韓国旅行の持ち物・必需品チェックリスト【2019年度版】

待ちに待った韓国旅行!韓国グルメを楽しんで、韓国コスメを買って、あれもこれも見に行きたいし、あれもこれも買いたい!と気分が上がっているのではないでしょうか?

でもちょっと待ってください。

韓国旅行の荷物はきちんと揃っていますか?海外旅行で忘れ物をしてしまってテンションが下がってしまうなんて嫌ですよね。

そこで今回は、韓国旅行に必要なものや、飛行機内で使用するもの、電子機器類などの情報など、韓国旅行に関するお役立ち情報をご紹介していきます。

韓国旅行に行く際はぜひチェックしてみてください。

韓国旅行の持ち物・必需品リスト

韓国に旅行に行く際の持ち物は大きく分けて3つ。

「絶対に忘れてはいけないもの」「電子機器類」「飛行機の中で使うもの」です。

これらをさらに細かく分けると以下の9つになります。

  1. 必需品
  2. 飛行機内で使用する物
  3. 電子機器類
  4. 日用品・洗面用具
  5. バッグ・収納
  6. 男性用の持ち物
  7. 女性用の持ち物
  8. 子連れ用の持ち物
  9. その他

チェックリストでは優先度によって★の数で分けています。

・★☆☆☆ ほとんどの場合不要
・★★☆☆ 持っていくと便利
・★★★☆ 持っていった方が良い
・★★★★ 必須

星の数で自分にとって必要かそうでないかの判断もできるので、ぜひ参考にしてくださいね。

チェックリスト

それでは、さっそく韓国旅行に必要なものをチェックリスト形式で確認していきます。

品名をタップすると解説文へスクロールしますので、各品をチェックしてください。

必需品
パスポート ★★★★ 入国時3ヵ月以上必要
パスポートのコピー ★★★★ パスポートを紛失した時のために
航空券(eチケットお客様控え) ★★★★ ネット上のデータだけでなく、万が一の時のために紙ベースでも持っておくと安心
現金 ★★★★ 韓国の鉄道ではクレジットカードを使うことができないので、現金は必須
クレジットカード ★★★★ クレジットカード決済は現金よりもお得
海外旅行保険の書類 ★★★★ いざという時のために、どこに電話したら良いのか連絡先を把握しておくこと
飛行機内で使用する物
ボールペン ★★★★ 出入国カードを記入するのに必須。いざという時のために数本用意しておくと便利
マスク ★★★☆ 飛行機内の湿度は20%以下。風邪を引かないためにもマスクは持って行った方が良い
旅行マクラ ★★☆☆ 旅行マクラをすることで、首への負担が少なくなる
アイマスク ★★☆☆ 飛行機の中でぐっすり眠りたい人におすすめ
耳栓 ★★☆☆ 防音対策だけでなく、気圧対策にも効果あり
電子機器類
SIMフリー携帯もしくはWi-Fiルーター ★★★★ SIMフリー携帯なら、韓国でSIMカードを購入して差し込めば、携帯が利用できる
変換用プラグ ★★★★ 韓国は「C型」「SE型」というコンセントの形状なので、それに対応する変換用プラグが必要
モバイルバッテリー ★★★☆ モバイルバッテリーならコンセントがない外出先でも充電ができる
タブレット機器 ★★★☆ タブレットは持ち運びしやすく、バッテリーも長持ちしやすい
変圧器 ★★☆☆ 220Vに非対応の電子機器を持って行く場合に必要
電源タップ ★★☆☆ ホテルはコンセントが少ないので電源タップがあると便利
音声翻訳機(ili) ★★☆☆ 韓国語や英語が苦手な人は持って行くと◎
日用品・洗面用具
洗顔料 ★★★★ 肌が荒れやすい人はいつも使っているものを持って行くのがおすすめ
シャンプー、リンス ★★★★ 髪がギシギシになるのが嫌な人は持って行くのがおすすめ
日焼け止め ★★★★ 紫外線対策に
虫除けスプレー ★★★★ 荷物にならない少量タイプがおすすめ
歯ブラシ ★★★☆ ホテルにない場合もある
くし、ブラシ ★★★☆ ホテルにない場合もある
綿棒 ★★★☆ ホテルにない場合もある
爪切り ★★★☆ 携帯用の小型タイプがおすすめ
ハンカチ ★★★☆ 小さめのものと大きめのものがあると便利
ハンドタオル ★★★☆ 小さめのものと大きめのものがあると便利
ポケットティッシュ ★★★★ 手荷物にもスーツケースにも入れておく
ウェットティッシュ(除菌ティッシュ) ★★★★ 携帯用の小型タイプがおすすめ
バンドエイド ★★★★ 小さいサイズと大きいサイズがあると便利
バッグ・収納
スーツケース ★★★★ バッグは10ℓ/1日分
南京錠 ★★★☆ 盗難対策に
エコバッグ ★★☆☆ 荷物が増えた時のために
小さなバッグ ★★☆☆ ちょっとしたお出かけに便利
衣類圧縮袋 ★★★☆ かさばる荷物を減らすことができる
ジップロック ★★★☆ 荷物を小分けして整理できる
ビニール袋 ★★★☆ ゴミ箱がないところでゴミ袋があると便利
男性用の持ち物
カミソリ ★★☆☆ 刃体4センチ以下のもの
シェービングクリーム ★★☆☆ 機内には100ml以下のものしか持ち込めない
女性用の持ち物
生理用品(パンティーライナー) ★★★★ 韓国で慌てないように日本から持っていくのがベター
ワンピース ★★☆☆ 楽に着れて動きやすいのでおすすめ
ストール ★★★☆ 寒いときに簡単につけられるので便利
ブラトップキャミソール ★★☆☆ 荷物が減るので便利、動きやすい
ペタンコ靴サンダル ★★★☆ 観光の際はペタンコ靴がおすすめ。サンダルはコンビニなどの買い物にも
化粧品 ★★★☆ オールインワンファンデーションが便利
ヘアアイロン ★★☆☆ 小型のものがおすすめ
ヘアゴムクリップ ★★★☆ 食事をするときなどに髪を留められるので便利
ヘアスプレー類 ★★☆☆ ジップロックに入れて預け入れ荷物に入れればOKだが没取される可能性もあり
コンパクトミラー ★★★☆ 小さめのものがおすすめ
子供連れ用の持ち物
オムツ ★★★★ 韓国のもので肌がかぶれるかもしれないので、普段から使っているものを持って行こう
ミルク ★★★★ 制限なく持ち込むことができるが、大量の場合は没収されることも
ベビーシャンプー、リンス ★★★★ 100mlの容器に移し替える必要あり
子供用のスプーン、フォーク ★★★★ 子どもの食事用に
飛行機の気圧対策グッズ ★★★☆ 耳栓など。気圧対策の耳栓は1000円程度。
おもちゃ、絵本 ★★★☆ 子どもが飛行機の中で飽きないように
お気に入りのお菓子・食べ物 ★★★☆ 子どもが飛行機の中で食べれるように
クスリ ★★★☆ 常備薬があれば持って行こう
子供用の虫除けスプレー ★★★☆ ジップロックに入れる必要あり
予備の靴・ビーチサンダル ★★☆☆ 靴を無くした時のために
長袖 ★★☆☆ 寒いときに長袖があると便利
その他
ガイドブック ★★★★ 韓国観光には必須アイテム
自撮り棒 ★★★☆ 自撮りをしたい人はぜひ
常備薬 ★★★★ 常備薬は必ず持って行こう
財布 ★★★★ いらないものは置いて行く
折りたたみ傘 ★★☆☆ なるべくかさばらないものがベター
サングラス ★★★☆ 紫外線対策に
ドリンクホルダー ★★★☆ ドリンクを肩から下げられて便利
携帯スリッパ ★★★☆ ちょっとした時に履けて便利
割り箸 ★★☆☆ 外でお箸を落としてしまった時などに
使い捨てコンタクトレンズ ★★★☆ 使い捨てだと洗浄液を持っていかなくて良いので便利
ガムテープ ★★☆☆ 収納や修理にも
ドライヤー ★★☆☆ ホテルにドライヤーがない場合もある

必需品

これらがないと韓国旅行で食事ができなかったり、トラブルに見舞われてしまったり、最悪の場合、韓国に行けない、韓国から帰ってこれない、という事態にもなりかねません。

韓国旅行に行く前に絶対に確認して、韓国についてからもなくさないように気をつけておきましょう。

パスポート

パスポートは韓国だけでなく、海外旅行全般において一番忘れてはいけない必需品です。

万が一パスポートをなくしてしまった時のために、パスポート番号は控えておいた方が良いでしょう。

では万が一韓国でパスポートをなくしてしまった時はどうしたら良いのでしょうか?韓国でパスポートをなくしてしまったら、まずは現地の警察署に行きましょう。

もし旅行代理店を通して韓国に言っている場合は旅行代理店のサポートセンターに電話してもOKです。

警察に行った後は韓国の日本大使館に行って「紛失一般旅券等届出書」を提出します。

この申請は本人でないとできませんので、必ず本人が大使館に行くようにしてくださいね。

大使館に行けば新規パスポートを申請したり、渡航書の申請ができます。

パスポートのコピー

紛失後の対策の一つとして、パスポートのコピーを取っておくようにしましょう。

コピーをするページは顔写真が写っているページです。

パスポートは入国と出国の際だけでなく、韓国でお酒やタバコを買う時にも必要です。

パスポートを持ち歩いて見せていても良いのですが、盗難や紛失のリスクが高まりますので、そんな時はコピーを提示するようにしましょう。

韓国のコンビニにはコピー機が置かれておらず、コピーをすぐに取ることができません。

日本からコピーを持って行くのが良いでしょう。

航空券(eチケットお客様控え)

航空券も絶対に忘れては行けません。

また、eチケットとは航空券の一つで、航空券がWeb上に保管されています。

データーベースとなっていますので、紛失の必要がないというメリットがあります。

飛行機に乗る際はもちろんのこと、予約内容の年功や払い戻しの際にも必要になりますので、必ず確認しておきましょう。

現金

韓国に現金しか使えない場所もあります。

現金はすぐに支払えて便利な側面もありますが、現金を大量に持っていると強盗やスリに遭う可能性が高くなるというデメリットもあります。

日本円をウォンに変える場合、一番お得に両替できるのは、ウリ銀行か明洞などの両替場です。

日本の空港で両替するのは手数料が高くもったいないので韓国についてから両替するのがおすすめです。

クレジットカード

実は韓国はクレジットカードの利用率が日本よりも高いです。

コンビニやスーパーなど、いたるところでクレジットカードが利用でき、両替するときのように手数料を取られることがありませんので、かなりお得になります。

例えば、海外旅行保険に加入している場合、現金が盗まれても補償はされませんが、クレジットカードが盗まれた時は、保険により補償されます。

万が一、クレジットカードが盗難に遭って、不正使用されたとしても、その料金を支払う義務はありません。

海外旅行保険の書類

海外旅行保険に加入すると海外旅行保険の加入を証明する保険証券を受け取ることができます。

できればこの保険証券は原本を持ち歩くのがベター。

もし原本を持ち歩くのが恐ければコピーでも大丈夫です。

ちなみに海外旅行保険の保険金を請求する時は、必ずしも保険証券の原本がなければいけないわけではありません。

コピーを持ち歩くか、保険証券番号を控えておけば保険料の請求ができますので、覚えておきましょう。

飛行機内で使用する物

ボールペン

ボールペンは出入国カードを書くために必要です。色は黒か青があればOK。

インクがないと意味がありませんので、予備で何本か持って行った方が良いでしょう。

ちなみにボールペンを忘れてしまった場合は、飛行機内や空港内で借りることができますので、ご安心を。

旅行マクラ

旅行マクラとは、飛行機の中で使う首に当てる枕のことです。

別名「ネックピロー」とも言います。

飛行機は長時間座った姿勢でいますので、首にも負担がかかっています。

旅行マクラを使えば、首を安定させて眠ることができますので首への負担も少なくなり、ぐっすり眠ることができます。

アイマスク

飛行機の中でぐっすり眠りたい人はアイマスクを持っていきましょう。

普通の光を遮断するタイプのアイマスクでもOKですし、目にかぶせると蒸気で暖かくなるような使い捨てアイマスクもおすすめです。

飛行機の中でリラックスして過ごすことができますよ。

耳栓

海外旅行における耳栓には2つの役割があります。

1つは飛行機が飛び立つ時、着陸するときに耳が痛くならないような気圧対策としての役割。

もう1つは飛行機のエンジン音から耳を守る役割です。

耳栓をすれば耳が痛くなるのを防ぐこともできますし、飛行中も静かに過ごすことができます。

マスク

実は飛行機内の湿度は低く、20%以下と言われています。

そのため喉が乾燥し痛くなったりイガイガしてしまうことも。

そんなときマスクが役に立ちます。

特に乾燥が気になる人は濡れマスクを持参するのもおすすめです。同時に飴を舐めるとさらに◎です。

もちろん街中で風邪対策にマスクをしてもOKですよ。

電子機器類

韓国の電子機器はプラグの形状が日本と異なりますので、変圧プラグは必ず必要です。

日本の電化製品の電圧は100Vとなっていますが、韓国の電圧は220Vが主流です。

ものによっては100Vの製品もあります。

ここでは、韓国旅行に持っていくと便利な電子機器についてご紹介します。

SIMフリー携帯もしくはWi-Fiルーター

SIMフリー携帯

韓国でデータ通信をするには、日本の携帯を海外でそのまま使う方法、韓国の回線が契約されている携帯をレンタルする方法、などいろいろな方法がありますが、韓国での通信料を一番安く抑えたければ、SIMフリー携帯にSIMカードを取り付けるのが一番です。

SIMフリー携帯はプリペイド式なので、使った分しか料金がかからず、経済的です。

Wi-Fiルーター

WiFiルーターを持てば韓国などの海外に行っても、インターネットに接続することができます。

日本の携帯をそのまま使うこともできますが、料金が高くなりますので、ポケットWiFiルーターを持ち歩く方が安く済みます。

WiFiルーターは電波が入るところならどこでも使うことができ、専用回線を使っているのでセキュリティ面でも安心です。

変換用プラグ

韓国と日本では電圧も同じでなければ、コンセントの形も違います。

日本のコンセントの形の電化製品を韓国でも使うには、韓国のコンセントの形に変換してくれる変換用プラグを持参する必要があります。

最近では変換用プラグは100円ショップでも買えるようになっています。

韓国のコンセントは「Cタイプ」が主流ですので、Cタイプの変換用プラグを購入してください。

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーとは電池式の充電器のこと。

携帯電話の充電がコンセントのない場所で切れてしまったときに、電池で携帯電話を充電することができる便利なアイテムです。

ただし、電池はリチウムイオンでできており、多くの航空会社はこのリチウムイオンの機内、預け入れ荷物への持ち込みに制限をかけています。

ただし、モバイルバッテリーの中でもリチウムイオンでなくニッケル水素電池を内蔵しているものもあり、ニッケル水素電池の場合は制限なく持ち込むことができます。

タブレット機器

タブレット機器は高機能なのに軽くて持ち運びに便利。

道に迷った時の地図アプリの使用、別行動の友人への連絡、人気のお店の情報を検索など、タブレット1台でいろいろな活用法があります。

もちろんSNSの発信もタブレットでできますので、韓国に持っていくと重宝するでしょう。

変圧器

先ほども少し書きましたが、日本のプラグの電圧は、日本の電化製品の電圧は100Vとなっていますが、韓国の電圧は220Vが主流です。

ドライヤーやなど、消費電力が大きいものは変圧器を使って電圧の変換を行わないと発熱したり発火したりする場合がありますので注意が必要です。

現代ではスマホやパソコンなどは全世界の電圧に対応したのもが多いですが、ドライヤーなど電力を大量に消費するものは必ず変圧器を使うようにしましょう。

電源タップ

電源タップとはいわゆる延長コードのこと。

一つのタップにいくつかのプラグがついており、一度にたくさんの電子機器を使うことができます。

韓国のホテルはコンセントが少ないところも多いですし、延長コードがあればコードが短くてもより遠くまで届きますので、電源タップを1つ持っていくと便利ですよ。

音声翻訳機(ili)

音声翻訳機iliはインターネット回線を介することなく使用することができる携帯用の音声翻訳機です。

音声翻訳機iliは英語、韓国語、中国語に対応。瞬時に翻訳する言語の切り替えができますのでとっても便利。

重さはたったの42グラムで、翻訳スピードは0.2秒なので韓国でのコミュニケーションにも困りません。

音声翻訳機iliは特に旅行で使う語彙に長けていますので、旅行で使う自然な韓国語に翻訳してもらえますよ。

日用品・洗面用具

洗顔料

韓国のホテルには洗顔料がアメニティに含まれていないところもありますので、普段使っているものを日本から持っていくのがおすすめです。

もちろん韓国で洗顔料を買うこともできますが、どこで買ったらいいのか分からなかったり、肌に合わない可能性も。

洗顔料は日本から持って行った方が楽です。

シャンプー、リンス

洗顔料と同じく、韓国のホテルにはシャンプーとリンスが備え付けられていないところもあります。

ホテルに置いてあったとしても、髪に合わなくて髪がギシギシになる、なんてことも。

せっかくの韓国旅行で髪がギシギシだとテンションが下がりますよね。

心配な人はシャンプーとリンスを持って行きましょう。

機内に持ち込む際は100mlの容器に入れて、その容器をジップロックなどの袋に入れるのがルールです。

日焼け止め

日焼け止めは紫外線対策として持っていきましょう。

紫外線は夏だけでなく冬でも降り注いでいますし、紫外線を浴び続けるとそばかすやシミ、小じわの原因となってしまいます。

ちょっと外に行くときでも、日焼け止めだけは塗っておいた方が良いでしょう。

虫除けスプレー

虫除けスプレーは100ml以下の容器に入れて、透明のジップロックに入れれば、機内に持ち込むことができます。

子ども用の虫除けスプレーもありますので、お子さんには子ども用のものがおすすめ。

特に森や公園など自然があるところに行くときは虫除けスプレーをするようにしましょう。

歯ブラシ

ホテルによってはアメニティに歯ブラシがなかったり、使いづらい場合があります。

いつも使っているタイプのものを持っていけば、歯ブラシがなかった時や落としてしまったときに使うことができて便利です。

歯磨き粉とセットになっているものを持って行くと出先でも歯磨きができて便利ですよ。

くし、ブラシ

くしやブラシがホテルのアメニティにない場合もあります。

くしもブラシも折りたたみタイプのものがありますので、折りたたみタイプのものの方が場所をとりません。

忘れてしまった場合は、韓国は日本よりも物価が安いので現地で買っても良いでしょう。

綿棒

ほとんどの場合韓国のホテルに綿棒は備わっていません。

韓国で調達できたとしても、すぐに折れてしまったりと品質は期待できないのです。

そのため綿棒を日常的に使っている人は日本から持って行くのが無難です。

綿棒は、耳掃除だけでなくメイクの際も使うことができます。

爪切り

韓国で深爪などをしてしまった場合に、すぐに爪切りを買うことができる訳ではありません。

爪切りを1つポーチに入れておくと、いざという時に便利です。

日本のクリッパー型爪切りは機内の持ち込みもできますし、ニッパー型の爪切りも預入荷物には持ち込むことができます。

ハンカチ

ハンカチは韓国でも調達することができますが、数枚は持って行った方が良いでしょう。

もちろん手や汗を吹く時だけでなく、怪我をした時の応急処置や、暑い時に冷やして当てるなど、色々な使い方ができて便利です。

ハンドタオル

ハンカチと同じようにハンドタオルも1枚あると万里です。

汗を拭いたり首に巻いたりもできますし、何かをこぼした時などに拭くこともできます。

ハンカチよりも面積が大きく分厚いですので、1枚あれば大丈夫です。

ポケットティッシュ

ポケットティッシュは何個か持って行った方が良いでしょう。

特に風邪を引いている人やアレルギーがある人は、機内荷物と預入荷物の両方に入れておくのがおすすめです。

また、韓国のティッシュは固く皮膚が荒れてしまうことがあります。

買うのも勿体無いですので必要な人は持っていきましょう。

ウェットティッシュ(除菌ティッシュ)

ウェットティッシュは海外旅行の必需品です。

汗をかいた時、不衛生なトイレの便座拭きに、食事前に手を拭いたり、トイレに入った後の消毒に、スマホを拭いたりと色々な場面で活躍します。

また、ウェットティッシュは液体でないのできないに持ち込むこともできます。

トイレに流せるタイプのウェットティッシュもありますので、ぜひチェックしてみてください。

バンドエイド

怪我をした時のためにバンドエイドは数枚持っていきましょう。

小さいもの、大きいもの、できれば色々なサイズを持って行くと重宝します。

できればウォータープルーフのタイプのものを持って行くと、水にさらしても剥がれないので便利ですよ。

バッグ・収納

続いてはバッグ・収納類の持ち物について解説していきましょう。

スーツケース

スーツケースにはハードケースのものとソフトケースのものがあります。

大きさは30リットル〜100リットルまで様々。基本的にスーツケースは宿泊数で大きさを選びます。

目安は韓国旅行2泊3日で30リットル〜40リットルでOK。

韓国でたくさんお土産を買いたいのなら、60リットルなら持ち運びやすく、さらに大容量なのでおすすめです。

南京錠

防犯のためにスーツケースには南京錠をかけましょう。

南京錠は100円ショップでも買うことができますし、ネットでも購入できます。

南京錠は、鍵タイプとダイヤルタイプがありますが、鍵タイプですと鍵をなくしてしまった時に自分でもスーツケースを開けることができなくなってしまいますので、ダイヤル式が良いでしょう。

エコバッグ

エコバッグを一つ持って行くと、韓国で買い物をした際にもサッと使うことができて便利。

エコバッグは普段は折りたたんで収納できるので、場所もとりません。

また、韓国の大型スーパーではレジ袋は有料ですので、エコバッグがあれば買った商品を入れることができます。

小さなバッグ

韓国観光の際に持ち歩くバッグは必需品ですが、どんなバッグを持ち歩いたら良いのでしょうか。

ズバリ、バッグはショルダーバッグがおすすめです。

肩にかけるので両手が空きますし、治安が心配な場所ではバッグを前に持ってこれるのでセキュリティー面でも安心です。

リュックでもOKですが、セキュリティが心配なようでしたら前にぶら下げて持ち歩きましょう。

衣類圧縮袋

圧縮袋はかさばる荷物を小さく収納することができます。

ホームセンターなどで売っていますし、100円ショップでも買うことができますよ。

圧縮袋を使うと面積がかなり小さくなりますので、数枚持って行くと便利です。

ジップロック

ジップロックは機内に液体を持ち込む際に使ったり、爪切りやバンドエイドなどの小物をしまったりと、色々な使い方ができます。

きちんと蓋ができますし、袋も丈夫なので数枚持って行くと良いでしょう。

ビニール袋

ビニール袋は、ゴミ箱がないところでゴミを入れたり、急に雨が降ってきた時に、ちょっとした雨具の代わりにもなります。

特に韓国ではビニール袋はスーパーでも有料ですので、日本から数枚持って行くと無駄な出費を抑えることができますよ。

男性用の持ち物

カミソリ

カミソリの飛行機の機内持ち込みについては、航空会社によって設けている規定が違います。

一般的に刃の長さが4センチ以下のT字カミソリは機内持ち込みができる場合が多いですが、預入荷物に入れてしまうのが安心です。

ちなみに電気シェーバーの場合ですと、問題なく機内に持ち込むことができます。

シェービングクリーム

シェービングクリームは機内に持ち込むことができませんので、預入の荷物に入れましょう。

どうしても機内に持ち込みたい場合は、100ml以下の容器に入れ替えてジップロックに入れれば持ち込むことができます。

女性用の持ち物

続いては女性の持ち物について詳しくみていきましょう。

生理用品(パンティーライナー)

生理用品は必需品です。

韓国でも生理用品や生理痛薬は買うことができますが、すぐに買えるか分かりませんので、日本から持って行くのが良いでしょう。

韓国のコンビニでは3個入りの少量ナプキンが売られています。

また、もし韓国の夜曲で買うなら「シークレットデイ」がおすすめ。見た目も可愛いですし、安全性も保証されています。

ワンピース

ワンピースはサッと切られて動きやすい、海外旅行のおすすめアイテムです。

肌寒い場合はタイツを履いたり上からカーディガンを羽織ったりして体温調節を行いましょう。

ストール

韓国の冬は厳しく、秋でも日本の冬並みに寒くなります。

夏に韓国に行く人も、お店によっては冷房がきついところがありますので、ストールがあると体温調節ができて便利です。

キャミソール

キャミソールは着回しもしやすく海外旅行に重宝しますが、キャミソール1枚で外を歩くのはあまりおすすめしません。

やはり露出が高い服装をしていると、軽く見られてしまい、良い印象を与えないからです。

キャミソールの上に何か羽織ったり、上からTシャツやトレーナーを切るなど露出は控えた方が良いでしょう。

サンダル

サンダルを持って行くと、コンビニに行く時、ホテルのロビーまで、などちょっとした場面で履くことができて便利です。

サンダルはヒールのないものがおすすめ。

ウォータープルーフタイプのものですと、雨に濡れたりしても大丈夫なので安心です。

化粧品

化粧品はマストアイテムです。

韓国はコスメ大国で、もちろん化粧品を買うことができますが、肌に合わず肌荒れしてしまう可能性もあります。

せっかくの韓国旅行、肌荒れした状態で写真を撮るのは嫌ですよね。

いつも使っているメーカーのものを一通り持って行くと安心です。

ヘアアイロン

ヘアアイロンを持って行くときは、電圧をよく確認してから持っていきましょう。

韓国の電圧に対応していないものだと、発火してしまう恐れもあります。

また、コンセント式のヘアアイロンの場合、韓国のコンセントタイプはC型になりますので、変換用プラグも忘れないようにしましょう。

ヘアゴム

ヘアゴムは普段髪を縛ったり、食事をする時に髪をまとめたりするのに使います。

また、かさばる荷物をまとめたりと輪ゴム的にも使うことができますので、ポーチにいくつか入れておきましょう。

ヘアスプレー類

ヘアスプレーは飛行機内に持ち込むことはできませんが、預入荷物の中に入れれば韓国にも持って行くことができます。

機内に持ち込もうとすると没取されてしまいますので、注意してくださいね。

コンパクトミラー

コンパクトミラーは、持ち運びのできる小さいものがおすすめです。

折りたたみ式のミラーだと、ミラーが割れる心配がありませんので安心です。

子供連れ用の持ち物

オムツ

オムツは一般的に現地調達した方が楽!という意見もありますが、素材が合わずにかぶれてしまったり、サイズが合わなかったりといったトラブルが考えられます。

2泊3日ぐらいならオムツは持っていった方が安心でしょう。

だいたい1日8枚〜15枚ほどだと思いますので、30枚ほどあれば大丈夫です。

行きは場所をとりますが、帰りはその分のスペースが空きますので、お土産を入れることができますよ。

ミルク

ミルクは機内に持ち込むことができます。

航空会社によっては、機内でミルクを作ってもらえたり、ミルクを作るためのお湯をもらうこともできますよ。

預入荷物にも問題なく入れることができます。

ベビーシャンプー、リンス

赤ちゃん用のベビーシャンプーとリンスは、100ml以下の場合、ジップロックに入れて機内に持ち込めますし、100ml以上の場合は預入荷物に入れましょう。

韓国ですぐに赤ちゃん用のシャンプーを見つけるのは難しいですので、使い慣れているものを持ち込むようにしましょう。

子供用のスプーン、フォーク

子供用のスプーンとフォークは旅先でも重宝するので、持っていきましょう。

プラスチック製のもので、使い捨てのものの方が衛生的です。

飛行機の気圧対策グッズ

子どもは大人に比べて気圧による耳の痛みが出やすいです。

そんな耳詰まりに効果的なのが、子ども用の耳栓。

3歳から使うことができ、子ども用ですので、耳栓のサイズが小さくなっています。

1000円前後で買うことができ、これで機内の気圧が変わる時も耳の痛みがだいぶ治りますよ。

おもちゃ、絵本

子どもにタブレットで動画を観てもらうのも良いのですが、長時間観続けるのはよくないですよね。

そこでおすすめなのが絵本です。仕掛け絵本や、触って手触りを楽しめるものなど刺激のある本の方が子どもの興味を引きますので、試してみてください。

お気に入りのお菓子・食べ物

子どもが機内で飽きてしまったり、お腹が空いてぐずってしまうと、保護者も大変です。

子どもがお気に入りのお菓子などがあれば、機内でご機嫌が良くなりますので持って行くと良いでしょう。

クスリ

海外という環境の変化で子どもの身体も少なからず負担を感じています。

大人と同様、子どもの常備薬があれば持って行きましょう。

子供用の虫除けスプレー

韓国に行くときは、虫除けスプレーは必須アイテム。

お子さんのいる方は低刺激の子ども用の虫除けスプレーを持っていきましょう。

空港や機内で虫に刺されることはないですので、預入荷物に入れればOKです。

予備の靴・ビーチサンダル

子どもの靴が壊れたり、靴をなくしてしまった時のために呼びの靴を持って行くと、緊急の際も安心です。

また、遊んで靴が汚れてしまった時もすぐに靴を変えられます。

長袖

子どもも大人と同じように、長袖を持って行くと良いでしょう。

夏はクーラーが効いている部屋で着ることができますし、冬は1枚長袖を多く着ることで体温の低下を防ぐことができます。

その他

最後にその他持って行った方が良いアイテムをご紹介します。

ガイドブック

ガイドブックは荷物になるので持っていかなくて良い、という意見もありますが、おすすめスポット情報を手軽に確認したいなら1冊持って行くと便利。

グループ旅行ならグループに1冊あれば十分です。

自撮り棒

韓国で自撮りをしてSNSに載せまくりたい!という方には自撮り棒がおすすめです。

自撮り棒は家電量販店、雑貨店、インターネットで購入することができます。

また、ダイソーでは300円で自撮り棒を購入することもできますよ。

常備薬

海外に常備薬を持って行く場合、1ヶ月以上の滞在の場合や注射剤の場合は、一般的に医師による証明書が必要です。

ちょっとしたコツは、薬を分散して荷物に入れること。

そうすることで1つ無くしてしまっても他のところに入っているので焦らずに済みます。

財布

財布は 最も大切なものを入れておくメイン財布、小銭などを入れておく小銭入れ、ホテルの金庫に入れておく保管用財布に分けると安心です。

1つ盗まれたとしても、他の財布があるので、最悪の事態は免れる、ということですね。

折りたたみ傘

急な雨に備えるために、折りたたみ傘が1つあると便利です。

サングラス

紫外線対策と強い日差し対策にはサングラスが必至です。

ファッション的な役割もありますし、眼を守ってくれます。

ドリンクホルダー

ドリンクホルダーは、ドリンクを肩からかけることのできる便利なアイテムです。

肩から飲み物をかけることで両手が空きますので、買い物などで両手がふさがってしまう時も重宝します。

携帯スリッパ

携帯スリッパは、軽くてかさばらないので、ぜひ韓国に持って行くことをおすすめします。

ホテルの部屋履きとしても使えますし、飛行機の中で靴を脱いでリラックスしたい時もスリッパは大活躍しますよ。

割り箸

外での食事に割り箸があると便利です。

使い捨てコンタクトレンズ

コンタクトレンズは使い捨てタイプのものにすると、洗浄液を持っていかなくて良いので便利。

落としてしまった時のために、予備があるとさらに良いでしょう。

ガムテープ

ガムテープは海外旅行で非常に使える便利アイテムです。

紙のガムテープでなく、布のガムテープの方が強度があっておすすめ。

そのまま持って行くと荷物になってしまうので、痛ない台紙などに巻きつけて持っていきましょう。

ガムテープは、衣類のホコリ取り、開けたお菓子の口を止める、靴などの補修、パッキングでガムテープを使って小さくする、など実にさまざまな用途で使えます。

また、ティッシュとガムテープで怪我をした時の緊急応急処置もできますので覚えておきましょう。

ドライヤー

自分のドライヤーを持っていきたい!という方は持って行ってもOKです。ただし電圧のチェックは忘れないでくださいね。

【節約方法】旅行用の持ち物を安くそろえる

最後に旅行用の持ち物を安くそろえる裏技をご紹介したいと思います。

持ち物を少しでも安くそろえたいという方は要チェックです。

DMMいろいろレンタル

DMMいろいろレンタルは、洋服や家電、旅行用品を安く借りることができるレンタルサービスです。

ネットで借りたい商品を注文でき、送料無料で自宅まで届けてくれます。

集荷も電話1本で自宅まで取りに来てくれますので、手間いらず。

レンタル料金も2日間800円〜となっており、大変お得です。

ラインナップも豊富で品質管理も徹底しています。

DMMいろいろレンタルでは専門の担当者が洗浄・除菌を行なっていますので清潔で高品質のものを借りることができます。

メルカリ

メルカリはネット上のフリーマーケットアプリです。

スマホ1つで簡単に始めることができ、会費も完全に無料。さまざまな商品を安い値段で購入することができ、送料も出品者の負担です。

値下げ交渉もできますので、合意されれば自分の希望の料金で商品を購入することができます。

旅行用品も多数出品されていますので、レンタルでなく購入したい方にはメルカリがおすすめです。

アマゾンプライム

アマゾンプライムはアマゾンが提供している有料会員サービス。

特典が豊富で、アマゾンプライムに入会すると送料が完全無料になります。

また、アマゾンプライム会員なら、プライムビデオで映画とドラマが見放題になります。

プライムビデオでしか見られないオリジナル作品もあり、ラインナップはかなり充実しています。

楽天カード

楽天カードは、年会費無料のクレジットカードです。

楽天市場で利用するとポイントが最大3倍になりますし、貯まったポイントは1ポイント1円で使うことができます。

また、楽天カードを使用すると海外でのWIFiルーターが20%オフで借りられたり、海外旅行における特典も盛りだくさんです。

楽天市場は旅行用品を含めた品物も豊富ですので、楽天カードがあればお得にお買い物ができます。

Yahoo!ジャパンカード

Yahoo!ジャパンカードはYahoo!ジャパンが発行しているクレジットカードです。

Tポイントがたまりやすく、近年注目されているクレジットカードの一つ。

入会金、発行費、年会費、解約手数料など全て無料となっており、1回払いや2回払いにつると金利手数料もかかりません。

旅行用品をそろえるときは、Yahoo!ジャパンカードでお得に安くお得にそろえてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は韓国旅行の持ち物・必需品チェックリストをご紹介しました。

これを見て持ち物をそろえれば韓国旅行はバッチリですので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

RECOMMEND-こちらの記事も人気です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です