パタヤビーチはきれい?汚い?周辺のホテルもあわせてビーチの見どころをご紹介

「パタヤビーチってどんなところ?」
「海はきれいなのかな?」
「楽しそうなとこだったら行ってみたいな!」

そうお考えではありませんか?

この記事では、パタヤ在住の私がパタヤビーチの雰囲気や楽しみ方をご紹介します。

パタヤ旅行を安全且つ楽しくするための参考に慣れば幸いです。それではまいりましょう。

パタヤビーチとは

パタヤのメインビーチ

パタヤビーチは、タイのパタヤ市にあるリゾートビーチです。ビーチの長さは約4kmもあり、その景色を見るだけでも十分に南国気分が味わえます。

パタヤには7つのビーチがありますが、それらの中でも今回ご紹介するパタヤビーチは最もスケールが大きく、また場所は繁華街の近くに位置しているため、観光客が一番多いビーチとなっています。

パタヤビーチではバナナボートやジェットスキーなどのマリンスポーツを楽しめます。浜辺にはパラソルや飲食できるお店が並んでいるため、遊び疲れた際はそこで一休みすることもできます。


夜のパタヤビーチも綺麗です。電灯があるため夜でも明るく観光客もちらほら歩いています。とはいえ旅行に慣れていない方は夜中に出歩くのは控えるようにしましょう。

パタヤビーチの場所

パタヤビーチはバンコクの南東に位置しており、メジャーな行き方は、バンコクからタクシーorバスに乗って約2時間ほどかけて行く方法です。

料金はタクシーの場合は約1500バーツ(約5000円)、バスの場合は約100バーツ(約350円)になります。

 

パタヤビーチの楽しみ方

泳ぐ

 

View this post on Instagram

 

@noppavit_silaromがシェアした投稿

ビーチといえばやっぱり”泳ぐ”ですね。

時には波に揺られながら広大なビーチで思いきり泳ぐことでリゾート気分を存分に味わうことができます。

なお、パタヤビーチにはブイで仕切られている海水浴専用のエリアがあります。

安全のためにもそのエリアで泳ぐようにしましょう。

海沿いを散歩する

 

View this post on Instagram

 

Iraさん(@i.bushmanova)がシェアした投稿

海辺を散歩するのも楽しみ方の1つです。

約4kmに及ぶ砂浜の風景は日本ではなかなか味わえないので、海を眺めながら歩くだけでも癒されます。

記念撮影をする

 

View this post on Instagram

 

@kanasta_gram_がシェアした投稿

広大なビーチをバックに記念撮影するのも楽しみ方の1つですね。

パタヤビーチではただ単に風景を写真に撮るだけでも絵になるため、インスタグラムやツイッターなどSNS用の写真もたくさん撮ることができます。

マリンスポーツ

パタヤビーチでは以下のマリンスポーツを楽しむこともできます。

  1. バナナボート
  2. パラセーリング
  3. ジェットスキー(水上バイク)

それぞれ有料ですが、旅行の思い出にどれか1つチャレンジしてみるのもいかがでしょうか♪

バナナボート

 

View this post on Instagram

 

Nikhil Kuriakoseさん(@nikhilka3000)がシェアした投稿

  • 料金:1回30分で800バーツ(約2600円)

バナナの形状をしたボートに数人でまたがって、水上バイクで引っ張られる遊びです。

ボートから振り落とされないようにしがみつく必要があるため、なかなかのスリルを味わうことができます。

パラセーリング

 

View this post on Instagram

 

★Mokkun★さん(@moto.smiley)がシェアした投稿

  • 料金:1回10分で800バーツ(約2600円)

パラシュートを装着して、水上バイクに引っ張ってもらいながら海の上を空高く飛ぶマリンスポーツです。

男女ともに初心者でも気軽に楽しめる人気のアクティビティです。

 

海水はきれい?汚い?

透き通ってはいない

“ビーチ”と聞くと、透き通った水色の海を思い浮かべますが、パタヤビーチの海水はそこまで綺麗な方ではありません。

浜辺には打ち上げられたゴミもちらほらあり、海にもプカプカと浮かんでいます。ただパタヤビーチは観光客が多いため、少々のゴミは仕方ないかもしれません。

泳ぐ分には問題なし


そんなパタヤビーチですが、やはり泳いでいる観光客も多いです。人が泳げないほど汚いわけではないので、その点が気にならない人にとっては十分に南国を味わえるビーチと言えるでしょう。

きれいなビーチで泳ぎたいならラン島がおすすめ

 

View this post on Instagram

 

zhou.lijunさん(@zhou.lijun7)がシェアした投稿

「せっかくパタヤに行くんだったらキレイなビーチで泳ぎたい!」という方にはラン島のビーチをおすすめします。

ラン島は、パタヤからフェリーで約40分かけて行ける離島です。

パタヤビーチよりも観光客が少ないため、ラン島の海水は非常に透き通っており、まさに穴場スポットとなっています。フェリーの値段は30バーツ(約100円)と非常に安いため、パタヤに行った際はぜひラン島にも行かれることをおすすめします。

海水の匂いが気になる?

潮の具合、風向きなど条件によっては海水の匂いがとっても気になる日があります。

臭い日はドブの匂いがぷ〜んと漂います。

なぜなら、バンコクを周遊した海水が流れ込んできており、バンコクの港を通った際にゴミや不純物を巻き込み、水が汚れてしまったりするからです。

 

新型コロナウイルスの影響で観光客が減り、ビーチが綺麗になった

新型コロナウィルスで観光客が減り、海に入る人やゴミがなくなった影響でビーチがとっても綺麗になりました。

コロナ前は、濁っていた海水が、今は足元の砂が見えるほど透き通っています。
このまま綺麗を維持してくれれば良いのですが、観光客が戻ってきたらまた濁ってしまうかもしれませんね。

パタヤビーチ周辺のスポット

ウォーキングストリート

ウォーキングストリートはパタヤの歓楽街です。

通りにはディスコが無数に軒を連ねており、そこから漏れる爆音が辺り一帯に響き渡っています。日本ではなかなか見れない光景なので、ウォーキングストリートを歩くだけでも雰囲気を楽しむことができるでしょう。

マイクショッピングモール

マイクショッピングモールは、昔からパタヤにあるローカルなデパートです。

観光客向けのデパートよりも価格が安く設定されているため、洋服などを安く買うことができます。お土産選びにもおすすめのショッピングスポットです。

 

パタヤビーチ近くのおすすめホテル

Sea Me Spring Hotel

シーメスプリングホテルは、パタヤビーチから徒歩3分圏内にあるホテルです。

ロビーはもちろん、部屋の中もとても綺麗なので、日本人でもストレスなく過ごすことができます。さらに値段も日本円で約6000円/1泊とリーズナブルでおすすめです。

まとめ

今回はパタヤビーチについてご紹介しました。

パタヤビーチはもちろんのこと、パタヤにはリゾート気分を味わえるスポットが多くあります。日本ではなかなか味わえない雰囲気に触れること間違い無しなので、ぜひ遊びに来てみてくださいね。

最後までご覧いただきありがたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。