東海おすすめアスレチック 人気ランキング厳選10 大人も楽しめる!

皆様こんにちは。健康ブーム続いてますね。
社会人になると中々体を動かす機会がなくなり、若い子たちの間でも休日は家でゴロゴロしている人が多いですね。

近年ブームになっているのがアスレチック。
アスレチックときいて小さい頃に遊び、子どもしか遊ぶことができない
と思っている人は多いのでは?
そんなあなたに必見!

今、休日をアスレチックで過ごすカップル、ファミリーが多いのです。
東海地方の方から人気のアスレチック施設はないのかと多くの声をいただいたので、まとめてみました。

これさえ読めばあなたも健康アスレチックマスターだ!!!

スポンサーリンク

10位 一宮地域文化広場(愛知県)

一宮地域文化広場

地図> 公式ホームページ>

こちらの施設には18ポイントあるアスレチックの他に、
プラネタリウムやプールなどがあるのがポイントです。

アスレチックは、小学校低学年のお子様には難しいポイントがいくつかありましたが、
大人も一緒になって楽しめる内容となっていました。

普段体をあまり動かさない方には、少しきついかもしれませんね。

入場料は無料でアスレチックとプール(夏季限定)などが楽しめますが、
プラネタリウムのみ有料(大人:60円、子供:30円)となっていました。

 

プラネタリウムは一回の上映が45分としっかり満喫できるのに、とてもリーズナブル。
アスレチックで疲れた体をリラックスさせながら観れ、とても満足でした。

■施設名称 一宮地域文化広場

住所:愛知県一宮市時之島字玉振1番地1

料金:無料

予約:なし

利用条件:午前9時から午後4時30分

 

9位 ジップラインアドベンチャーひるがの(岐阜県)

9

地図> 公式ホームページ>

自然の中を、鳥になった気分で空を飛んでみませんか?

ワイヤーロープと滑車で疾走するのが、ジップライン。
飛び立つ前は怖い印象かもしれませんが、一度スタートしてしまうと、
鳥になって大空を飛んでいるような感覚にさえもなります。

こちらの施設には、全6つのコースあり、全長544メートルほどジップラインを楽しむことができます。

ひるがの高原や大空を見渡しながら、スリルだけでなく景色を楽しむことができ、リピート率がとても高いそうです。

二人で一緒に滑り降りることのできる「ペアライン」もありますので、一人じゃ怖い!という方にはこちらもオススメです。

ガイドの方も一緒に周るので、大自然の中での冒険を楽しんでみてはいかがでしょうか?

■施設名称 ジップラインアドベンチャーひるがの

住所:岐阜県郡上市高鷲町ひるがの 4670-75ひるがの高原 ピクニックガーデン

料金:1人3,900円

予約:可能

利用条件:

  • ひるがのピクニックガーデン園内施設のため、7/16(土)〜10/16(日)の期間は入園料が別途必要です。
  • ジップラインに参加できるのは小学生以上の方です。
  • 小・中学生2名につき保護者(成人)1名、3名につき保護者(成人)2名の参加が必要となります。
  • 各フライトに定員がございますので、ご予約をおすすめします。
  •  フライト状況に空きがあれば、随時出発していただくこともできます。ご希望の時間がある場合はご相談ください。
  • 上記出発時間にお申し込みが完了していない場合、自動的にキャンセルとなります。

8位 姫の沢公園(静岡県)

8

地図> 公式ホームページ>

たくさんのアスレチックポイントがあり、更にハイキングコースも一緒に楽しめるのがこちら。

コースの途中には休憩所がたくさんありましたので、自然の中でお弁当を食べながら休憩し、
またアスレチックに挑むことができます。

111

コースは、公園からスタートのAコースと十国峠からスタートのBコースと二つあります。
グラグラする網の上を渡ったり、上ったり、タイヤでできた橋を渡ったり・・・様々なコースがあります。

一日中楽しむのであれば、十国峠からスタートのBコースがオススメです。
伊豆箱根線路バスがあるので、車を公園の駐車場へ停めて十国峠までバスで行くのもありですし、
体力に自信のある方は、Bコースをゴールから逆にまわるのもいいかもしれません。

お子様と一緒の場合は、Aコースからスタートするのが無難だと感じました。
小学生高学年であれば、だいたいのポイントがクリアできるほどの難易度だそうですが、
無理をせずに可能なポイントだけを周るのも、楽しめるコツだと思います。

全部をクリアするには1日では足りないくらいの多さでした。
是非、全部クリアを目標にチャレンジしてみてください。

■施設名称 姫の沢公園

住所:静岡県熱海市伊豆山字姫の沢1164-1

料金:無料

予約:なし

利用条件:ボール遊び・芝すべりは禁止です。 ゴミ箱は設置していません。各自でゴミはお持ち帰りください。
犬連れの方は必ずリードをつけてください。

 

スポンサーリンク

7位 南知多グリーンバレイ(愛知県)

7

地図> 公式ホームページ>

こちらの南知多グリーンバレイには、日本初のバンジージャンプがあることでも有名ですが、フィールドアスレチックも負けないくらいの人気だそうです。

ありのままの自然の中にあるアスレチックには、30のポイントがあります。
ボルダリングのような垂直の壁を渡ったり、グラグラ揺れる丸太の上を歩いたり・・・
難しいポイントがいくつかありましたが、もしチャレンジできなくても迂回路が用意してありましたのでご安心を。

様々なポイントの中でも特に人気なのは、池の上をターザンのようにロープで渡るポイント
高いところからのジャンプという恐怖。そして、落ちてしまうのではないかという恐怖。このダブルの恐怖に負けないで、踏ん張って渡りきってください。

また、こちらではアスレチックの他に下記、様々な施設が有料でご利用いただけます。

  • 日本初のバンジー
  • BBQ
  • パターゴルフ
  • スカイコースター(巨大ブランコ)
  • 味覚狩り(季節の野菜やフルーツの収穫ができます)

■施設名称 南知多グリーンバレイ

住所:愛知県知多郡南知多町内海打越77-1

料金:
高校生以上:1500円 幼児3才~中学生:500円

バンジージャンプ:20,000円
パターゴルフ:500円
スカイコースター:3人乗3,600円 2人乗3,000円 1人乗2,000円
ブルーベリー狩り:高校生以上600円 幼児3才~中学生500円
芋掘り:幼児3才~大人まで一律600円
みかん狩り:高校生以上600円 幼児3才~中学生500円

予約:ブルーベリー狩り、芋掘り、みかん狩りなどは要予約

利用条件:
10:00から17:00 ( 最終受付16:30 )
・11月、12月は16:00まで
・暴風警報の場合は閉園

6位 まかいの牧場(静岡県)

62

地図> 公式ホームページ>

牧場?と思いがちですが、この施設は牧場だけではないんです。

大人も子供も一緒に遊べるアスレチックが併設しているので、
一日中飽きることなく遊んでいられます。また幼児用のアスレチックが別にあるので、
小さなお子様がいる方には安心して遊ばせられると感じました。

アスレチック遊びに疲れたなんて時には、普段の生活ではあまり使わないハンモックで休めるのも人気のひとつです。

自然の中でハンモックに揺られ、心も体もとてもリラックスしました。

また、ものづくり工房には小学生専用の「コロボックルの砦」があります。

壁にある石やロープをうまく使いこなし上までたどり着くためには、
よく考えながらチャレンジする必要があります。これは、
子供たちの考える力を養える最高のアスレチックではないでしょうか。

この広い施設の中では、もちろん動物と触れ合ったり、牛の乳搾り体験があったり、
ヤギと一緒にお散歩をしたり、バター・チーズ・ソーセージ作りなど、アスレチック以外に様々なことができます。

子供だけでなく、大人も十分楽しめる内容となっていました。

■施設名称 まかいの牧場

住所:静岡県富士宮市内野1327-1

料金:
入場料+動物のおやつ1グループ1つ付き
大人(中学生以上):800円
子供(3歳~小学生):500円
※12月上旬〜入園料(通常:大人(中学生以上)600円、小人(3歳以上)300円)

予約:なし

利用条件:
9:30~17:30 (10月21日~2月20日 9:30~16:30)
12月~3月中旬の毎週水・木曜日(不定休有)
自転車、キックスケーターなどの車輪付きの乗り物やドローン、ラジコン、水鉄砲など
人の迷惑になる玩具の持ち込み禁止

5位 DGヴァカンス村 ウッドアドベンチャー郡上(岐阜県)

1

地図> 詳細>

本格的なアスレチック施設がある人気の場所。
人間が最も恐怖を感じる高さは何メートルかご存知でしょうか?

正解は8メートルです。アスレチックで定番の吊り橋や綱渡りが
地上8メートルの高さで作られており、最高級の恐怖です。

また人気なのは、ボルダリング風の壁など用意してあるので
大自然の中で思いっきり体を動かすことができます。

アドベンチャー級の楽しさがある巨大迷路は小さなお子様にも大人気で、
大人でも頭を使わないと出れないくらい難しいです。

また大人気のターザンもあります。最初に命綱をつけてやるので安心ですが、
すべてのアスレチックが高い位置にあるので、本当に運動していない方などは難しいかもしれませんね。

■施設名称 DGヴァカンス村 ウッドアドベンチャー郡上

住所:岐阜県郡上市高鷲町鷲見2363-395郡上ヴァカンス村ホテル敷地内

料金:
大人 2,700円 中高生 2,200円 小学生 1,700円

ファミリー券
大人1名+中高生1名 4,500円  大人1名+小学生1名 4,000円

予約:要予約
利用条件:営業期間 2022年4月23日~2022年11月上旬
営業時間 午前9:00~午後5:00
受付時間 午前8:30~午後4:00
定休日 毎週水・木曜日(但し、夏休み期間中は無休)
※対象年齢 小学校3年生以上 かつ 身長110cm以上 となります。

4位 浜北森林アスレチック(静岡県)

2

地図> 公式ホームページ>

大自然の中にある上級者の方も楽しむことができる本格的なアスレチック施設です。
大人でも恐怖を感じるような難しい遊具もあり、体力が必要なのはもちろんのこと
バランス感覚もないとすべてクリアとはいきませんでした。

小さな子どもでも遊べる施設はあるのですが、
本格的なものが多いので小学校高学年のお子様ぐらいが最適かと思います。

テレビでみるサスケのようなクリアできる人がいるかな?と思わせるような難しそうな遊具がありました。

名物は人間ロープウェイ。昔ながらの正統派な遊具ですが、
人間がカゴみたいな入れ物に入り、自分の力でロープを引き寄せ前に進んでいくので大変体力が必要でした。

他にも施設は40箇所ほどありました。簡単に攻略できる遊具は少ないですが、
何度も頭をつかってクリアをする喜びを覚えました。

■施設名称 浜北森林アスレチック

住所:静岡県浜松市浜北区尾野2615-5

料金:
大人(高校生以上):¥900
小人(小・中学生):¥500
シニア(65歳以上):¥500

アスレチックセット券
大人(高校生以上):¥1,600
小人(小・中学生):¥1,250
シニア(65歳以上):¥1,250
【内容】アスレチック入場料+遊具3回券
(遊具とは・・・パターゴルフ or サイクルモノレール or ゴーカート ※組合せ自由)

予約:
ゴルフコースは2ヶ月前から予約可能

利用条件:
営業時間:9:00~18:00 (冬期は9:00~17:00)※営業時間に変更あり
平日はゴーカート・サイクルモノレールは休業(営業日もありますので事前にご確認ください)

スポンサーリンク

3位 かみいしづ緑の村公園(岐阜県)

3

地図> 公式ホームページ>

アスレチックだけではなく、バーベキューや釣り堀、体験教室など子どもたちが喜ぶ総合施設公園。
大自然豊かなところにある公園は、どれからやろうか迷ってしまうほど遊びがたくさんあります。
特に体を動かしたい子どもたちには、人気のアスレチックコースがオススメ。

岐阜県内の公園では珍しいアスレチックの施設。
大人350円、子ども250円で利用することができるので週末には多くの家族連れで賑わいます。

コストパフォーマンスが良いのですが、きちんと遊具のメンテナンスがされていたので
子どもを安心して遊ばせることができました。

子ども向けの遊具が多いので大人には少し物足りない感じもしますが、
子どもと一緒に遊ぶには十分かと思います。

■施設名称 大垣市かみいしづ緑の村公園

住所:岐阜県大垣市上石津町上多良前ケ瀬入会1-1

料金:無料施設と有料施設があります。
アスレチック
大人 350円
小中学生 250円
未就学児 無料
60歳以上 無料

釣り堀
竿1本&えさセット 520円

その他、テニスコート、グランドゴルフやBMXパークなどあり

予約:なし ※アクティビティにより予約可能

利用条件:
営業時間:9:00~17:00
定休日:年末年始(12/29~1/3)のみ

2位 海南こどもの国(愛知県)

4

地図> 公式ホームページ>

愛知県の中では最も大きいといっても過言ではない大きな公園です。
小学生たちが遠足でよく使う公園でもあります。

ここのアスレチックはすべて無料で利用することができ、
平日などは人が少なく思いっきり体を動かすことができます。遊具もシンプルな遊具が多く、
材質がゴムで軽く伸縮性が多かったりするものがあるので、弾ませて楽しむことができ大人も一緒に楽しめました。

変わった形のジャンプみたいなものがあり、
ただ単にジャンプして次の箱に飛び越えるというシンプルな遊びなのですが、子どもにしては怖いようです。

また、中央部分にあるメインの遊具は全部ロープの上を移動するような感じだったり、
縄を登ったりと全身運動になります。

また、アスレチックの定番であるターザンもあります。
スピードがあまり出ないので大人には物足りない感じがするかもしれませんが、
子どもと一緒に下ることができるスピードなので、大人は安心して遊ばせることができます。

また、子どもに一番人気なのはローラーの滑り台です。
かなり全長が長い滑り台が子どもに大人気で何度も滑りたくなるようなスリルが子どもにはあるそうです。

■施設名称 海南こどもの国

住所:愛知県弥富市鳥ヶ地町二反田1238
料金:無料
予約:なし
利用条件:開園時間 9:00~17:00

1位 四日市スポーツランド(三重県)

5

地図> 公式ホームページ>

何度もチャレンジしたくなるような魅力的なアスレチックコースがあるのがここ四日市スポーツランド。

新山中にある大自然のアスレチックコースは子どもだけではなく、
大人も楽しめるような本格的な遊具ばかり。ここの名物とも言えるのがスーパースライダー。
全長150メートルのコースを滑り降りる疾走感は他のアスレチック施設にはない特権です。

ここの売りは全長1.2キロメートル29ポイントもの木製遊具があることです。
この29ポイントを全部楽しもうと思うと一日中かかってしまうこと必須です。

休日などは多くの家族連れが訪れファミリーで遊ぶことができる施設なのだと感じることができました。

■施設名称 四日市スポーツランド

住所:三重県四日市市桜町9868

料金:
大型トリム(展望台):無料

アスレティックコース
大人(高校生以上):700円
小人(4才以上中学生以下):400円

スーパースライダー
大人(高校生以上)1人1回:300円
小人(小・中学生):100円
大人+幼児:200円

ローラースケート場 大人・小人共
靴貸出:1時間300円
靴持ち込み:1時間200円

ちびっ子プール
小人(0才~小学4年生)※ 引率者(高校生以上)は無料:1人300円

その他、サイクリングコースやデーキャンプ場などあり

予約:デーキャンプ場は予約あり

利用条件:
【3月〜10月】午前9時30分~午後5時(最終受付午後4時10分まで)
【11月〜2月】午前9時30分~午後4時30分(最終受付午後3時40分まで)
※アスレチックコース以外は遊具・コースの点検・調整のため12:00~13:00の間休止することがあります。
※スーパースライダー及びローラースケート場の平日の営業時間については、
午前の部が11:00~12:00、午後の部が13:00~14:30

定休日:毎週金曜日(祝日は営業、その場合は翌週月曜日が休業)
年末年始(12/29から1/3日)

 

最後に

みなさまいかがでしたでしょうか?
こんなにも本格的なアスレチック施設が東海地方には存在していたのですね。

近年では子どもの安全も考えられ、木製でできている遊具やゴムでできている遊具など
子どもが遊んでも安全な遊具ばかりでした。

どこの施設も本当に楽しく、料金も安いので毎週末行きたくなってしまうような施設ばかりです。
ぜひ、この記事を参考にしてアスレチックライフを楽しんじゃってくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。