ギリシャ旅行は実は危険?治安と最低、注意しておきたい7つのこと

世界中の人々が訪れる観光大国ギリシャ。

数千年の歴史を持つギリシャ神話にまつわる文化遺産や、エーゲ海とそこに浮かぶ美しい島々を同時に味わえる国です。
そんなギリシャへ行く前にギリシャがどんな国なのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

ギリシャの最新治安情報


出典:https://tabihack.jp/greece2/

ギリシャでは2015年1月の議会選挙で政権交代が実現、左派政権が誕生しました。

 

以来、ギリシャ政府は緊縮の緩和や債務再編を求め、約5か月半の間、欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)などと交渉を重ねていました。

 

協議の行詰まりにより、6月29日からの銀行休業、7月5日の国民投票と揺れ動いていたギリシャ情勢ですが、7月13日、ユーロ圏19カ国の緊急首脳会議で、ギリシャの財政再建策について協議し、金融支援の再開について合意しました。

 

ギリシャ情勢はかなり注視され、銀行の休業や国会議事堂前のシンタグマ広場の集会の様子などがニュース映像で流れたため、観光産業はキャンセルが出始め、ダメージを受けていました。

しかし、EU側と合意してからはホテルの予約状況が急激にアップしています。

 

毎年、ギリシャには欧州各国から多くの観光客がやってきますが、フランスやイギリスのメディアによれば、「ギリシャへのバカンスの足は途絶えず、むしろ増加傾向も」と伝えられています。

 

7月17日付のギリシャ紙カシメリニによると、EUの協議において対立のあったドイツからも、合意後はギリシャのホテルの予約状況が21%アップしたとのことです。

 

数年に渡る緊縮政策の下、生活が苦しくなっている人々が増えており、今回、合意した財政再建策はさらなる緊縮を強いられると反対の声をあげ、デモやストが起こっているのは事実です。

 

しかし、大半のデモはプラカードなどをさげた人々がただ通りを行進するといった平和的なものです。

たまにデモ隊と警官隊の衝突があって、催涙弾などの映像がテレビのニュースで流れます。

 

そういう状況に遭遇したら、見物しないで巻き込まれないようにその場をすぐに離れてください。

また、そういった状況がずっと続くわけではありません。

 

映像で繰り返し流されると、あたかもギリシャ全土で1日中、その状況が続いているような印象を受けてしまうと思います。

 

しかし、デモでの警官隊との衝突は短時間、局所的なもので、都心のシンタグマ広場も、騒ぎのあった後にはすぐきれいに片付けられます。

 

翌朝は普段どおり、きれいな広場になっており、国会議事堂前では観光客が衛兵の交替式を見学したり、人々がシンタグマ広場のカフェでくつろいでいたりと、いつもどおりの風景が広がっています。

 

また、ギリシャに限らず、欧州一円ではストライキは労働者にとってごく普通に認められた権利なので、現状に不満があればデモで声をあげて主張し、ストも躊躇なく行動に移しますので、ほとんど慣習といってもいいでしょう。

 

旅行者にとって本当に困るのが交通機関のストですが、ギリシャでのストは大半が予告されますので、常にネットで情報収集をしたり、ホテルの受付でストに関する情報がないか確認しましょう。

さらに、日程に余裕を持たせて計画をたてておくとよいかと思います。

 

銀行休業中、買い溜めパニックなどの騒動や、治安の悪化なども確認されませんでした。

なお、スーパーマーケットや食材店などの商品は、首都アテネでも地方でも通常どおりの品揃えで、特に今回の事態で品薄になったということはありません。

ただし、どこでも不測の事態が起こり得る可能性がゼロとは限りませんので、情報収集は大切です。

 

 

ギリシャの国民性は?

出典:http://ja.radiovaticana.va/storico

ギリシャはとても小さい国でバルカン半島付近にあり、ギリシャ語を言語として暮らしていて、オリンピックが最初に開催された国で世界中から観光客がきています。

 

ギリシャ人の他にもいろんな国から移住していて、アルマニア人・トルコ系・アルバニア人が特に、ギリシャ人を名乗っています。

 

ギリシャはアジア・ヨーロッパから移住してきた方が、今のギリシャ人の先祖と言われていて、主に宗教はキリスト教系統の「ギリシャ正教」がギリシャ人には多いです。

 

ギリシャはラテン系国家と言われています。

ギリシャ人は大変明るく、お喋りでパーティ好きです。

彫りの深い顔立ちで、男性は髭を生やしています。

遊ぶのも好きです。

 

また、ギリシャ人は身内をとても大事にします。

親兄弟や親友の頼みは簡単には断らないのです。

年長者も敬います。

 

ギリシャ文化にも強い誇りを抱いているようです。

昔のギリシャ人は自分たち以外を全部「バルバロイ」(蛮族)と呼んでいました。

高いプライドを持っているようです。

 

そのため、プライドを傷つけたり刺激したりしないよう気を付けた方が良いかもしれません。

 

 

ギリシャ旅行で注意しておきたい7つのこと

①夜の街

出典:https://blog.goo.ne.jp/ooawakui

どの国でも夜になると治安が悪化するもので、ギリシャも例外ではありません。

街の中心部などの治安の良いところを除き、人通りの少なくなる地域にはなるべく行かないようにしましょう。

 

また、特にアテネでは、夜になると売春やぼったくりバーの被害が多くなります。

特に国立博物館周辺や、シンタグマ広場周辺で被害が多く報告されています。

 

客引きが寄ってきても、話を聞かずに離れてください。

男性旅行者を標的にしたぼったくりバーへの勧誘は、昔からあります。

 

シンタグマ広場・エルム通り界隈などで、フレンドリーに話しかけてくる男性(女性)には要注意です。

軽く話しかけてきて、その後、バー(暴力団の経営するバー)へ誘って高額請求するといった手口です。

 

基本的に旅行者に話しかけてくるような人は、細心の注意を払い、できれば相手にしないくらいの気持ちでいた方がよいでしょう。

昼間はギリシャの代表的な観光地として治安が良いところでも、夜になると違う顔を持つ場合もあります。

 

夜になってから出かける前に、あらかじめ行き先について、ホテルなどで聞いておく方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

②麻薬やスラム街

出典:https://jp.vice.com/art

ギリシャは経済の低迷が続いており、財政難から公共工事や年金も減り失業者の増加が問題となっています。

 

仕事を失い、犯罪に手を染めたり、麻薬に手を出してしまう人も増え、ギリシャの治安にも悪い影響を与えているのが現状です。

ギリシャ内でも特に問題となっているのは大都市アテネです。

 

その中でも中央市場の周辺は、日が暮れると麻薬常習者が集まるようになっています。

密売人や常習者によるトラブルが多発していますので、夜は近寄らないようにしてください。

 

明るいうちの中央市場の治安は問題ありませんので、観光に訪れる際にも時間には注意しましょう。

また、ギリシャの経済状況が悪くなるとともに、失業者やホームレスが増加してしまいました。

 

特に都市部には仕事などを求めてやってくる人も多く、アテネ市内にはスラム街が形成されるようになり、治安問題が深刻になりつつあります。

アテネ市内ではギリシャ考古学博物館より西の地域がスラム化し、拡大しつつありますので、治安も良くありません。

 

ホームレスたちに占拠された空きビルも多いので、危なそうな怪しい雰囲気を感じたら近づかないようにしてください。

博物館へ観光に行く際にも大通りからは外れないようにして、夜になったら近寄らないように注意してください。

 

③デモや集会

出典:https://buggstories.wordpress.com

民主政治発祥の地ともいわれるギリシャだけあり、政治集会やデモは頻繁に行われてきました。

 

しかし、ギリシャ財政危機の際、政府の対応に反対する市民のデモが暴動化して以来、デモや集会が治安に影響を与えることも無視できない状況といえます。

 

とはいえ、ギリシャでも通常のデモや集会は治安を心配するほどのものではありません。

 

しかし、デモや集会に反政府勢力が入り込み、扇動することで暴動化してしまうことがあります。

 

警察もそれを警戒して、治安のため、駅や通りを封鎖したり、監視を強めています。

突発的に衝突が発生するリスクがあるので、なるべく近寄らないのが無難でしょう。

 

④気候や服装

出典:https://japaneseclass.jp

「地中海性気候」のギリシャは、夏は日差しが強くとても乾燥しています。

冬が一年で一番雨の降る季節ですので、雨具の携帯は必須です。

 

春秋の平均気温は20℃前後と過ごしやすいですが、肌寒く感じることもありますので、薄手のコートやカーディガンを持って行きましょう。

 

夏は薄着でも大丈夫ですが、日焼け対策は万全にしてください。

冬は日本に比べると暖かいですが、念のために厚手のコートを用意しておくと安心です。

 

ギリシャの4月の平均最高気温は15℃前後です。

肌寒く感じると思いますので、薄手のジャケットやコートを持っていくことをお勧めします。

 

5月下旬頃になると暖かくなってきますが、朝晩の冷えはありますので油断しないようにしましょう。

6月に入ると雨はほとんど降りません。

とても乾燥しますので水分補給はこまめにしましょう。

また、日差しがとても強いので、帽子やサングラスなども用意しておくことをオススメします。

 

9月に入ると徐々に気温が下がり始めますが、9月いっぱいまでは乾燥しています。

 

10月になると、チラホラ雨が降り、段々と肌寒くなってきます。

10月の平均気温は20℃前後ですので、薄手のコートやセーターを用意しましょう。

 

アテネ市内では、ほとんど氷点下になることはありません。

冬でも最高気温は10℃以上と、日本と比べると暖かいですが、寒さが苦手な方は、厚手のコートや手袋、マフラーも持って行くことをお勧めします。

また、この時期は一年で一番雨の降る季節ですので、雨具を忘れずに携帯しましょう。

 

⑤水事情

出典:https://twitter.com/erika_asahi/status

アテネなどでは水道水も飲めますが、石灰が多い硬水なので、ミネラルウォーターを飲むほうが無難です。

 

場所によっては飲めないところもあります。また、島では雨水を煮沸させただけの水を使っている場合がありますので、ミネラルウォーターを飲用したほうがいいです。

 

飲食店でミネラルウォーターを注文するときは、炭酸なしの天然ミネラルウォーターかテーブルウォーター、もしくは有料の炭酸入りミネラルウォーターのいずれかから選ぶことができます。

 

ギリシャ産の天然ミネラルウォーターは、欧州連合諸国(EU)の中でもトップクラスの品質です。

他国の水との違いは、その成分にあります。

 

ギリシャの天然ミネラルウォーターにはミネラルが少なく、他国にはない珍しい成分を含み、クリアでナチュラルな品質が特徴です。

また、地域によっても成分が異なるため、ギリシャには約30種類もの天然ミネラルウォーターが存在します。

 

ミネラルウォーターの相場は、大体500mLで0.5ユーロ前後になります。

スーパーやコンビニ、キオスクなどで販売されており、簡単に入手できます。

 

基本的にヨーロッパでは、ミネラルウォーターがリーズナブルな値段で購入できます。

また、ギリシャの水道管は細いため、宿泊施設でゲストが同時刻に一斉にシャワーを浴びるとお湯の勢いが弱まり、ぬるいお湯が出ることもあります。

 

また、エーゲ海の島の多くは地下水に海水が含まれるので、シャワーを浴びてもさっぱりできないこともあります。

 

そして、WCと表示があるのがトイレです。

町なかに公衆トイレはあまりないので、レストランや博物館などに入ったときにできるだけ済ませておいたほうがいいでしょう。

 

また、ギリシアは下水事情があまりよくないので、水洗トイレであってもトイレットペーパーを流さないところが多いです。

その場合は備え付けのバケツに捨てます。

流してもいいかどうかは、たいていトイレのドアに表示があるので注意してみましょう。

 

スポンサーリンク

⑥スリや置き引き、物乞い

出典:https://4travel.jp/travelogue

アテネ市内など観光客や現地人が多く集まる場所では、プロのスリ集団が狙いを定めた相手を取り囲んで一瞬のうちに貴重品を盗み取るので、取られた本人も気づかないぐらいです。

 

特に要注意すべき場所はメトロの中や駅構内です。

不自然に近づいてくる人がいたら、しっかり貴重品をガードしましょう。

 

いざという時は、大声で「ヘルプ・ミー!」などと声を出せば周囲の人も気づいてスリも退散するはずです。

また、飲食店など利用時には、荷物をテーブルの上や椅子の背もたれに引っ掛けるなどの行為は置き引きの標的です。

 

バッグや財布、スマホなどは目の届く場所に置きましょう。

カフェやレストラン、ファストフード店などでは、路上にテーブルを設置している店舗もあります。

 

アテネでは、路上テーブルの客を狙ってやってくる物乞いや物売りの人とのトラブルが多いです。

 

物乞いは同情心を誘うような内容のメモ(家族が病気・亡くなってお金が必要など)をテーブルに置き、その後お金を回収する手口なので、ピンときたら無視か「NO!」と断りましょう。

また、外の席では特に荷物管理には注意しましょう。

 

⑦タクシー事情

出典:http://greece.kororo.jp/8th/athene_walk.php

ギリシャのタクシーの車体の色は明るい黄色で、かなり目立つので空港や街中のタクシー乗り場など、すぐに見つけることができます。

 

ギリシャを旅する大半の旅行者が降り立つアテネのエレフセリオス・ヴェニゼロス国際空港からタクシーを利用する場合、アテネ市街主要部までは一律35ユーロと固定料金になっています。

 

深夜から早朝(0~5時)は割り増し料金で50ユーロです。

空港のタクシー乗り場にもそのように大きく表示されていますので、ぼられることもなく、安心です。

 

しかし、まれにお釣りをごまかされたというケースや、50ユーロ札を出したのに、さっとすりかえて20ユーロ札だったように装ってくるケースなどがあるようです。

 

支払いの際、たとえば50ユーロ札なら運転手にいくらの紙幣か告げつつ、しっかり見せるようにして渡したり、金銭のやりとりの最中は目を離さず、注視しているようにしましょう。

 

また、なるべくお釣りの出ない支払い、お釣りがあるのなら、合っているかしっかりと確認することを心がけてください。

チップは5~10%くらいが目安です。

 

空港からだけでなく、街中の移動でも深夜から早朝は割り増し料金になります。

また、クリスマスと復活祭の前後10日間は料金に規定額が加算されています。

 

ホテルからタクシーで外出したり、レストランからタクシーを呼んでもらう場合などは普通に利用すればいいですが、路上で拾う場合はギリシャのタクシー習慣を知らないと混乱することがあるかもしれません。

 

ギリシャにはタクシーを相乗りする習慣があり、路上で走行しているタクシーを拾う際、既に乗客を乗せていても停車します。

そこで行き先を告げて、もし同じ方向なら乗せていくというシステムです。

 

乗車OKなら後部座席に座りますが、既に後部に2人乗っていれば助手席に乗ります。

 

シートベルトはしっかり着用しましょう。

先に降りる客にはタクシー運転手がその距離に見合った金額を告げます。

 

既に乗客が乗っていたタクシーに乗り込み、先に降りる場合には、他の乗客に一言御礼を言いましょう。

 

本来、タクシーの相乗りは違法行為なので、減ってきてはいますが、公共交通機関のストや突然の雨などでタクシーが混雑する際は、まだこのような方法がとられる場合がけっこうあります。

 

ちょっと観光客の人々にとっては戸惑う習慣だと思われるので、街中でもなるべくタクシー乗り場を見つけて乗車した方がいいと思いますが、道中で他の客を拾う可能性もあります。

 

急いでいる際はその旨を告げた方がいいです。

とにかく混乱しないように、相乗りの習慣のことを気にとめておいた方がいいかと思います。

 

タクシーは比較的安価で、市民の気軽な交通手段なので、法外な料金を請求してくることはほぼないです。

しかし、けっこう距離がある行き先の場合は、念のため行き先を告げて、いくらになるか確認した方がいいでしょう。

 

路上でタクシーを拾う時の手の上げ方で、ギリシャでは「手の指を開いて、手の平を相手にはっきり見せ、前方に突き出す」と、侮辱するジェスチャーにあたり、失礼な仕草になってしまうので、通過されてしまうことがあります。

 

日本でするように普通に手をあげても、指を開いて手の平を思いきり向けていなければ停まってくれますが、現地では人指し指だけを立てた手をあげたりする仕草が一般的です。

 

まとめ

出典:https://japaneseclass.jp/trends/about

バルカン半島の最南部に位置し、本土の広がるエーゲ海には3000もの島々が浮かび、首都アテネではパルテノン神殿をはじめとした数々の遺跡群を見ることができるなど、人々を魅了してやまないギリシャですが、経済の低迷の影響もあって、麻薬や物乞い、スリや置き引きなどの軽犯罪も起こっています。

また、デモや集会などもあるため、不用意に近づかないことが重要です。

これらのことに十分注意して、楽しく有意義な旅を送れるようにしましょう。

スポンサーリンク

RECOMMEND-こちらの記事も人気です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です