【2020年】パリの治安情勢まとめ!旅行者が注意すべき危険ポイント

フランスの首都となるパリは、エッフェル塔や凱旋門、ノートルダム寺院など、多くの観光スポットを持つエリアとして知られています。

その街並みはとても美しく、ファッションやグルメも存分に楽しめるなど、魅力溢れる街となっています。

パリは日本から約12時間のフライトで少し遠く感じますが、日本とは異なる文化をはじめ、美しい街を楽しめるなど、観光旅行におすすめしたい場所です。

そんなパリ旅行を計画した際、安全かつ楽しい思い出作りができる旅行にするために、最低限知っておきたいのはパリの治安ではないでしょうか?

そこで今回は、パリ旅行を計画した際、現地で過ごす時の注意点やパリで実際に起こった犯罪事例や対処法、また、現在の治安など、それぞれ詳しく解説していきます。

 

結論:パリはやや安全

パリの治安はやや安全だと言えるでしょう。

フランスのパリは世界中から多くの観光客が訪れるほど芸術や街の美しさに魅了されるとてもおしゃれな都市。

そんなパリは20区に分けられており、北から東、南、西へ向かうほど治安が悪化していると言われています。

そのため、パリを楽しむためには治安の良いエリアをリサーチし旅行計画を立てることで、楽しいパリ旅行を過ごすことができます。

しかし、観光地となるエリアではスリやひったくりなどの軽犯罪が多発しているため、訪れる際は、自身の手荷物や貴重品が盗まれるような被害に遭わないための対策を講じておくことが大切です。

外務省のデータも確認

参考 : https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_170.html#ad-image-0

外務省のデータによると、パリではスリや置き引き、ひったくりなどの軽犯罪が多発している傾向にあります。

また、観光客に声を掛ける、大人数で取り囲んだ上で窃盗被害に及ぶ、また、相手の気を反らした際の犯行など、様々な手口で犯罪が起こっています。

現在、外務省のデータによる危険レベルは発令されていませんが、2015年に起こった同時多発テロ事件により、フランス政府が非常事態宣言を出し、その後もテロへの警戒を強めています。

その後もテロ事件はパリで6回発生するなど、緊迫した状態が続いていると言えるでしょう。

このように、現在のパリは、テロ事件に対し注意喚起がなされており、その他、日本人を含め、外国人観光客を狙ったスリなどの犯罪に十分注意するようにしましょう。

夜の一人歩きは大丈夫?

パリは昼に観光スポットを訪れるのはもちろん、夜はまた違った雰囲気を楽しむことができます。

そのため、夜の街も美しく、その景色や夜景を楽しみたいと思う方も少なくありません。

しかしパリの夜を一人歩きしていると、現地の人から声を掛けられることも多いのが現実です。

その際、安易に受け答えすることで犯罪に巻き込まれる可能性が高くなるため注意が必要です。

あまり曖昧に返事をすると相手を期待させることになるなど、その後の犯罪につながると考えられます。

パリの街は22時を境に人通りが少なくなるため、一人歩きは非常に危険を伴うこともあるためおすすめできません。

夜に外出の必要がある場合はタクシーを利用するようにしましょう。

 

パリ旅行で最低限気をつけるべき点3つ

パリ旅行で最低注意すべきポイントを3つご紹介します。

  • 注意点①:パスポートのコピー
  • 注意点②:インターネット環境
  • 注意点③:言語の問題

それぞれ詳しく見ていきましょう。

注意点①:パスポートのコピー

パリ旅行で気を付けることは、パスポートのコピーを必ず持参しておくということです。

これは、スリやひったくり、置き引きなどの被害のに遭った場合、万一パスポートを盗まれてしまうと帰国できなくなってしまうことを防ぐためです。

パリへ観光旅行に訪れる方は非常に多く、日本人もその中に入っています。

そのため、日本人が観光旅行する際も注意が必要な国だと言われています。

当然ながら毎日のように軽犯罪は起こっているため、あなたが軽犯罪の標的になる可能性もあります。

このように、安全な旅行を行うことができるよう、万一に備えパスポートのコピーは準備しておくようにしましょう。

 

注意点②:インターネット環境

海外旅行で重要なのがインターネット環境。

結論としては、パリで移動中にスマホを使用するのであれば、ポケットWi-Fiをレンタルした方が便利です。

フリーWi-Fiは主要施設だけ飛んでいる

まず、空港やホテル、ショッピングモールや大型チェーンの飲食店ではフリーWi-Fiが飛んでいるので、それらの施設では無料でインターネットを使用することができます。

しかしそれ以外の場所ではフリーWi-Fiが飛んでいないことが多いので、移動中や街中ではなかなかネットに接続することができません。

仲間とはぐれる危険性がある

そのため、ポケットWi-Fiが無ければ以下のような不備が起こります。

  • スマホで地図を見ながら移動できない
  • 移動中に観光地など調べ物ができない
  • SNSに写真をアップロードできない

スマホが繋がらなければ最悪の場合、旅行仲間とはぐれる危険性があるので注意

なので一般的には、海外旅行専用のポケットWi-Fiを持って行きます。

Wi-Ho!(ワイホー)がおすすめ



旅行好きに人気なポケットWi-FiがWi-Ho!(ワイホー)です。

  • フランス(パリ)であれば700円/日程度 →(上記サイトで調べて1番安い価格を入力)
  • 1つのWi-Fiを一緒に旅行に行く全員が使用することができる

このように、とにかくコスパが良いです。

デメリットといえば、当日に空港で借りると割引対象外となります

そのため、以下のキャンペーン専用ページから事前に予約しましょう。

>>Wi-Ho!(ワイホー)公式サイト

 

注意点③:言語の問題


旅行に行く際、現地の言葉を喋れないと何かと不便で不安ですよね。

日本では当たり前にできている会話ができないと、とてもストレスに感じ不慣れな海外なら尚一層です。

 

フランスの公用語はフランス語です。

英語はパリでは、主要観光スポット・空港やホテルでは通じることが多いです。

 

しかし、海外旅行中は予想もしていなかったトラブルが付き物です。

その理由を以下に簡単にまとめました。

公用語が話せないと困ってしまうこと

  1. 道に迷ってしまった
  2. レストランでの注文
  3. 交通機関が思うように利用できないとき
  4. 急な体調不良
  5. トラブル全般

これらで困ってしまう。

英語が話せない、現地の言葉に不安な人はポケトークがおすすめ


旅行が好きな方に、大人気でテレビでも話題になった「夢の通訳機」ポケトークです。

ポケトークを持っているメリットとは

  • 旅行中の不安やストレスから解放される
  • 現地の人とコミュニケーションが取れるので旅行が楽しくなる
  • 他の翻訳機と比べ、翻訳言語数が74ヶ国語と圧倒的に多い
  • 双方の翻訳が可能(日本語→英語、英語→日本語)
  • 翻訳の正確さが高い
  • Wi-Fi環境がなくても利用ができる

また、フランスの公用語であるフランス語には、音声翻訳・テキスト翻訳の両方に対応しています。

ポケトークさえ持っていれば

今まで海外旅行中に感じていた、不安やストレスが一切無くなります!

なので、精神的なストレスから解放されその分旅行が楽しめるのです。

ポケトーク公式サイト

 

パリのエリア別の治安事情

ここでは、パリの地域について治安事情を解説していきます。

ホテルを予約する際や観光の際に参考にしてください。

治安が悪いエリア7つ

ここでは、パリの中でも治安が悪いエリアを7つご紹介します。

パリ10区

10区の南側にあるStrasbourg St-Denis駅周辺は特に治安が不安定だと言われている上、不良集団が集まり、強盗や窃盗事件が多発しているため、あまり足を運ぶべきではないエリアだと言えるでしょう。

パリの10区は多国籍の人々が住む街で、観光スポットは少なく、地元の人が暮らす街並みが広がっています。

しかし、観光地ではない分、宿泊のためのホテルは安価なため、中心部から離れた10区にホテルを予約する方もいるようです。

 

パリ13区

パリの13区は、低所得者が住む賃貸住宅が大半で、庶民的で住みやすい街として知られています。

しかし、他のエリアとは異なり、観光スポットがないことから観光客があえて訪れるエリアではありません。

なぜなら、13区には大通りが少なく、街全体は比較的細い道が目立ち、暗がりの場所も多く、治安状況が不安定な一面が目立つためです。

特に、地下鉄の駅出入口などはスリやひったくりなどの軽犯罪が多発するなど、あまり観光のために訪れることはおすすめできません。

 

パリ20区

パリの20区は、パリでも北東部に位置していて、とても危険なエリアとして知られています。

これは、20区には多くの移民が暮らしているためです。

例えば、20区にあるベルヴィル公園付近にたむろする不良集団や民族に分かれてのコミュニティー間では、少なからず抗争が起こることで治安の悪化につながってしまうと言えます。

このように、パリ北東部にある20区は、日本人観光客が訪れると恰好の餌場と化してしまう恐れがあるため、不要不急以外では訪れないようにしましょう。

 

パリ北駅

パリの北駅は、イギリスやベルギー、オランダなどから国際列車も発着する大きな主要駅となっています。

しかし、多くの国からたくさんの人が訪れるため、様々なトラブルが発生するなど治安の悪化が懸念されています。

特にモノプリなどは路地裏に入り込むと黒人男性がたむろした姿を見かけることも多く、あまり良い雰囲気とは言えません。

また、エリアとしては安価なホテルも多いため、予約を検討される方もいるようですが、可能な限り安全対策を講じ、治安の良いエリアでホテルを予約されることをおすすめします。

 

パリ東駅

パリの東駅周辺は、レストランやカフェをはじめ、ファーストフード店も多く、たくさんの人が訪れるエリアとなっています。

治安に関しては、軽犯罪が多発しており決して良いとは言えません。

東駅は主要となる大きな駅で多くの人が電車を利用するため、スリなどの被害も相次いで起こっています。

また、駅前にはタクシー利用のための乗り場もあるなど、ホテルへ移動する際は電車ではなく、車体上部に「TAXI」と表記されている正規タクシーを利用するようにしましょう。

 

パリ郊外

パリの郊外となるブローニュの森は、麻薬の密売やドラッグ中毒者が集まるだけではなく、夜は売春婦が集結するようなエリア。

サン=ドニからパリの北部は特に、日本人観光客の姿が目立つため、犯罪のターゲットになりやすく注意が必要です。

特に日本人はお金持ちであるというイメージが定着しているため、現金をたくさん持っていると判断されることで犯罪のターゲットになりやすなります。

また、モンマルトルにあるサクレクール寺院一体は、パリの景色が一望できるとても素晴らしい観光スポットとなっているため、人気エリア。

しかし、ここでは観光客をターゲットにしたスリ・ひったくりなどの軽犯罪が多発しているため訪れる際は注意が必要です。

 

パリ北部

パリの北部にあるモンマルトルは、サクレクール寺院があり、そこから見られる景色はパリの風景を一望できるとても素晴らしい観光スポットとなっているため、観光客に人気のエリアとなっています。

しかし、ここでは観光客をターゲットにしたスリ・ひったくりなどの軽犯罪が多発しているため、旅行スケジュールに含めて訪れる際は注意が必要です。

寺院の前では黒人が無理矢理物売りに来てはお金を要求するという被害も多く、そのような被害に遭わないよう注意してください。

 

その他主要エリアの治安事情

ここでは、その他主要エリアの治安事情についてみていきましょう。

パリ3区

パリの3区は、シャンゼリゼ通りや凱旋門の他、パリの有名なエッフェル塔、そしてルーヴル美術館、さらにはノートルダム大聖堂が集中するエリアです。

そのため、世界中から多くの観光客が訪れるため、治安は比較的安定していると言えます。

しかし、観光客を狙った犯罪も頻発するなど、自身の身の安全に配慮した行動を心掛けるようにしてください。

なお、3区は様々な方面へのアクセスが良好なため、駅もたくさんあり、メトロが利用できるためとても便利です。

 

パリ9区

パリの9区は、パリの右岸に位置し、とても美しい街並みを持つエリアとなっています。

また、サンジョルジュ広場周辺は、映画でも利用されるスポットとなり、南側にオペラ座やプランタンなどもあり、ショッピングに便利な街です。

かつてはあまり良い治安エリアとは言えないモンマルトルですが、現在ではアーティストやデザイナーが多く住む街に変わり、その雰囲気も良くなりつつあるようです。

しかし、観光客を狙った犯罪が多く、街を歩く際は周囲の状況に注意しましょう。

 

パリ14区

パリの14区はとても開放的な空間を感じさせるようなParc de la Cite international universitaire de Paris(パルク・ドゥ・ラ・シテ・ユニヴェルシテール・ドゥ・ラ・パリ)などアクティブに活動できる公園もあり、とても穏やかな日常を過ごすことができます。

また、芸術の街としても知られているため、多くのアーティストが住むエリアとしても知られています。

そんな14区は日中は穏やかに過ごすことができますが、観光客も訪れるため、スリなどの被害には十分注意しましょう。

 

リヨン駅

パリのリヨン駅は、とても大きな時計台があり、歴史を思わせる駅舎がとても印象的。

人や車など交通に便利で、パリ市外からもアクセスが良く、観光で訪れる方も多いエリアです。

土地勘のある地元の人にとってはとても住みやすいエリアのようですが、観光客を狙うスリなどの軽犯罪も起こっているため、手荷物や貴重品の管理はしっかりと行うようにしましょう。

大通りは人も多く安全ですが、夜間は路地裏などに入り込まないよう注意してください。

 

パリ バスティーユ

パリのバスティーユは、中心部に自由の塔があり、バスティーユ跡が残る街です。

治安も比較的安定しているため、夜の街も人通りが多いため、危険を予測した行動をとっていれば、ショッピングを楽しむことも可能です。

また、他のエリアよりも若者が多く、クラブや飲食店、アパレルショップ、カフェなどで賑わっています。

rue de la Roquette周辺は、ナイトスポットも多く、犯罪に巻き込まれることも考えられるため、近付くことのないように注意しましょう。

 

 

パリ観光客を狙った主な犯罪事例と対策

ここでは、パリ観光客を狙った主な犯罪事例と対策についてみていきましょう。

事例1.地下鉄内で窃盗事件が発生

パリ市内の地下鉄に乗車した際、貴重品を盗まれる窃盗事件が発生しました。

参考 : https://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/higaisha/h_4.html

対策:バッグはしっかりと閉める

地下鉄に乗車する際は特に、自身のバッグやリュック野ファスナーや留め具がしっかりと閉まっているかを確認するようにしましょう。

また、貴重品が他人に見えないよう対策を講じることも大切です。

事例2.置き引きによる盗難事件が発生

レストランで食事をする際、手荷物を足元に置くと、知らない間に何者かに貴重品の入った手荷物を盗まれる盗難事件が発生しました。

参考 : https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_170.html

対策:荷物から目を離さないこと

レストランで食事を摂る際も、貴重品は取り出し、ウエストポーチなどを活用し肌身離さずに持っておくようにしましょう。

また、ビュッフェ式のレストランの場合、交代で食べ物を取りに行くなど、手荷物を管理することが大切です。

事例3.睡眠薬混入による性犯罪が発生

カフェで飲食中に日本語が話せる男性から声を掛けられ、別のお店に誘われた後、睡眠薬入りのビールを飲まされ、性犯罪に巻き込まれる事件が発生しました。

参考 : https://www.otoa.com/news_detail.php?code=121

対策:知らない人について行かない

知らない人から声を掛けられ、飲食物を奢ってもらうことは避けるべきです。

大抵の場合は睡眠薬が混入されている可能性が高く、注意が必要です。

 

その他パリ観光で注意すべきポイント

ここでは、その他パリ観光で注意すべきポイントについてご紹介します。

海外旅行保険に加入しておく

海外旅行保険とは

パリ旅行で気をつけることは、海外旅行保険に加入して滞在するようにするということです。

これは、旅行中にアクシデントに見舞われる、病気やケガをしてしまうなど、医療処置を受けなければならなかった場合に、海外旅行保険に加入しておけば、そのようなトラブルに対して金銭的な補償以外に、日本語によるサポートを受けることができるため、安心して旅行を楽しむことができます。

おすすめはエポスカード【年会費無料】

パリ旅行で気をつけることは、海外旅行保険に加入し、その際、年会費無料のエポスカードを作成しておくと安心です。

エポスカードは海外旅行保険として必要性が高いと言われる疾病の他、携行品の損害を補償してくれるカードです。

特に医療行為においては最高270万円まで保険金の支払い対象となり、最長90日間の補償を受けることができます。

海外旅行へ行かれる際は、年会費無料のエポスカードがおすすめですよ。
>>エポスカード公式サイト

 

カメラは盗まれるリスクが最も高い

海外旅行では、一眼レフやGoProなど高級カメラを持ち歩くのは非常に危険です。

理由は、スリやひったくりに合う危険性が高まるからです。

実際に外務省が公開している海外邦人援護統計によると、渡航者のトラブルで最も多いのは窃盗被害。その中でも、盗まれやすいものの代表格がカメラです。

カメラが狙われる理由は、”軽量なので盗った後の逃走が簡単だから”です。

レンタルカメラが人気

そのため近年では、レンタルカメラを利用する渡航者が増えています。

こちらのRentry(レントリー)では、人気のGoProや水中カメラなど、品揃えも豊富です。

Rentryを利用すれば、わざわざカメラを購入する必要もなく、万が一盗まれても保険で対応してもらえるため安心ですね。

>>Rentry(レントリー)公式サイトはこちら

 

リュック

バリでは地下鉄や観光地でスリなどの被害が多発しているため、貴重品などはリュックの中に保管し、しっかりとファスナーを閉めておくようにしましょう。

また、リュックの中に貴重品を入れた場合、背負うスタイルはスリの被害に遭う可能性が高くなるため、前抱きに抱えて持つようにすると安心です。

その他、貴重品をリュックだけではなくウエストポーチなどに分散させて持つと万一被害に遭った場合でも、被害を最小限に抑えることができます。

ホテル

パリ旅行で宿泊ホテルの予約は治安が安定しているエリアで行うようにしましょう。

これは、北東部周辺は治安の悪化が懸念されているため、安価なホテルは多いものの、危険な目に遭う恐れがあるためです。

例えば、ホテルのセキュリティ体制が低く、貴重品やパスポートを盗まれる事件が発生することもあります。

このような被害を防ぐためにも、高級エリアと言われるチュイルリ公園からエトワール周辺、その他、中級ホテルクラスが点在する11区や12区辺りにホテルを予約することをおすすめします。

クラブ

パリ旅行で夜遊びスポットとなるクラブを訪れる際は、スリや置き引き、睡眠薬混入、麻薬の密売や取引などの犯罪に巻き込まれることのないよう十分注意してください。

これは、夜の街は思いもよらない出来事に遭遇することがあり、危険が迫ってくる可能性が高いためです。

例えば、しっかり管理していたはずの貴重品が盗まれる、飲み物に睡眠薬を混入され、性的被害を受けた上、貴重品をすべて盗まれるなど悪徳な被害が多発しています。

このような被害に遭わないためにも、良識ある楽しみ方、そしてあまりに夜遅くまでクラブで羽目をはずしすぎないよう早めにホテルへ戻りましょう。

地下鉄

パリ旅行で地下鉄利用の際は、スリ集団の被害に遭わないよう注意しましょう。

これは、地下鉄内は観光客を狙ったスリなどの被害が相次いで起こっているためです。

例えば、混み合った地下鉄の中で身体を押し付け、その隙を狙ってバッグの中から貴重品を盗むなど巧妙な技で盗んでくる犯人が多数乗車しています。

特に女性のスリ犯が多いのがパリの地下鉄の特徴です。

このような被害に遭わないためにも、地下鉄利用の際はより一層、貴重品の管理を徹底して行うようにしましょう。

タクシー

その他、パリ旅行でタクシーを利用する際は、ぼったくりの被害に遭うタクシーに乗車することのないよう注意しましょう。

これは、タクシーを探す観光客をターゲットに声を掛け、ぼったくりの被害に遭わせるタクシーへ案内する詐欺事件が相次いで起こっています。

また、タクシー乗車後、信号で停車中にバイク強盗が窓ガラスを割り、貴重品を強奪する事件も多発しています。

これらの被害に遭わないためにも、タクシー利用時は公認タクシーを利用するとともに、車内で手荷物が人に見えないよう、足元などに置くことをおすすめします。

 

まとめ

今回はパリ旅行を計画した際、現地で過ごす時の注意点やパリで実際に起こった犯罪事例や対処法、また、現在の治安など、それぞれ詳しく解説しました。

いかがでしたでしょうか。

フランスのパリには世界が注目する観光都市がたくさんあります。

また、世界遺産に登録される国のため、観光以外にもグルメも楽しめます。

そんなパリを存分に楽しむためにも、最低限必要な知識やパリの治安をリサーチし、安全で思い出深いパリ旅行を計画してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です