韓国の食べ物といえばコレ!現地の人気料理店もあわせてご紹介

日本でも大人気の韓国グルメ。

韓国の食べ物は本当に美味しいものがいっぱいあります。

韓国料理のお店が日本にも増えていますが、日本ではなかなか食べることができない食べ物も現地には溢れています。

今回は韓国に行ったら食べたい食べ物とおすすめのお店を昔からの人気店から最近流行りのお店まで厳選してご紹介いたします。

韓国の人気グルメランキング10選

1位:サムギョプサル


  • メニュー名:サムギョプサル
  • 値段:16,000ウォン〜

韓国の焼き肉といえば豚の三枚肉を使った「サムギョプサル

お肉が焼き上がったらサンチェにお肉、キムチ、ちょっと辛酸っぱいネギのサラダ、青唐辛子、生ニンニクなどと一緒に包み、韓国風の味噌だれサムジャンにつけて食べるのが定番です。

サムギョプサルを食べるなら肉典食堂(ユッチョンシッタム)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Youpiyuki(@youpiyuki)がシェアした投稿


取材多数の人気サムギョプサル店が「肉典食堂(ユッチョンシッタム)」です。

こちらでは分厚い新鮮なお肉を熟成した、熟成肉のサムギョプサルが味わえます。

お肉はとってもジューシーで肉汁が溢れて美味しく、1時間待っても食べる甲斐があるというクチコミも多いです。

ここでは三枚肉と合わせて首周りのお肉モクサルが人気です。

店舗情報

2位:タッカンマリ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@arstravel612がシェアした投稿


  • メニュー名:タッカンマリ
  • 値段:1羽25,000ウォン

タッカンマリ」は鶏1羽を丸々煮込んだお鍋です。

お肉はプルプルと柔らかく、澄んだスープは旨みがたっぷり染み出しており、コーラーゲンもたっぷりです。

女性には嬉しいお鍋です。

タッカンマリを食べるなら陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ

 

この投稿をInstagramで見る

 

barbiecandycandy(@barbiecandycandy)がシェアした投稿


1978年創業の老舗でミシュランにも輝いた名店「陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ(チンオックァハルメ ウォンジョ タッカンマリ)」です。

創業当初変わらない秘伝のレシピのスープと毎日仕入れている韓国産の若鶏のみを利用しており臭みがないのが特徴です。

締めには麺を入れたり、ご飯を入れて雑炊にしたりスープを余すことなく食べることができます。

これを食べれば美肌になれますね。

店舗情報

3位:トッポギ鍋

 

この投稿をInstagramで見る

 

あやか(@ayc__0929)がシェアした投稿


  • メニュー名:イェンナルトッポッキ
  • 値段:2〜3人前 16,000ウォン

トッポキとは韓国風の細長いお餅を甘辛いソースに絡めた屋台メニューを指しますが、鍋スタイルのトッポギ料理もあります。

それが「トッポキ鍋」です。

トッポギ鍋を食べるならモッシドンナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

さっこ(@sakko_momo)がシェアした投稿


トッポギ鍋で人気のお店が三清洞にある「モッシドンナ」です。

代表はトッポキ作りの名人としてテレビに紹介されていました。

人気メニューがイェンナルトッポッキ。

いくつか味を選べますが海鮮味がおすすめです。

ムール貝やイカなどの海鮮に焼き餃子、ラーメンが入っています。

追加でチーズを足せばまろやかで辛さ控えめな美味しいトッポギ鍋になりますよ。

〆はやっぱりポックムパッ!

一度食べたらリピーター必須のお店です。

店舗情報

4位:参鶏湯(サムゲタン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

mintalock(@million_gr_)がシェアした投稿


  • メニュー名:土俗村参鶏湯
  • 値段:19,000ウォン

参鶏湯(サムゲタン)」は生後数十日の小さな若鶏のお腹に高麗人参、栗、乾燥なつめ、ニンニク、もち米、銀杏などをつめて長時間煮込んでスープにした伝統料理です。

熱々でとっても温まる料理なので冬の料理のイメージがあるかも知れませんが、韓国では夏に食べる料理です。

参鶏湯を食べるなら土俗村(トソッチョン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

eritama(@tamalog0131)がシェアした投稿


参鶏湯の名店の一つ「土俗村(トソッチョン)」

昔ながらの韓屋で建てられたお店でいただける伝統料理「参鶏湯」の専門店です。

座席数は400席あるにもかかわらずランチタイムは満席になる程人気です。

鶏肉はホロホロとくずれるほど柔らかくさっぱり優しい味わいの滋養強壮スープが体を温めてくれます。

土俗村では烏骨鶏の参鶏湯「烏骨鶏湯(オゴルゲタン)」を食べることもできます。

日本では貴重でなかなか食べることができない烏骨鶏なのでこの機会にぜひ味わってみてください。

店舗情報

5位:サンドイッチトースト(たまごサンド)

 

この投稿をInstagramで見る

 

古川 眞弓(@mayutan2575)がシェアした投稿


  • メニュー名:サンドイッチ
  • 値段:36,000ウォン〜

韓国で人気の朝食が「サンドイッチトースト」です。

小さめのトーストを2枚こんがり焼いて、ふんわりたまごやカリカリのベーコン、チーズ、アボカドなどが挟まったトースト型のサンドイッチです。

サンドイッチトーストを食べるならEGG DROP


2018年に登場し、新しいスタイルのトーストとして火付け役になったお店が「EGG DROP(エッグドロップ)」です。

今ではここのサンドイッチトーストが朝の定番となっています。

スクランブル卵のみのシンプルなMr.Eggからスウィートハムチーズ、テリヤキBBQなど10種類ほどのサンドイッチがあります。

セットでハッシュドポテトとコーヒーを頼めばしっかりした朝食が楽しめます。

店舗情報

6位:ユッケ


  • メニュー名:ユッケ
  • 値段:19,000ウォン

日本ではなかなか食べられなくなった「ユッケ」も韓国では食べることができます。

うまいもん通りがあり美味しい韓国グルメが集まっている広蔵市場(カンジャンシジャン)にはユッケ通りと呼ばれるユッケのお店が並んだエリアがあります。

ユッケを食べるならプチョンユッケ

 

この投稿をInstagramで見る

 

anela(@anela.8)がシェアした投稿


広蔵市場にあるミシュラン獲得のユッケ専門店「プチョンユッケ

新鮮なお肉を寝かせて旨みを最大限に引き出した柔らかいユッケが評判で2017年から2023年まで毎年ミシュランに掲載されています。

プチョンユッケの名物はユッケにテナガダコの踊り食いがのった「ユッケナクチタンタンイ」です。

柔らかい牛肉にコリっとしたタコの食感がたまりません。

他にもユッケビビンバや生レバー、生センマイなど生肉が思う存分楽しめます。

店舗情報

7位:韓屋カフェで食べるPandoro

 

この投稿をInstagramで見る

 

☆꿈★(@yu3_118.425)がシェアした投稿


  • メニュー名: Pandoro
  • 値段:5.500ウォン

おしゃれなカフェが増えている韓国。

韓国でもレトロブームがあり、韓国伝統家屋の韓屋が注目を集めています。

そんなを韓屋をリノベーションしたカフェが増えてきています。

Pandoroを食べるならCafe Onion

 

この投稿をInstagramで見る

 

fleurtulipe89(@fleurtulipe89)がシェアした投稿


ローカルに大人気のベーカリーカフェ「Cafe Onion(カフェオニオン)」

おしゃれな韓家リノベーションのベーカリーカフェです。

ここで人気なのがイタリア発祥のPandoroというインスタ映えバッチリのパン。

三角帽子のような粉砂糖がこんもりと積もった外はサクサク、中はしっとりふわふわ食感のディニッシュパンです。

高さは20cmくらいと意外に大きく、粉砂糖がたくさんのっていますが、そこまでくどくなくペロリと食べちゃえますよ。

Pandoroは粉砂糖のほかにきなこバージョンもありますよ。

店舗情報

8位:コプチャン

 

この投稿をInstagramで見る

 

ako(@ako_astyle)がシェアした投稿


  • メニュー名:コプチャン
  • 値段:21,900ウォン

韓国の若者に人気の料理が韓国のホルモン焼き「コプチャン」です。

コプチャンはヒモと呼ばれる牛の小腸のことです。

テッチャンやマッチャン(ギアラ)と呼ばれる牛の第4胃袋などと一緒にホルモン焼きが主流です。

コプチャンを食べるなら新沙牛コプチャン

 

この投稿をInstagramで見る

 

H(@hikababys2)がシェアした投稿


カロスキスに本店がある「新沙牛コプチャン」は、コプチャン、テッチャン、マッチャン(ギアラ)のみを扱うホルモン専門店です。

専門店ならではの新鮮な牛のホルモンが美味しいと行列ができるお店です。

オリジナルの魔法の粉がおいしさをアップさせてくれます。

サービスでチゲラーメンも楽しむことができ、〆は定番のポックムパッ!

レバ刺しやセンマイも味わえますよ。

ここは1人前から提供してくれるのでお一人様でも気軽に入ることができるのも嬉しいですね。

店舗情報

9位:パッピンス

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIKA(@mika_mandern)がシェアした投稿


  • メニュー名:パッピンス
  • 値段:8,500ウォン

韓国スイーツの代表格「パッピンス

暑い夏だけじゃなく一年中食べられている韓国のかき氷です。

あずきが乗ったかき氷のことをパッピンスと呼ばれています。

夏場の暑い時や冬の暖房で暑い時のデザートに食べたくなりますね。

伝統的なあずきがのったパッピンスだけではなくいろいろなアレンジパッピンスも楽しめますよ。

パッピンスを食べるなら東氷庫(トンビンゴ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@asamango22がシェアした投稿


伝統的なパッピンスを食べるなら「東氷庫(トンビンゴ)」がオススメです。

厳選された韓国産のあずきを甘さ控えめに炊き上げた餡がのったパッピンスは飽きが来ない美味しさです。

ほかにも人気のロイヤルミルクティーのパッピンスやイチゴソースのパッピンスにタンパッチュと呼ばれる韓国のおしるこも楽しめます。

店舗情報

10位:マッコリ

 

この投稿をInstagramで見る

 

눅 NOOK(@nook.seoul)がシェアした投稿


  • メニュー名:サンプラーマッコリ
  • 値段:15,000ウォン

お酒好きの方なら韓国の地酒を楽しみたいですよね。

韓国には焼酎のソジュやCASSをはじめとした韓国ビールなどがあります。

中でも日本のどぶろぐに相当するのが「マッコリ」です。

黒豆マッコリなどマッコリにもいろいろ種類があります。

最近では麹を発酵させたオリジナルのナチュラルマッコリが人気となっています。

マッコリを飲むならNOOK

 

この投稿をInstagramで見る

 

눅 NOOK(@nook.seoul)がシェアした投稿


2021年にオープンしマッコリの飲み比べが話題となっている「NOOK

ここではいろいろな味のマッコリを一度に楽しむことができるサンプラーマッコリというメニューがあります。

サンプラーマッコリでは、ザクロ、緑茶、ゆず、おこげ、ツルニンジン味のマッコリがちょっとずつ味わえます。

他ではなかなかないオリジナルテイストのマッコリを楽しむことができると人気です。

店舗情報

まとめ

韓国に旅行に行ったらぜひ行きたいグルメ10選をご紹介しました。

定番のサムギョプサルから最新のマッコリのお店やカフェまでいろいろありましたね。

韓国には本当に美味しいお店がたくさんあるので韓国に行った際には食べ歩きを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。