【2020年】アフガニスタンの治安情勢まとめ!旅行者が注意すべき危険ポイント

アフガニスタンはイスラム国家でもあり、現在もなお、長引く紛争やテロ、誘拐や殺人事件なども増加しており、一般人でさえ犠牲になるなど、危険な治安状態が続く国として知られています。

その一方で、紛争などが勃発していない時は、アフガニスタンにも世界遺産として認定されているバーミヤン渓谷や、ブルーのタイルが貼られ、美しいブルーモスクなど、美しい光景を眺めることができるだけではなく、ハンデ・アミール湖はアフガニスタンでも美しい自然が残るエリアでもあり、観光地としても栄えています。

現在、アフガニスタンの治安は非常に危険な状況のため、渡航は控えるようにしてください。

今回は、紛争のないアフガニスタンへの旅が可能となった際の現地の治安状況や、現地で過ごす際の注意点、さらに女性が気を付けることなどを詳しく解説していきます。

 

世界治安ランキング152位のアフガニスタン

参考サイト:http://worldpopulationreview.com/

アメリカ雑誌『グローバル・ファイナンス』が発表した「世界で最も治安の良い国ランキング」によると、アフガニスタンは152位となっています。

結論:アフガニスタンは非常に危険

アフガニスタンは、世界の治安ランキング152位の国であり、タリバンなど反政府武装勢力による自爆テロや襲撃事件など多発していることから、非常に危険であると言えます。

そのため、アフガニスタンへの渡航は決して行ってはいけません。

外務省のデータも確認

参考サイト:外務省海外安全サイトホームページ

外務省のデータによると、現在、アフガニスタンには「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。」という避難勧告が発令されています。

そのため、どのような目的であっても、アフガニスタンへの渡航は止めてください。

なお、現在アフガニスタンに滞在している方は、忠地に安全なエリアへ退避するなど身の安全を最優先とした行動を取るようにしましょう。

現在、アフガニスタンは、とても治安状況が悪く、反政府武装勢力があらゆる攻撃を起こす可能性があります。

また、身代金を目的とした誘拐・殺人事件を繰り返していることから、私たち日本人をはじめ、外国人はアフガニスタンへ足を踏み入れることは避けるべきだと言えるでしょう。

もしも情勢を理解しておきながらアフガニスタンへ入国するようなことがあった場合、テロや誘拐のターゲットになってしまうなど、最悪の状況に陥る危険性もあります。

そのようなことを避けるためにも、アフガニスタンへの渡航はやめてください。

夜の一人歩きは大丈夫?

世界で最も危険な国の一つと言われるアフガニスタンは、昼夜問わず、外を出歩くことは非常に危険だと言われています。

エリアによって治安状況が落ち着いている観光スポットであっても、周囲の状況に目を配り、自身の安全を最優先とするためにも、夜の外出は避けるようにしましょう。

 

アフガニスタン旅行で最低限気をつけるべき点3つ

アフガニスタン旅行で最低注意すべきポイントを3つご紹介します。

  • 注意点①:パスポートのコピー
  • 注意点②:インターネット環境
  • 注意点③:言語の問題

それぞれ詳しく見ていきましょう。

注意点①:パスポートのコピー

アフガニスタン旅行で気を付けることは、パスポートのコピーを必ず持参しておくということです。

これは、スリやひったくり、置き引きなどの被害のに遭った場合、万一パスポートを盗まれてしまうと帰国できなくなってしまうことを防ぐためです。

アフガニスタンへ観光旅行に訪れる方は非常に多く、日本人もその中に入っています。

そのため、日本人が観光旅行する際も注意が必要な国だと言われています。

当然ながら毎日のように軽犯罪は起こっているため、あなたが軽犯罪の標的になる可能性もあります。

このように、安全な旅行を行うことができるよう、万一に備えパスポートのコピーは準備しておくようにしましょう。

 

注意点②:インターネット環境

海外旅行で重要なのがインターネット環境。

結論としては、アフガニスタンで移動中にスマホを使用するのであれば、ポケットWi-Fiをレンタルした方が便利です。

フリーWi-Fiは主要施設だけ飛んでいる

まず、空港やホテル、ショッピングモールや大型チェーンの飲食店ではフリーWi-Fiが飛んでいるので、それらの施設では無料でインターネットを使用することができます。

しかしそれ以外の場所ではフリーWi-Fiが飛んでいないことが多いので、移動中や街中ではなかなかネットに接続することができません。

仲間とはぐれる危険性がある

そのため、ポケットWi-Fiが無ければ以下のような不備が起こります。

  • スマホで地図を見ながら移動できない
  • 移動中に観光地など調べ物ができない
  • SNSに写真をアップロードできない

スマホが繋がらなければ最悪の場合、旅行仲間とはぐれる危険性があるので注意

なので一般的には、海外旅行専用のポケットWi-Fiを持って行きます。

Wi-Ho!(ワイホー)がおすすめ



旅行好きに人気なポケットWi-FiがWi-Ho!(ワイホー)です。

  • アフガニスタンであれば世界周遊タイプWi-Fi 1100円/日程度
  • 1つのWi-Fiを一緒に旅行に行く全員が使用することができる

このように、とにかくコスパが良いです。

デメリットといえば、当日に空港で借りると割引対象外となります

そのため、以下のキャンペーン専用ページから事前に予約しましょう。

>>Wi-Ho!(ワイホー)公式サイト

 

注意点③:言語の問題


旅行に行く際、現地の言葉を喋れないと何かと不便で不安ですよね。

日本では当たり前にできている会話ができないと、とてもストレスに感じ不慣れな海外なら尚一層です。

 

アフガニスタンの公用語はパシュトー語とダリー語です。

英語はアフガニスタンでは、主要観光スポット・空港やホテルでは通じることが多いです。

 

しかし、海外旅行中は予想もしていなかったトラブルが付き物です。

その理由を以下に簡単にまとめました。

公用語が話せないと困ってしまうこと

  1. 道に迷ってしまった
  2. レストランでの注文
  3. 交通機関が思うように利用できないとき
  4. 急な体調不良
  5. トラブル全般

これらで困ってしまう。

英語が話せない、現地の言葉に不安な人はポケトークがおすすめ


旅行が好きな方に、大人気でテレビでも話題になった「夢の通訳機」ポケトークです。

ポケトークを持っているメリットとは

  • 旅行中の不安やストレスから解放される
  • 現地の人とコミュニケーションが取れるので旅行が楽しくなる
  • 他の翻訳機と比べ、翻訳言語数が74ヶ国語と圧倒的に多い
  • 双方の翻訳が可能(日本語→英語、英語→日本語)
  • 翻訳の正確さが高い
  • Wi-Fi環境がなくても利用ができる

英語には、音声翻訳・テキスト翻訳の両方に対応していますので非常に便利です。

ポケトークさえ持っていれば

今まで海外旅行中に感じていた、不安やストレスが一切無くなります!

なので、精神的なストレスから解放されその分旅行が楽しめるのです。

ポケトーク公式サイト

 

アフガニスタン観光客を狙った主な犯罪事例と対策

ここではアフガニスタンの観光客を狙った犯罪事例と対策をご紹介します。

事例1.日本人旅行者殺害事件

2005年8月、アフガニスタンの南部、カンダハール県のパキスタン国境付近において、日本人旅行者の男女が殺害される事件が起こりました。

参考 : https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_041.html

対策:国境付近には近付かないこと

アフガニスタンは、隣国となる国境付近では特に、武装勢力による犯罪被害が相次いで起こっています。

決して近づくことのないよう十分に注意してください。

事例2.日本人NGO職員の誘拐・殺害事件

2008 年8月、アフガニスタン東部ナンガハール県ジャララバードで、日本人NGO職員が誘拐され、その後殺害されるという事件が起こりました。

参考 : https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_041.html

対策:武装勢力の標的となる施設に足を踏み入れない

アフガニスタンは非常に治安が不安定となっているため、武装勢力の標的となる国連関係施設や政府・治安機関施設などに足を踏み入れることのないようにしてください。

事例3.日本人ジャーナリストの誘拐・監禁事件

2010年4月、アフガニスタン北部クンドゥーズ県で、日本人ジャーナリストが誘拐され、その後5ヵ月に渡り監禁され、解放されるという事件が起こりました。

参考 : https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_041.html

対策:不要不急の外出は避けること

たとえ現地取材のために危険なエリアを訪れなければならない場合でも、決して武装勢力のターゲットとなるエリアに近付いてはいけません。

不要不急の外出は控えるようにしましょう。

 

日本人女性がアフガニスタン旅行で注意すべきポイント5つ

ここではアフガニスタンで女性が気をつけることを5つご紹介します。

1.武装勢力のターゲットになる施設に足を踏み入れない

アフガニスタンでは、武装勢力のターゲットになり得る施設に足を踏み入れないようにしましょう。

アフガニスタンでは、政府関係の場所、また、大使館などは特に武装勢力のターゲットになっています。

そのエリアを訪れることでテロなどの事件に巻き込まれる可能性が高くなります。

そのため、自身の身の安全を考慮し、危険を犯すようなエリアには決して立ち入ることのないよう十分に注意してください。

また、アフガニスタンの軍も武装勢力に狙われていることから、興味本位で軍に近付くようなことは避けるようにしましょう。

2.防弾車を利用して移動する

アフガニスタンでは、街で襲撃される可能性があるため、周囲の状況をよく把握しておくことが大切です。

これは、アフガニスタンを歩くことなどは大変危険な上、車で移動しても襲撃され殺害されることがあるためです。

少しでも安全な移動を行うために、移動の際は必ず防弾車を使用してください。

できる限りの安全に配慮しても、アフガニスタンは大変危険な国のため、安全な渡航及び観光ができるとは言い切れません。

3.地雷に注意

アフガニスタンには、あらゆる場所に地雷が埋められている大変危険なエリアがあるため、早朝や夜間の暗がりの中はより危険性が高くなるため、外出は控えてください。

とは言え、日中の明るい間でも足元のどこに地雷が埋まっているか誰にも分かりません。

そのため、現地を訪れることができた際は、常に危険と隣り合わせの状態であることを理解し、現地で過ごすようにしてください。

4.誘拐に注意

アフガニスタンでは誘拐に注意しましょう。

アフガニスタンでは、朝や夜の暗がりとなる時間帯は武装勢力による誘拐事件が多発しています。

また、人のいない時間帯は特に事件が勃発しやすいことから、命の危険に迫られる恐れがあります。

そのため、朝や夜に一人で外を出歩くようなことは決して行わないよう注意してください。

少しならという軽い気持ちも持つべきではありません。

どれだけ注意を払っていても、誘拐事件に巻き込まれる可能性が高いため、身の安全を最優先とした行動を心掛けるようにしましょう。

5.外出時は自分の行き先を告げておく

アフガニスタンで外出をする際は、身内や友人など、自分の行き先を必ず告げておくことが大切です。

これは、あなたが誘拐事件に巻き込まれる可能性があるためです。

誘拐に留まらず、殺害され命を落とす危険性も考えられます。

このようなことから、あなたがいつ、どこで何をするか明確な情報を伝えてから外出するようにしましょう。

 

子連れ旅行者がアフガニスタンで注意すべきポイント

アフガニスタンの社会情勢は非常に不安定かつ、治安状況は劣悪な状態であると言えます。

そのため、本来、大人のみならず子供さえもアフガニスタンを訪れるべきではありません。

しかし、アフガニスタンにも観光スポットがあります。

それは、世界遺産として登録されている美しい絶景とも言えるバーミヤン渓谷や、とても美しいブルーモスク、そしてハンデ・アミール湖はアフガニスタンの中でも特に観光でおすすめしたい素晴らしい自然が残るエリアです。

アフガニスタンの治安状況が落ち着いている場合はこれらの観光地を訪れることもできるでしょう。

その際も、タイトなスケジュールではなく、時間に余裕を持たせ、さらに安全に配慮した旅行計画を立てるようにしましょう。

 

その他アフガニスタン観光で注意すべきポイント

ここでは、その他アフガニスタン観光で注意すべきポイントについてご紹介します。

海外旅行保険に加入しておく

海外旅行保険とは

アフガニスタン旅行で気をつけることは、海外旅行保険に加入して滞在するようにするということです。

これは、旅行中にアクシデントに見舞われる、病気やケガをしてしまうなど、医療処置を受けなければならなかった場合に、海外旅行保険に加入しておけば、そのようなトラブルに対して金銭的な補償以外に、日本語によるサポートを受けることができるため、安心して旅行を楽しむことができます。

おすすめはエポスカード【年会費無料】

アフガニスタン旅行で気をつけることは、海外旅行保険に加入し、その際、年会費無料のエポスカードを作成しておくと安心です。

エポスカードは海外旅行保険として必要性が高いと言われる疾病の他、携行品の損害を補償してくれるカードです。

特に医療行為においては最高270万円まで保険金の支払い対象となり、最長90日間の補償を受けることができます。

海外旅行へ行かれる際は、年会費無料のエポスカードがおすすめですよ。
>>エポスカード公式サイト

 

カメラは盗まれるリスクが最も高い

海外旅行では、一眼レフやGoProなど高級カメラを持ち歩くのは非常に危険です。

理由は、スリやひったくりに合う危険性が高まるからです。

実際に外務省が公開している海外邦人援護統計によると、渡航者のトラブルで最も多いのは窃盗被害。その中でも、盗まれやすいものの代表格がカメラです。

カメラが狙われる理由は、”軽量なので盗った後の逃走が簡単だから”です。

レンタルカメラが人気

そのため近年では、レンタルカメラを利用する渡航者が増えています。

こちらのRentry(レントリー)では、人気のGoProや水中カメラなど、品揃えも豊富です。

Rentryを利用すれば、わざわざカメラを購入する必要もなく、万が一盗まれても保険で対応してもらえるため安心ですね。

>>Rentry(レントリー)公式サイトはこちら

 

リュック

アフガニスタン旅行では、貴重品の管理に十分注意してください。

これは、アフガニスタンの治安状況が安定している際は、アフガニスタンにある観光地において、スリやひったくりなどの被害が起こるためです。

その際、貴重品がすべて盗まれてしまうことのないよう、いくつかに分散させ、ファスナーの付いたリュックなどを活用し、貴重品を管理するようにしましょう。

特にパスポートの紛失には注意してください。

ホテル

アフガニスタンで宿泊するホテルは、ランクが上位のホテルを予約するようにしましょう。

これは、少しでもセキュリティの高いホテルが安全であると言えるからです。

しかし、近年、高級ホテルに位置付けられているホテルでさえ、武装集団に襲撃されたために、観光客や外国人など、18人もの犠牲者が出るなど、すさまじい治安状況となっています。

このようなことから、セキュリティの高いホテルを選ぶこと、また、どんなに高級ホテルであっても、襲撃の恐れがあることを踏まえ、アフガニスタンを訪れるようにしてください。

クラブ

アフガニスタン旅行では、夜の外出については避けるようにしてください。

これは、誘拐や殺人事件に巻き込まれるだけではなく、襲撃やテロの被害者になる可能性が高くなるためです。

そのため、夜遊びスポットを訪れるなどということはもってのほかです。

アフガニスタンを旅行する際は、治安が安定していることが確認できた場合に留め、現在の危険度から考慮すると、渡航すべきではありません。

地下鉄

アフガニスタンにはウズベキスタンとアフガニスタン北部のマザーリシャリーフを結ぶ鉄道があります。

アフガニスタンでは地下鉄ではなく地上を走る鉄道のみ運行しています。

その鉄道を利用する場合も、自身の周囲で起こり得る危険な状況を把握し、常に身の安全を最優先とした行動をとることが大切です。

また、鉄道の車内であっても、安全面において気を抜いてはいけません。

常に自身の手荷物の管理にも十分注意し、スリなどの被害に遭わないよう気を付けましょう。

タクシー

アフガニスタンでタクシーを利用する際は、目的地へ安全に移動できるか確認してから利用するようにしましょう。

これは、タクシーの運転手がすべて信頼できる人であるとは言い切れないためです。

中には誘拐されるなど、命の危険に迫られる可能性があると言えます。

そのため、タクシー利用時は安全に利用可能であるかを見極めた上で、かつ、目的に応じて利用可能であるかを確認してから利用するようにしましょう。

 

まとめ

今回は、紛争のないアフガニスタンへの旅が可能となった際の現地の治安状況や、現地で過ごす際の注意点、さらに女性が気を付けることなどを詳しく解説しました。

いかがでしたでしょうか?

アフガニスタンは非常に社会情勢が悪化していることから治安が悪く、そして危機的危険な状況にあると言えます。そのため、現段階でのアフガニスタン旅行は計画すべきではありません。

なお、アフガニスタンの治安状況が落ち着いている場合は、数々の観光スポットを訪れることをおすすめします。

いずれにしても、現状において、アフガニスタンへの渡航は決して行わないよう十分注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です