函館・湯の川温泉の温泉宿 人気の旅館ランキング厳選10

北海道は広い大地と未だに手つかずの自然を持ち、日本の本州に比べればまだまだ人々の憧れの地です。

 

無数の活火山・休火山が点在し温泉が多いと有名な北海道ですが中でも、北海道三大温泉郷といえば登別温泉、定山渓温泉、湯の川温泉が上げられると思います。

 

その中で海岸に面している湯の川温泉は、函館港から揚げられてすぐの新鮮な魚介が簡単に手に入る事や、函館空港リムジンバスで6分、函館市内の市電や市内バスも利用できる気軽に行ける温泉といえます。

 

そこで今回は五稜郭、函館山ロープウェイ、函館市内を走る市電、函館朝市と観光スポットからも近い温泉として、たくさんの観光客が訪れる函館温泉のお宿をランキングにしてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

#10 ラビスタ函館ベイ

地図> ホテルの詳細・予約>

函館開港の元町の面影を残すベイサイドリゾート、ラビスタ函館ベイをご紹介しましょう。

 

観光スポット赤レンガの金森倉庫群のある函館ベイエリアにあるラビスタ函館ベイは、かつて国際貿易港として栄えた古き良い時代の歴史と情緒たっぷりの街並みの中にあります。

 

アールデコ調の曲線を使った優美な天井とガス灯にも似た照明が、大正ロマン漂うロビーはまるで別の時代に入り込んでしまったように感じます。

 

館内の至る所に見られる異国情緒あふれる装飾が、函館ロマンをより一層感じさせて心が和みワクワクさせられます。

 

レトロな雰囲気のまま客室に入ると大きくあいた窓からベイエリアの灯が飛び込んできます。

 

部屋の中の調度品が大正ロマン漂う、優美なゲストルーム。

シングルルームには大きめのベッドがあり、居心地のいいサイズの部屋に大きな窓といったいでたちで迎えてくれます。

 

ダブルルームには和ベッド幅210cmのベッド、ベッドのすぐ目の前にはベイエリアが一望できるほどの大きな窓、異国情緒漂う調度品が置かれくつろぎのひとときを演出してくれます。

 

その他にもツインルーム、デラックスツインルーム、和洋室と特別室の6タイプのお部屋、ゲストルームでの時間をゆっくり楽しめるよう用意されています。

 

シングル、ダブル、ツインのお部屋にはバスタブなしのシャワーブースのみとなりますので、温泉は大浴場「海峡の湯」をご案内します。

 

スタイリッシュなホテルでありながら最上階大浴場の海峡の湯は、源泉かけ流しの本格的大浴場です。

 

泉質はナトリウム・塩化物強塩泉、露天のお風呂は露天は岩風呂、檜風呂、陶器風呂、樽風呂の4種類でお風呂好きの方にも満足いただけます。

 

露天風呂からは、赤レンガ倉庫群や函館山が眺められ、函館の夜を独り占めしながら心地よい肌触りの優しい湯の川のお湯で、極上のひと時をお過ごしください。

湯上りには、函館の夜景が真正面に広がる「涼み処そら」で素晴らしい眺めをご堪能いただけます。

 

三方に海をかかえる函館の、新鮮な海産物を和食・洋食・中華の多彩なお料理でお楽しみください。

ラビスタ函館ベイに隣接した、美食倶楽部がオープン。

 

夜の散策のついでに「夕食を外で・・」も旅の想い出にいかがでしょう、夕食は思い思いのプランで楽しい函館の夜をお過ごしください。

 

ラビスタ函館ベイの人気は朝から海産物豊富な朝食です。

イクラ、タコ、甘えび、イカを好きなだけご飯に乗せた海鮮丼で、贅沢な朝食で一日のエネルギーを充電してください。

 

ラビスタ函館ベイには、2名様利用お一人29,630円からお泊りになれます。

ノスタルジックなベイエリアでの一日はいかがでしょうか?

 

 

#9 笑 函館屋

地図> ホテルの詳細・予約>

函館観光ができて温泉にも入れて何とかコスパを抑えることのできる、そんなお宿をご検討中なら、こちら笑(えむ) 函館屋をご紹介いたします。

 

プチホテル笑 函館屋はどことなく温かく迎えてくれるたたずまいの温泉のあるホテルです。

ロビーから見渡せすと、こじんまりとした中庭が見えます。

 

いろりを囲むように置かれたソファーが居心地よく、かえるさんがナカナカ可愛らしくちょこんとこちらを向いているのが印象的です。

 

プチホテルとなるとお部屋に期待を持ってしまいます。

一つ一つのお部屋は大きいとは言えませんが、ベッドがいい

 

ビジネスホテルみたいに小さくなくゆったりしたベッドは、それだけで満足が行くところですが、目を引くのは香ばしい香りとコーヒーミルです。

 

一日歩き詰めだった後のドリップコーヒーは、コーヒー好きの人には最高の喜びですね。

 

必要なものが丁度いい距離にあると、わが家にいるかのようなリラックスできる居心地がおすすめです。

 

和室、和洋室、洋室とお部屋のタイプがあって、どの客室も居住空間を考えたお部屋なので旅行形態を気にせず選べます。

 

くつろぎ着の作務衣と四角い「イグサ」のスリッパをはいて手ぶらでお風呂に行きましょう。

 

お風呂にフェイスタオルとバスタオルが置いてありますので、何回でも気軽に大浴場に行けるのです。

お風呂は塩化物泉の源泉が、温泉管理をしっかりしているので加水なし、加温なしのそのままの温泉に入れるところがポイントです。

 

広い洗い場の広々した大浴場と露天風呂には、天然温泉がかけ流しで注ぎ込まれる気持ちよい大浴場です。

あちこち歩いて疲れた体を思いっきり伸ばして、なめらかな透き通った湯をご堪能下さい。

 

ご夕食は近海で獲れた美味しい魚介を、お寿司を中心にしたお料理と旬のおいしさを味わっていただけます。

新鮮な海産物をいろどりを添えて、素材の味を十二分にいただけるよう調理した函館の味を存分にお楽しみください。

 

笑 函館屋には、2名様利用お一人15,000円からお泊りになれます。

 

 

#8  ホテル河畔亭

地図> ホテルの詳細・予約>

思う存分函館観光をした後は、喧噪を抜けて日本庭園の宿ホテル河畔亭で静かにお過ごしになりませんか。

 

函館市内に流れ込む松倉川のほとりに、錦鯉の泳ぐ日本庭園が素晴らしいホテル河畔亭は、温かいおもてなしと函館の味をお届けします。

 

和室中心のお部屋には、お客様だけの時間を大切にしたいと考え、ご案内の時からお布団の用意をしています。

荷物を置いて少しおやすみになりたいときは、「ごろんと一休みができる」そんな心使いがうれしいですね。

 

静かな畳のイグサの香りがするお部屋で、お茶とウエルカムスウィーツでまずは一休み。

 

大浴場は、ヒノキの香りがあたり一面に広がる檜風呂に源泉かけ流しの優しい肌触りの湯の川の湯が注がれ、ゆったりと癒される優しいお風呂です。

 

日本庭園が取り囲む庭園岩風呂は、木々の青さとさわさわと葉を鳴らす音が体の中にお湯の安らぎと共に染み入り、疲れた体をやさしく癒してくれます。

 

函館の浜育ちのご主人が、近郊各地を新鮮で美味いものを探し出し毎日の夕食を彩ります。

素材の良さをよりおいしく引き出して和食膳に仕上げました。

 

食前酒の函館ワインに始まり、帆立の床焼きから地元で獲れたブランド米「ふっくりんこ」にイクラを乗せたイクラ丼で締める、腕によりをかけたお食事をご堪能下さい。

朝食には、名物函館いか刺しをメインにした和定食で元気な一日のスタートを切ってください。

 

ホテル河畔亭には、2名様利用お一人10,649円よりお泊りになれます。

 

 

#7 花びしホテル

地図> ホテルの詳細・予約>

夜は静かに和の雰囲気の中で過ごしたい方には、函館駅や函館空港までどちらも車で15分程度の距離にある花びしホテルをお勧めします。

 

玄関前には200坪の日本庭園が広がり、滝の水音が旅人のこころに安らぎを感じさせてくれます。

 

花びしホテルは、本館、臥牛亭、末広亭の3つの棟からなっていて、お仕事や低予算のご利用には本館の客室を、一つ上のくつろぎには臥牛亭、末広亭をお選びください。

 

バリアフリー仕様となっている客室は、湯の川の中でも質の高い和のたたずまいを感じることができて人にやさしく、車いすの方にも不自由なく過ごせます。

 

花びしホテルには趣の違う二つのお風呂があります。

1階には庭園を望みながらのヒノキ風呂や岩風呂の庭園大浴場があり、庭を眺めながら体を癒せる風情溢れるお風呂です。

2種類の露天風呂と室内風呂とサウナで湯の川の湯をお楽しみいただけます。

 

最上階7階は、ステンドグラスからの光が湯舟に映り、異国情緒を感じさせる「臥牛の湯」があり、無色透明の湯が体の芯まで温めてくれて心の芯までリラックスさせてくれます。

 

ご夕食には函館新鮮な海鮮食材と北海道内の旬の野菜を、彩色豊かに創り上げたお料理でお腹を満たしていただけます。

海の幸、山の幸を四季の調理人たちが、いろとりどりに四季の色彩に仕上げた逸品をご賞味ください。

 

花びしホテルには、2名様利用お一人9,900円よりお泊りになれます。

スポンサーリンク

#6 HAKODATE 海峡の風

地図> ホテルの詳細・予約>

2016年にオープンした、大正ロマン、昭和レトロ、平成モダンをコンセプトとした港町函館の歴史情緒あふれるホテル HAKODATE 海峡の風

 

一歩館内に入るなり、モダンカラーに包まれるロビーには海峡の風をモチーフとした波と風のオブジェが出迎えてくれます。

 

お部屋までのアプローチには、至る所にモダンアートがちりばめられ、装飾のガラス一枚一枚までもがアート展の博物館に来たように妥協のないものばかりです。

 

客室のテーマは、大正のロマン、昭和のレトロ、平成のモダンにこだわり、ツイン、和洋室、和室に加えて露天風呂付きのお部屋に、女性限定トリプルベッドのお部屋と全ての趣にこだっわったお部屋です。

 

大正ロマンの露天風呂付き客室には、タイルを張り詰めた浴槽がなんとも風情があり、浴室の窓から望める海峡の景色を独り占めできます。

 

女性専用トリプルルームは、柔らかな色調と優しい赤色で調和した装飾が女性客の感動を呼ぶことでしょう。

アメニティにも花とフルーツの香りを使い、訪れた人たちにすべての面で満足していただけるような工夫がいっぱいのお部屋です。

 

一階には大正ロマン風呂「夢乃湯」平成モダン風呂の「Relax21」があります。

 

大正ロマン風呂「夢乃湯」は壁や床をタイルで敷き詰めた懐かしい浴室に、ガラスにはステンドグラスを模した装飾を施し、ノスタルジックな雰囲気の中で湯の川のお湯を満喫できます。

平成モダン風呂の「Relax21」は季節の香りを楽しめる、つぼ湯、立ち湯、薬草風呂で湯めぐりを楽しんでいただけます。

 

その他に、専用でつながる「湯本啄木亭」の最上階にある「空中露天風呂いさりび」も利用できますので、湯の川の温泉を2倍味わえます

 

ご夕食には、津軽海峡の新鮮魚介をバイキングで味わえる「青函市場」、大正のビストロ、奥深いフレンチどちらも味わえる「函館銀座軒」、カウンター席と個室でまるで寿司バーと会席料理をスタイリッシュに味わえる「Blue Season」、その時の気分でお好きなものをお召し上がりいただけます。

 

海峡の風には、2名様利用お一人16,150円よりお泊りになれます。

函館のロマン、レトロ、モダンを感じてみてはいかがでしょうか。

 

 

#5 湯の浜ホテル

地図> ホテルの詳細・予約>

ホテル裏手には津軽海峡が広がる、海沿いの宿湯の浜ホテル。

全室119の客室を持つシティホテルでJR函館駅から車で12分、鉾建て空港からは車で5分程度のビジネスと観光には好立地の場所に位置しています。

 

客室は本館と東海亭に和室、洋室をご用意しています。

特に人気の東海亭の展望風呂付き客室は、海側に面したヒノキのお風呂で津軽海峡の砂浜をのんびりと眺めながら贅沢なプライベートをお楽しみいただけます。

 

お風呂の蛇口をひねると100%温泉の出るお風呂は、透明でよく温まるナトリウム塩化物泉 ナトリウム・カルシウム塩化物泉 の二つの源泉を使った、優しい肌触りのお湯で疲労回復によく効くとされています。

 

お部屋は和室の居室にベランダをつけた、海の見える明るいお部屋です。

 

ツインベッドを置いた洋室がありますが、展望風呂ではなく湯っとバスとなりますが、ベッドに居ながら津軽海峡の漁火を見るのもなかなかロマンチックです。

 

雄大な津軽海峡を手足を思いっきり伸ばして眺めたいなら、杉風呂・岩風呂・バイブラバス・寝風呂のある展望大浴場が最高です。

 

木の香りを楽しめる杉風呂、ブクブクマッサージ効果のバイブラバ、ぬるめのお湯にゆったり横になってくつろぐ寝風呂など、津軽海峡を存分に眺めてください。

露天風呂は漁火露天風呂。

潮騒のを耳にしながら、津軽の海と潮風を受けてはいる木の舟形のお風呂です。

 

新選組の土方歳三が湯に浸かったとされる、伝説の温泉を漁火露天風呂にして幕末ロマンを想像しながら入ってみてはいかがでしょう。

 

ご夕食、ご朝食は、最上階の眺めの良いスカイラウンジでいただけます。

函館の海の幸・山の幸をふんだんに使った献立は、目の前の海峡の音が聞こえてくるようにも思える、素材の生きた味をご賞味ください。

 

湯の浜ホテルには、東海亭の展望風呂付き和室2名様利用お一人13,500円よりお泊りになれます。

お風呂で火照った頬に潮風を感じてください。

 

 

#4 平成館 海羊亭

地図> ホテルの詳細・予約>

函館といえばご旅客が頭に浮かぶ人もいるのではないでしょうか?

五稜郭で壮絶な死を遂げた土方歳三が、傷を癒したと言われる今では希少な温泉の赤湯をに入れるお宿がこちら、平静館 海羊亭です。

 

漁火通り湯川の信号を曲がってすぐ、函館駅と函館空港行きバスのバス停の目の前にあります。

吹き抜けのロビー、日本庭園を見渡せる大きな窓、錦絵にも似たロビー壁紙。

 

街中の落ち着きと解放感一杯のエントランスを抜けて、一夜のお宿にたどり着きます。

 

総客室214室の大きまホテルには、和室・和洋室の客室を用意して、主にファミリールームとして3階~7階のフロアをまとめ、8階以降11階までを一般客室としています。

 

客室からは、雄大な津軽の海と百万ドルの夜景の函館山を存分に眺めていただけるように、見晴らしの良い窓を大きく取って函館のお泊りを彩ります。

 

最大30畳の10名様まで泊まれるファミリールームと、お年寄りやご夫婦、カップルにも安心してくつろげる洋室、ご旅行形態に合わせてお選びください。

 

平成館 海羊亭の湯は、湯の川で最初に堀削されたという幻の赤湯となめらかな肌触りの透明感のある白湯、紅白の湯で楽しめます。

 

津軽海峡を望みながら函館の街の灯を壮大に望める展望風呂には、とろりとした幻の赤湯で歴史ロマンを感じてもらいながら解放感を味わっていただけます。

 

しっとりと肌に優しい白湯の展望大浴場からは、函館山が雄大に広がり、その眺めに思わず長湯しながら旅の疲れをのんびり癒していただけます。

海も山も望める眺めは、海羊亭ならではのロケーションです。

 

ご夕食はバイキングレストラン花水木で存分に函館の旬をお召し上がりください。

日本海で獲れたてのイカ・ホタテ・を目の前で焼いた、アツアツの旨さをご堪能、新鮮なエビやホタテ、マグロやサーモンを好きなだけ盛った海鮮丼にしてお腹いっぱいいただいてください。

 

平成館 海羊亭には、2名様利用お一人9,260円よりお泊りになれます。

雄大な眺めと紅白の湯の平成館 海羊亭はいかがでしょうか。

スポンサーリンク

#3 ホテル万惣

地図> ホテルの詳細・予約>

異国情緒と北港とが混じり合った「文明開化絵巻」のテーマで作り上げられた、高さ5メートルの暖炉フード。

 

古くから函館に根付いた老舗のホテル万惣は、旅館でありホテルでもある和洋折衷になって話題の旅館です。

 

天井高のロビーには、高さ5メートルの暖炉フードがシンボルで、江戸時代から外国文化が少しずつ入ってきた函館の儀洋風建築が描かれています。

 

客室の玄関まで靴を履いてお部屋に着いたら靴を脱いでお部屋に入る、お部屋の中はスリッパなしの素足、寝具はベッド、くつろぐときは畳でゴロン、和の良さと洋の良さを兼ね備えたお部屋で旅の疲れを癒していただけます。

 

ロケーションでは好立地の万惣は、「函館山」と「津軽海峡」の眺めをたくさんの方に堪能していただきたいと、4割のお部屋から望めるよう考えて造り上げています。

 

バルコニー付きのお部屋を用意して、函館山と津軽海峡をお好きな時に存分に眺めていただけるようにさした、洋室と和洋室はホテル万惣の自慢の一つです。

 

客室内のインテリアは、どことなく日本風でもあり異国風でもあり、現代風でもありレトロロマンを感じるもありで独特のノスタルジックな感じがします。

 

あえて大浴場と呼ばず湯蔵と呼ぶお風呂は、その時の気分で湯めぐりできる寝湯・壷湯・シルキー風呂、ドライサウナ・ミストサウナなど色々楽しめるおふろで函館の旅の疲れをじっくりほぐしていただけます。

 

十分お風呂で温まった後は、広くとったスペースに畳を敷いてソファーを置いた湯上り処で温泉の余韻と心地のいいひと時をお過ごしください。

 

ご夕食やご朝食は、函館港から水揚げされた新鮮なイカ・ホタテ・イクラなど和洋ビュッフェスタイルで好きな開けお召し上がりください。

新鮮な海産物で贅沢な海鮮丼などいかがでしょうか?

 

ホテル万惣には、2名様利用お一人12,800円からバルコニー付き和洋室にお泊りになれます。

 

 

#2 天然温泉 ホテルパコ函館

地図> ホテルの詳細・予約>

JR函館駅より歩いて10分の所に天然温泉のお風呂に入れるシティホテル、天然温泉 ホテルパコ函館があります。

函館駅やビジネスの拠点からも近く、函館山からも車で数分で行けるので、ビジネスに観光に便利なホテルです。

 

ホテル前のエントランスから少し進むと、玄関前には天然温泉の小滝がお出迎え。

 

館内には、コンビニ、ゲームコーナー、自由に使えるお休み処など、訪れた人のいつものライフスタイルに少しでも沿った施設が充実しています。

 

また、ホテル内外でお金をかけずに無料で通話やネットができる「handy」を無料貸し出ししています。

旅先でのパケットや通信料を気にせず、旅の情報を集めることができます。

 

訪れた一人一人のお客様にゆとりの中でくつろいでいただけるよう、近年リニューアルし内装や家具調度品まで入れ替えた、居住空間重視のお部屋に生まれ変わりました。

 

Wi-Fiや大型テレビなどのリビングの充実や、独立した洗面台、シンプルなシャワーブースなど機能面の使いやすさを重視した客室で、訪れた人たちのくつろぎを生み出します。

 

天然温泉「大森の湯」は石川啄木の像の立つ大森浜の名をとってつけられた名前で、ナトリウム₋塩化物強塩泉の少し茶色く見える塩化泉をかけ流しをした大浴場です。

 

気泡泉、サウナも併設する大浴場と大型テレビを見ながらお湯に浸かれる露天風呂があり、主に筋肉の緊張や関節のこわばりなどに効くお湯で、一日の疲れた体をのんびりと癒してください。

 

一日のはじまりを応援する朝食はとても大事なものです。

函館近郊の新鮮は野菜や海の幸、北海道産のお肉をふんだんに使ったオープンキッチンで元気を充電していってください。

 

おなじみの目玉焼きや海鮮炉端焼き、海鮮のっけ丼やジンギスカンに加えて和食の煮物や郷土料理などお好みのものを好きなだけお召し上がりいただけます。

 

天然温泉 ホテルパコ函館には、2名様利用お一人税込み4,500円よりお泊りになれます。

 

 

#1 湯の川プリンスホテル渚亭

地図> ホテルの詳細・予約>

函館の絶景をのぞみながら湯の川の温泉で癒されたいなら、湯の川プリンスホテル渚亭がおすすめです。

 

155室の客室のうち115室に露天風呂付き客室を持つ湯の川プリンスホテル渚亭は、南側に津軽海峡、近くの観光スポットには五稜郭公園や金森倉庫(赤レンガ)群と絶好な好立地を誇ります。

 

大半の客室に露天風呂をつけていることから、修学旅行の予約はとらないので、修学旅行シーズンであっても静かな環境でお泊りいただけます。

 

115室の露天風呂付き客室は、和室、和洋室2つのタイプと眺めは海側、町側と分かれます。

 

海側のお部屋からは、津軽海峡の眺めと潮風を受けながら朝、夕の陽の光の移り変わりを感じながらゆったりとお過ごしいただけることでしょう。

 

町側のお部屋は一部を除いて足湯付きとなっていて、大切な人と町の静かな光を眺めながら今日一日の話に花を咲かせながらお過ごしください。

 

露天風呂付き客室のうち海側タイプには、ヒノキ風呂と岩風呂の露天風呂、街側タイプのお部屋には岩風呂の露天風呂があります。

 

部屋の外に出るのが面倒な夜には、お部屋の露天風呂で誰にも邪魔されずに旅の疲れ思う存分癒していただけます。

 

大きなお風呂でお湯を楽しみたいという方には、大浴場浦島(男湯)乙姫(女湯)があります。

明るく広い内風呂で思いっきり手足を伸ばして、湯の川のお湯をダイナミックにお楽しみください。

 

外湯の露天風呂からは、雄大に広がる津軽の海が目の前に広がり、運がよければ本州青森まで見渡せることがあるようです。

 

女性の露天風呂は、屋根を付けた半露天となっていますので天候にあまり左右されずにお風呂を楽しめるのが嬉しいです。

デッキチェアに座りながらのサウナも見逃せないポイントです。

 

ご夕食はオープンキッチンで50種類の函館の味をご賞味いただけます。

函館ならではの新鮮な魚介類を腕利きの調理人が握ったお寿司をはじめ、近くで育った臭みのないみずみずしいこの地特産の「ひこま豚」を石窯でローストしていただける絶品にも出会えます。

 

お食事後のデザートも豊富に揃って、食通にはたまらない夕餉となることでしょう。

 

湯の川プリンスホテル渚亭には、海側露天風呂付きお部屋を2名様利用お一人16,000円からお泊りいただけます。

海沿いの温泉、湯の川温泉ならではの夜をお過ごしください。

スポンサーリンク

RECOMMEND-こちらの記事も人気です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です