ眺めて見てはいかがでしょうか?

 

1位に選ばれたのは、北志賀高原最大のスキー場、竜王スキーパークでした。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は長野県のおすすめスノボー&スキー場をご紹介しました。

 

長野県は日本でも有数のパウダースノーが楽しめる地域ですので、ウィンタースポーツを楽しむには、かなりオススメのスポットとなっています。

 

スキー場の情報は、その時の雪の情報などによっても変わりますので、最新情報は詳細ページを参考にしてくださいね。

 

ぜひあなたも長野県でスキーやスノーボードを楽しんでみては?

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク

RECOMMEND-こちらの記事も人気です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です