タイ旅行は実は危険?治安と最低、注意しておきたい13のこと

今回は日本人にも馴染みの深い都市でもある“タイ”の旅行体験記を踏まえながら、注意しなければいけない点を記述していきます。

 

リピーターが多いことでも知られているタイも無知で旅行するのは危険???

 

タイ旅行を安全に楽しむためにこの記事で、タイでおこりえるトラブルを事前に予習しておきましょう

スポンサーリンク

タイ旅行を安全に楽しむためには?

main

タイは年間を通して暖かい気候と観光地もたくさんあるので、日本のみならず観光国として人気があります。

 

またタイ人の知り合いや、ガイドさんをつけるなども安全にタイ旅行を楽しむための一つと言えます。

タイ観光でもっとも多いトラブルの一つが、ぼったくりのタクシーや盗難やスリなどの犯罪です。

ですが私たち日本人、そしてタイの国を初めて行かれる方はどの人が詐欺師でどの人が善人など到底わかるはずがありません。

 

そこで現地の人と行動することで、ぼったくりなどの被害にあうこともなく安心して旅行を楽しむことができます。

 

通常の料金より多く払ってしまうくらいなら、最初からガイドさんにお金を支払った方が得策かもしれませんね。

 

タイの最新治安情報2019

Gang-of-Thailand

海外旅行で一番気になる点でもあるのが、その国の治安ですね。

一見安全そうにも見えるタイですが、旅行の際には訪れる地域の危険情報を外務相のHPからチェックして出かけたい。

 

近年ではテロやクーデターなどの凶悪な犯罪がおこるなど、最新の情報を常に集め、観光地など多くの人が集まる場所は特にテロの標的にされやすいので注意が必要です。

 

また、観光客をターゲットに接触をはかってくる人物も多いので、身の危険を感じたら速やかにその場を離れ自身の安全を確保する必要があります。

 

万が一トラブルに巻き込まれてしまった場合は、些細なトラブルでも【1155】ツーリストポリスに連絡しましょう。

 

なんども言いますが、タイ旅行をする際に必ず頭の片隅に入れておいて欲しいのが【1155】の電話番号です。

 

観光客を安全を守るための、駆け込み寺でもあり、スタッフは英語も対応なので、スリや置き引きぼったくりなど、

 

トラブルの大小に限らずすぐに連絡しましょう!

 

タイの人口・国民性は?

タイの人口は6718万人。日本と比べてみると、日本の人口は約1億3000万人ですので、およそ半分の人がタイには住んでいることになります。

 

また、首都バンコクには約800万人の人が住んでおり、これは日本では大体大阪府の人口(890万人)と同じです。

 

タイの人口は東南アジアの中ではベトナムに続いて2番目となっています。

 

そんなタイに暮らす人々の国民性はどんなものなのでしょうか。

 

タイ人の国民性は「マンペライ(気にしない)」というタイ人がよく口にする言葉に表されています。

 

タイは海に囲まれているため、食料も豊富で気候も温暖。

 

必死に働かなくても海の恵みで生き延びられ、寒さに凍えて鬱々とした気分になることもありません。

 

そんな環境がタイ人を温厚で優しい国民性にしたのでしょう。

 

タイ人は穏やかで他人に優しくて世話好き。

 

敬虔な仏教徒も多く他人に貢献したいと考える人も多いです。

 

一方で飽きやすく、自由なところも。

 

辛いことに耐え忍んでこそ素晴らしい人間になれる、という考え方はなく、辛いなら辞める、やりたくないならやらない、という考え方の人が多いです。

 

タイ人はいつもニコニコしており、平和であることを望んでいます。

 

タイ旅行で注意しておきたい13のこと

前節ではタイの治安や安全に対する楽しむ方法を記述させていただきました。今回はタイ旅行で気をつけタイ12のポイントをレクチャーしていきます!

1 インターネット環境

wifi1

旅行に行く際、重要になってくるところはインターネット環境

結論としては、タイで移動中にスマホを使用するのであればポケットWi-Fiをレンタルした方が便利です。

主要施設のみフリーWi-Fiが飛んでいる

まず、大型ショッピングモール・空港・大型チェーン飲食店などではフリーWi-Fiが飛んでいるので、それらの施設では無料でインターネットを使用することができます。

しかしそれ以外の場所ではフリーWi-Fiが飛んでいないことが多いので、移動中や街中ではなかなかネットに接続することができません。

そのため、ポケットWi-Fiが無ければ

  1. スマホで地図を見ながら移動する
  2. 移動中に観光地など調べ物をする
  3. SNSに写真をアップロードする

タイでこれらができません。

イモトのWi-Fiがおすすめ

旅行好きに人気なポケットWi-FiがイモトのWiFiです。

イモトのWiFiの特徴は

  • タイであれば1000円/日程度
  • 1つのWi-Fiを一緒に旅行に行く全員が使用することができる

このように、とにかくコスパが良いです。

デメリットといえば、予約が多いため、直前の予約だと在庫切れになっていることが多いです。

そのため、格安でWi-Fiを利用したい方は早めに準備しておきましょう。

イモトのWi-Fi公式サイト

 

2 肌の露出が多い服装は避けるべき

1609_09

タイの気候が日本の8・9月に似ているのでどうしても軽装で行きたくなるのは当然のこと。

 

ただ格式の高い場所では男性はハーフパンツ。女性はキャミソールやミニスカートなど

 

肌の露出が多いものは避けましょう。

 

レストランなどのドレスコードに限らず、タイでは寺院や一部の観光スポットでも肌の露出が禁止されている場所が多いので、男性はビジネスカジュアル、女性はドレスコードの服装を常備しておきましょう(男性は7部丈のパンツもNG)

 

タイではスマートカジュアルというドレスコードが好まれ、男性の場合は襟付きのシャツやジャケット。足首までのパンツを履くスタイルが一般的とされております。

 

女性の場合は、あまりにも肌が露出している服はNGで、膝上のスカートや体のラインが強調されている洋服もNGなので気をつけたい。

 

男性と違い7分丈のパンツはOKなので、襟付きのブラウスやシャツに軽い羽織りものを合わせておきたい。

 

スポンサーリンク

3 レストランや屋台では金額が書かれているか確認すること!

タイと言えばグルメを堪能できるのも魅力の一つ。

トムヤンクンやパッタイ、カレーなど日本人にも馴染みがある料理で溢れていますね!

 

そこでついつい頼みすぎてお会計の時にトラブルが!そうです高額料金を請求されてしまう被害が多く報告されています。

 

そもそも屋台だから大丈夫であろう。

ドレスコードではないレストランではないから大丈夫であろうと安心して入る観光客がほとんどらしく、こういった被害にあう方の大半が金額を確認していなかったからだそうです。

 

観光客を狙ったぼったくりの店の多くが、プライス(料金)の表示がないお店がほとんどなのです。

 

こういった被害に遭わないためにも、プライス表示がないお店での飲食は控えること、注文時に料金を確認して頼むだけでも、事前に防ぐことができます。

 

筆者の体験でも、そういったお店に限って店員のおばちゃんの対応がよく、どんどんオススメの料理を出してくれます。

そして、会計時には一変して恐ろしい表情に・・・。なんて体験もありました。

 

4 飲み水には注意しましょう!

sw1-1000x667

まずは旅行者のみなさまに言いたいのが、タイの水道水は日本のように整備されていないので飲み水としては利用できません!

 

実際に飲んでしまって体調を崩している方を何人も見ているので、ご注意を。

実際に現地の人で貧しい田舎暮らしの方でも、水道水を飲み水として利用していなく、井戸水や雨水を貯めて飲み水としています。

 

よくホテルなどで、ポットなどでお水を沸かすことも多いと思いますが、沸騰させたとしても水道水の利用はやめましょう。

 

自分の口に入る水は何であれミネラルウォーターを利用しましょう。

またタイは日本のようにコンビニが24時間営業でやっているので、水の調達に困ることはないでしょう?

 

レストランや屋台などのお水は大丈夫なの?

と疑問に思った方は多いともいますが、基本タイのレストランも水は有料になり、ミネラルウォーターを使っております。

 

ただ出される氷までがミネラルウォーターで作られたものなのか、レストランごとによって異なると思うので、気になる方は注文時『氷なしで』と伝えましょう。

 

今回のタイに限らず、日本のように水道水が飲めるのは全世界で15カ国しかありません。

そういった豆知識を忘れずにいるだけで、海外旅行に行った際にお水は買うものと認識されやすくなります。

 

5 赤と黄色の服は危険度が増してしまう?

761306

観光客だから好きな色の洋服を着ても自由なのではないか?

それは誰しもが思う当然のことです。

 

しかし異国の文化を尊重する観点も踏まえながら、タイでオススメできない色『黄色』と『赤』の色を避ける理由を記載していきます。

『黄色』・・・黄色は王様が生まれた月曜日の色です。王様に敬意を払うためにも一般の人が黄色の服を着ることはないとされています。
『赤』・・・クーデターで国外に追放されたタクシン前首相を支持する派の色とされており、タクシン派が盛り上がっている時に、いざ衝突などあった際はクーデターに巻き込まれてしまう場合もございます。

 

いずれにしろ両方の色は危険を表す色なので、タイ旅行の際には絶対に避けるべきといえるでしょう。

また日本のように迷彩柄を私服で着る習慣もなく、迷彩は軍隊の柄とされているので避けるべきです。

 

6 タクシーのぼったくりに注意しよう!

crazytaxi_01

有名な観光地や繁華街。日常的にカモを狙っているぼったくりタクシー

そもそもこんなタクシーと出会わないのが一番。

 

はたしてどんなタクシーがぼったくりなのかというと、大きく分けると3点になります。
・近距離の移動でも高額の請求(300〜400バーツ)
・料金メータの上がり方が異常にはやい
・遠回りをする

 

そうなのです、初めてタイに行った方など、対策を取りたくてもなかなかこういったタクシーを見分けるのが難しく、目的地について料金を請求された時に気づくケースがほとんど。

 

王宮や有名観光地などで待ち構えているタクシーや、やたらと観光客に話しかけるタクシーはほ・ぼ!ぼったくりのタクシーといっても過言ではありません。

 

すこし離れた場所から流れているタクシーを捕まえるだけでも対策になるし、乗車前に場所を伝えてメーターで料金を支払うシステムか?確認するだけで近距離の高額請求は防ぐことができる。

 

遠回りや、料金メーターの不正は正直言って防ぐことはなかな困難とされている。そういった時にオススメなのがUBERやGRAB TAXIなどの配車アプリを利用することをお勧めします。

 

ぼったくりタクシーに出くわしてしまった場合は、争うことは避けましょう。

 

ぼったくりタクシーの運転手の多くは、気性の荒い方が多く、過去には傷害事件などに発展したケースもあります。

 

せっかくの海外旅行で怪我をしてしまったらもとも子もありません。金銭で解決できるならそれが得策になり得ることもあるでしょう。

 

スポンサーリンク

7 交通事故は世界2位!

13891

タイでの犯罪に巻き込まれないのはもちろんですが、旅行者に気をつけていただきたいのが、タイの交通事故の多さです。

 

タイは世界2位の交通事故での死亡者数が多い国と言われており、観光客もタクシーやトゥクトゥクと言われる三輪タクシーが交通機関として利用されているので、交通事故に巻き込まれる確率は大です。

 

タイの交通量の多さは群を抜いており、日本人からしてはその光景は異常とも言えるものでしょう。

 

決まった中央線はなく他のドライバーと肩と肩が擦れてしまうこともあるぐらい、狭い道路に多くのドライバーが密集しております。

 

タイの政府もヘルメットの未装着での走行や飲酒運転撲滅のキャンペーンを行っているが、未だに成果は挙がっていない。

 

そんな道路を横断するのも注意が必要。現地の幼い子供などが、器用に交通量の多い道路を横断していきますが、絶対に真似してはいけません。

 

現地の子供が横断中にはねられ、死亡事故になるケースは年々減ることはありません。

 

また物乞いをしている子供達がはねられるケースもあるので、交通事情は他諸国に比べても良くないもと言えるでしょう。

遠回りしてでも安全な道を選んで歩行することをお勧めします。

 

8 ギャングの被害に注意!

the-assault-and-extortion-of-a-Russian-couple

タイの治安を帯び明かす犯罪で「イスラム過激派によるテロ」「ギャング(マフィア)」「タクシン派と反タクシン派の対立」などが挙げられるが、観光客がもっとも気をつけたくみじかに起こり得るのがギャングによる被害です。

 

タイのギャングはマフィアの下部組織の独立集団としていて、ギャング団の多くが拳銃などの武器を所有するなど危険がつきまとう。

 

ギャングのほとんどが20代の若者であり、争いによって死亡事故になるケースも多く、観光客は不良の少年などには近づかず、抗争などに巻こまれないようにしたい。

 

9 タイは盗難王国!色々な手口の盗難に注意!

ec2

タイのなかでも観光客が一番被害似合いやすいのが、盗難の被害だ。

 

その手口は年々進化しており、親しくなって抱きついている間に財布を抜き取られたり、親しくスキンシップをはかってきてと思いきや、仲間の男性が荷物も持ち去るなど、ここでは紹介できないほど。

 

他にも親しくなって一緒に食事をしていたら、食べ物に睡眠薬を入れられ眠らされている間に持ち物を持ちさあれているなど悪質なものも。

 

そんな犯罪に遭わないためにも、親しげに近よってくる人にこそ、用心深く警戒心をとかないこと、自分が口にするものには最新の注意を払い、持ち物だけでなく食べ物にも注意を払う必要があります。

 

なによりも現地の人との交流も旅行の醍醐味でもありますが、自分に近づいてくる人には常に警戒心を怠らないことや、しつこく誘ってくる場合はしっかりとNO!と意思表示をし、その場を立ち去りましょう。

 

その際も相手を刺激することなく、迅速に立ち去るのがポイントとなります。

 

10 パスポートなどの貴重品の紛失や盗難時は大使館へ!

shutterstock_2357885771-680x437

盗難や紛失でパスポートをなくしてしまうことは旅のトラブルでも多いとされております。

 

パスポートがないと日本に帰れないとパニックを起こしてしまい、所定の手続きをせずにパニックになってしまう人が多いので、タイでパスポートをなくしてしまった時の対処法をレクチャーいたします。

所轄の警察署に行き『パスポート紛失証明書』を発行してもらいます。

⑵タイの日本大使館へ。タイの日本大使館ではなくなったパスポートの失効手続きを行い、帰国の際に必要な旅券の再発行か、証明書を発行してもらえます。

 

※タイ日本大使館※
Address【177 Witthayu Road, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330 】 TEL【02-207-8501/02-696-3001】
受付時間【月~金 8:30~12:00/13:00~16:00】
休館日【土・日・タイの祝祭日・一部の日本の祝祭日】

 

スポンサーリンク

11 トイレットペーパーorポケットティッシュは常備!紙は流さない!

ThaiWc

海外旅行で気になるポイントでもあるのトイレの利用方法

タイのトイレは洋式なの?和式なの?無料で利用できるの、それとも有料なの?といったことない人は気になる方も多いはず!

 

まずトイレの形式ですが、行く場所にもよりますが、現在は洋式トイレも多くあり、トイレットペーパーも備え付けられているところもあります

(デパート・ホテル・ショッピングセンターなど)

 

それなら安心と思った方も多いと思いますが、気をつけて欲しいのはトイレットペーパーを流しても大丈夫かという点です。

 

タイのトイレは日本のように、下水が整備されていないところが多く、トイレットペーパーを流したら、詰まってしまうというケースが殆どです。

 

またホテルなど、設備が整ったトイレなどはいいですが、全てがそんな恵まれたトイレとは限りません。

 

繁華街や観光地などでは、日本でいう和式トイレが未だに主流になっており、外のおじさんにお金を払い使用するケースが一般的とされております。

 

また、そんなトイレではトイレットペーパーを使用するなどはご法度で、トイレの横などに小さな桶があり、それで綺麗な水が側面にあるのですくい上げ、お尻を洗うのがタイ式のトイレの特徴です。

 

そんな経験をふまえて日本がどれほど恵まれているか気づきますね〜

 

12 マラリア・デング熱に注意!都市部や観光地でも大量の蚊!

o1378137813891427613

日本でも2014年に代々木公園でデング熱が確認され、ニュースにもなったので、名前だけでも聞いたことがあると人は多いのでは。

 

現在効果的な治療方法がなく、最悪の場合死至ってしまうケースもあるほど危険な病気。

 

日本でも発症が確認されているぐらいなので、タイをはじめアジア諸国では年間で死亡に至る感染者が多く出ております。

 

日本のように発生源をすぐに潰すとこができれば、被害も最小限に抑えることができますが、タイのように大量に発生している場合は、発生源を1つ潰したところで解決したとは言えません。

 

大都市だから安心できない?
大都市にいるからといって安心することはできません。特に観戦してしまった人の中には都市部で感染してしまったケースもございます。

 

特に蚊は、暗いな場所や湿気が多い場所を好み、夕方以降日が暮れて以降に被害にあるケースが殆どとされております。

 

対策は冷房にあった?
よくタイ旅行に行った人の話や、旅行サイトを見ると、「タイはガンガン冷房が効いていた」「冷房対策に防寒具が必要だ」などどこか公共の施設に入ると気温は15度くらいに設定されております。

 

それは蚊は15度以上になると、吸血を始め、26度〜31度がもっとも盛んに吸血を行うとされています。

 

そのために室内の温度を下げ、蚊の活動できない室温にしております。

 

他にもあった対策
他にも、スカートやハーフパンツなど蚊が侵入しやすい服装は避けるべきです。

しっかりと肌を隠せる服装で出かけることを日中はお勧めします。皮膚にローションなどを塗ることも対策の1つです。

 

また、蚊は飛行能力が低く、扇風機などに近くにいれば、その風力で蚊も近づくことができません。

 

また悪臭を好まないために、自信がにんにくなど強烈な匂いを発するものを沢山食べることで、皮膚からにんにく臭が出て蚊に刺されにくくなるそうです。

 

これは同伴者に迷惑をかけてしまうので、よく相談してから試してくださいね!

 

13 タイ旅行中に病気になったら?

ill

タイに旅行中に病気になることはあるのか?

観光客に多いのが前述でも述べましたが、タイは冷房がガンガン効いていますので、観光客は外との気温差に体が対応できず体調を崩してしまうケースや、タイの食事はきつい香辛料を使っている料理が多く、お腹を下してしまうなどが多く挙げられます。

 

そんな時は自分で治すことよりも病院に行って治す事をお勧めします。

 

えっ!タイの病院って大丈夫なの?と思われる方も多いはずですが、安心してください!

 

タイは日本と同じく医療基準が高いので日本と変わりがない治療を受ける事ができます。

 

病院を選ぶ際は国立病院などは割と、安値で利用できますが、タイ語しか話す事ができないスタッフが多いですが、私立の病院に行けば、英語も話せるスタッフも常駐しています!

(料金は国立に比べて割高)

 

また観光客の多くが、日本から薬を持参しているケースがほとんどですが、タイでかかった病気には効かなかった・・・。なんて経験をした事がある人も多いはず。

 

そんな時はタイの薬局で薬を買うのも1つです。日本の市販されている薬に比べて効き目が強力なので、処方方法に記載されている分量より少なめに、服用することをおすすすめします。

 

まとめ

旅行先で危険な目に遭わないための注意喚起としてでも、この記事を読んで頂けていたらと思います。

タイに限らず知識がないままに、旅行することが一番危険とされており、十分に下調べをし、緊急連絡先を把握すれば、タイに限らず海外旅行を安全に楽しむことができると思います。

 

今回はタイ旅行の注意すべき点をまとめさせていただきましが、タイはここでは紹介することができませんでしたが、リピーターが多いと言われている理由が多いのも分かる魅力溢れる国でした

 

初めて行く方も、何度も行かれている方も予習の意味を込めてこの記事を参考にさせていただければ幸いです。

スポンサーリンク

RECOMMEND-こちらの記事も人気です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です