【2020年】キプロスの治安情勢まとめ!旅行者が注意すべき危険ポイント

キプロスは地中海に浮かぶキプロス島で、キプロス共和国という正式名称があります。

このイプロスは日本の四国の面積の半分ほどの大きさで、まだあまり日本からの観光客も少ない国として知られています。

しかし、美しいビーチを持ち、ヨーロッパの中でもリゾート地としても知られています。

そんなキプロスは、世界遺産を持ち、歴史も深い国のため、世界からも注目を集めています。

そんなキプロスは、今後私たちが観光旅行に訪れる国として栄えていくと言えるでしょう。

そこで今回は、キプロス旅行を計画する際、現地の治安状況や、現地で過ごす際の注意点、また、女性がキプロスで気を付けることなど、様々な情報を詳しくご紹介します。

 

世界治安ランキング58位のキプロス

参考サイト:http://worldpopulationreview.com/

アメリカ雑誌『グローバル・ファイナンス』が発表した「世界で最も治安の良い国ランキング」によると、キプロスは58位となっています。

結論:キプロスは比較的安全

キプロスは治安ランキング58位となる国で、その治安も比較的安全であると言えます。

しかし、都市部においてはスリやひったくり、置き引き、空き巣などの軽犯罪をはじめ、窃盗事件や強盗事件、飲食店のぼったくり被害などが相次いで起こっています。

そのため、日常的に防犯対策を講じ、周囲の状況に目を配って安全に過ごすことが大切です。

外務省のデータも確認

参考サイト:外務省海外安全サイトホームページ

外務省のデータによると、キプロスは危険度レベルが0となっているため、概ね治安が良好であることが確認できます。

しかし、日本は北キプロスの独立を承認していないため、もしも現地でトラブルに見舞われることがあっても救助要請不可の国だということを知っておいてください。

なお、キプロスは殺人などの重犯罪は少なく、スリやひったくりなどの軽犯罪が目立って発生しているため、私たち日本人観光客がそのターゲットになりやすく注意が必要です。

特に現地で目立つ服装をしているだけで貴重品や金品強奪事件に巻き込まれる可能性が高くなるため、現地で過ごす際はあまり目立つ服装とせず、現地の人に馴染むようなカジュアルな装いとすることが安全対策のひとつだと言えるでしょう。

夜の一人歩きは大丈夫?

キプロスは他の諸外国と比較しても治安が安定していて安全な国だと言われています。

しかし、夜は昼とは異なる治安になるエリアも多く、少し注意が必要となるでしょう。

そのため、不必要な夜の外出は避け、できるだけホテルで過ごすとともに、もしも外出の必要性があっても短時間に留めるなど身の安全を最優先とした行動をとるようにしましょう。

 

キプロス旅行で最低限気をつけるべき点3つ

キプロス旅行で最低注意すべきポイントを3つご紹介します。

  • 注意点①:パスポートのコピー
  • 注意点②:インターネット環境
  • 注意点③:言語の問題

それぞれ詳しく見ていきましょう。

注意点①:パスポートのコピー

キプロス旅行で気を付けることは、パスポートのコピーを必ず持参しておくということです。

これは、スリやひったくり、置き引きなどの被害のに遭った場合、万一パスポートを盗まれてしまうと帰国できなくなってしまうことを防ぐためです。

キプロスへ観光旅行に訪れる方は非常に多く、日本人もその中に入っています。

そのため、日本人が観光旅行する際も注意が必要な国だと言われています。

当然ながら毎日のように軽犯罪は起こっているため、あなたが軽犯罪の標的になる可能性もあります。

このように、安全な旅行を行うことができるよう、万一に備えパスポートのコピーは準備しておくようにしましょう。

 

注意点②:インターネット環境

海外旅行で重要なのがインターネット環境。

結論としては、キプロスで移動中にスマホを使用するのであれば、ポケットWi-Fiをレンタルした方が便利です。

フリーWi-Fiは主要施設だけ飛んでいる

まず、空港やホテル、ショッピングモールや大型チェーンの飲食店ではフリーWi-Fiが飛んでいるので、それらの施設では無料でインターネットを使用することができます。

しかしそれ以外の場所ではフリーWi-Fiが飛んでいないことが多いので、移動中や街中ではなかなかネットに接続することができません。

仲間とはぐれる危険性がある

そのため、ポケットWi-Fiが無ければ以下のような不備が起こります。

  • スマホで地図を見ながら移動できない
  • 移動中に観光地など調べ物ができない
  • SNSに写真をアップロードできない

スマホが繋がらなければ最悪の場合、旅行仲間とはぐれる危険性があるので注意

なので一般的には、海外旅行専用のポケットWi-Fiを持って行きます。

Wi-Ho!(ワイホー)がおすすめ



旅行好きに人気なポケットWi-FiがWi-Ho!(ワイホー)です。

  • キプロスであれば800円/日程度
  • 1つのWi-Fiを一緒に旅行に行く全員が使用することができる

このように、とにかくコスパが良いです。

デメリットといえば、当日に空港で借りると割引対象外となります

そのため、以下のキャンペーン専用ページから事前に予約しましょう。

>>Wi-Ho!(ワイホー)公式サイト

 

注意点③:言語の問題


旅行に行く際、現地の言葉を喋れないと何かと不便で不安ですよね。

日本では当たり前にできている会話ができないと、とてもストレスに感じ不慣れな海外なら尚一層です。

 

キプロスの公用語はギリシャ語とトルコ語です。

英語はキプロスでは、主要観光スポット・空港やホテルでは通じることが多いです。

 

しかし、海外旅行中は予想もしていなかったトラブルが付き物です。

その理由を以下に簡単にまとめました。

公用語が話せないと困ってしまうこと

  1. 道に迷ってしまった
  2. レストランでの注文
  3. 交通機関が思うように利用できないとき
  4. 急な体調不良
  5. トラブル全般

これらで困ってしまう。

英語が話せない、現地の言葉に不安な人はポケトークがおすすめ


旅行が好きな方に、大人気でテレビでも話題になった「夢の通訳機」ポケトークです。

ポケトークを持っているメリットとは

  • 旅行中の不安やストレスから解放される
  • 現地の人とコミュニケーションが取れるので旅行が楽しくなる
  • 他の翻訳機と比べ、翻訳言語数が74ヶ国語と圧倒的に多い
  • 双方の翻訳が可能(日本語→英語、英語→日本語)
  • 翻訳の正確さが高い
  • Wi-Fi環境がなくても利用ができる

また、キプロスの公用語であるギリシャ語とトルコ語には、音声翻訳・テキスト翻訳の両方に対応しています。

ポケトークさえ持っていれば

今まで海外旅行中に感じていた、不安やストレスが一切無くなります!

なので、精神的なストレスから解放されその分旅行が楽しめるのです。

ポケトーク公式サイト

 

キプロス観光客を狙った主な犯罪事例と対策

ここでは、キプロス観光客を狙った主な犯罪事例と対策についてみていきましょう。

事例1.都市部で起こる窃盗事件&強盗事件

キプロスの首都ニコシア市や各主要都市は安全な治安であると言われています。

しかし、人が多く集まるため、置き引きや空き巣など窃盗&強盗事件が多発し、飲食店などでは不当な料金を高額請求される被害が相次いで起こっています。

参考 : https://medicihiroba.com/kikimap/country/cyprus.php#back2

対策:周囲の状況を把握しておく

キプロスは比較的治安が穏やかで犯罪も少ない国として知られています。

しかし、軽犯罪などは多発しているため、不測の事態に備えて常に周囲の状況を把握するなど、注意して過ごしてください。

事例2.路地裏で窃盗・強盗・暴行事件が発生

キプロスの治安は安定していますが、昼と夜ではその治安も変わり、特に夜間は路地裏などの暗がりにおいて窃盗や強盗、暴行事件が頻発しています。

参考 : https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_193.html

対策:夜間に危険なエリアに立ち入らないこと

治安が安全だと言われるキプロスでも、夜間は身の危険を感じるエリアもあります。

滞在中は路地裏などに足を踏み入れないよう十分注意し、どうしても外出の必要性がある場合はタクシー等の車を利用し短時間ですませるなど安全に配慮した行動を心掛けてください。

事例3.キプロス連続殺人事件

2019年4月27日キプロスにおいて外国人女性と未成年少女の7人を殺害し湖に遺体を埋めるという連続殺人事件が起こりました。

参考 : https://www.afpbb.com/articles/-/3222865

対策:知らない人に声をかけられても対応しない

現地を旅行中に知らない人から声を掛けられるようなことがあっても決して受け応えしてはいけません。

安易な行動が殺人事件などに巻き込まれることになるため、自身の身は自分で守ることが大切です。

 

日本人女性がキプロス旅行で注意すべきポイント5つ

ここではキプロスで女性が気をつけることを5つご紹介します。

1.しつこく声をかけてくる現地の人は要注意

キプロス旅行でしつこく声を掛けてくるような人は要注意。

これは、グループであれば特に、スリの犯行に及ぶ可能性が高くなるためです。

最初はナンパのふりをして軽々しく声をかけておきながら、気を反らせているうちに貴重品をバッグの中から取るなどという手口で犯罪に巻き込まれる可能性が高くなります。

このような被害に遭わないためにも、あなたにしつこく話しかけてくる人や優しく接してくるような人には十分注意してください。

2.危険なエリアに足を踏み入れないこと

キプロスでは、現地の危険なエリアに足を踏み入れないようにしましょう。

これは、スリやひったくり、性犯罪などの事件は、人があまり通らない薄暗い路地裏で発生することが多いためです。

そのため、このような被害に遭わないためにも、薄暗く人があまり人の姿のない場所には近付かず、大通りを歩くなど安全を期した行動を心掛けるようにしましょう。

なお、現地の治安状況や安全情報は、現地に住む人から直接聞くことができれば、その情報に従い、安全に過ごすようにしてください。

3.現金を大量に持ち歩かず貴重品を分散させておくこと

キプロスでは、現金を大量に持ち歩かず貴重品は分散させて持参するようにしましょう。

これは、日本人観光客はお金持ちであるイメージが強く、また、貴重品を盗まれるなど窃盗事件に巻き込まれる可能性があるためです。

このような被害に遭わないためにも、街を歩く際は大量の現金を持ち歩くようなことはせず、万一スリやひったくりの被害に遭っても、貴重品を分散させて持っておくことで被害を最小限に抑えることができるため、工夫して貴重品の管理を行うようにしましょう。

4.貴重品から目を離さない

キプロスでホテルなどのレストランを利用する際、貴重品の管理を怠らないようにしましょう。

これは、レストランで手荷物を足元に置く、また椅子の背もたれに引っ掛けるなどして席を立つことで、いつの間にか貴重品が盗み取られている可能性があるからです。

このような被害に遭わないためにも、自身の貴重品は肌身離さず、手から離す必要がある場合は、貴重品から目を離さずに徹底管理を行うようにしましょう。

5.派手な服装は避け現地に馴染むカジュアルな服装を

キプロスでは、派手な服装は避け、現地に馴染むカジュアルな服装を心掛けるようにしましょう。

これは、キプロスでは、私たち日本人の普段の服装が派手で目立ってしまうことで、観光客であることが分かり、犯罪などのターゲットになってしまうためです。

このような危険な目に合わないためにも、現地に馴染むカジュアルな服装を心掛け、ブランドなどの高級品は持たず、一般的な服装を心掛けるようにしましょう。

 

子連れ旅行者がキプロスで注意すべきポイント

子連れでキプロス旅行を訪れる際は、いくつか気を付けることがあります。

キプロスは移動手段も確率されていないことから、まだ日本から観光旅行で訪れる方は少ないです。

アクセスが不便なため、長時間フライトに小さな子供が耐えられるかが問題になります。

そのため、飛行機内で子供が飽きてしまわないためのアイテムを持参しておくと安心です。

また、現地では公共交通機関に鉄道が発達していないため、移動はタクシーまたはレンタカーを利用しましょう。

特に子連れの場合はツアー参加することで現地の見どころや観光スポットを案内してもらえるため、手軽に楽しむことができます。

また、キプロスにはウォーターパークや遊園地などのテーマパークもあるため、子連れ旅行に最適です。

地中海の美しい海を存分に遊ぶことができるため、子供のペースに合わせたスケジュールで現地をたっぷりと楽しんでください。

なお、ビーチでは子供が迷子になってしまわないよう十分注意して遊ばせるようにしましょう。

 

その他キプロス観光で注意すべきポイント

ここでは、その他キプロス観光で注意すべきポイントについてみていきましょう。

海外旅行保険に加入しておく

海外旅行保険とは

キプロス旅行で気をつけることは、海外旅行保険に加入して滞在するようにするということです。

これは、旅行中にアクシデントに見舞われる、病気やケガをしてしまうなど、医療処置を受けなければならなかった場合に、海外旅行保険に加入しておけば、そのようなトラブルに対して金銭的な補償以外に、日本語によるサポートを受けることができるため、安心して旅行を楽しむことができます。

おすすめはエポスカード【年会費無料】

キプロス旅行で気をつけることは、海外旅行保険に加入し、その際、年会費無料のエポスカードを作成しておくと安心です。

エポスカードは海外旅行保険として必要性が高いと言われる疾病の他、携行品の損害を補償してくれるカードです。

特に医療行為においては最高270万円まで保険金の支払い対象となり、最長90日間の補償を受けることができます。

海外旅行へ行かれる際は、年会費無料のエポスカードがおすすめですよ。
>>エポスカード公式サイト

 

カメラは盗まれるリスクが最も高い

海外旅行では、一眼レフやGoProなど高級カメラを持ち歩くのは非常に危険です。

理由は、スリやひったくりに合う危険性が高まるからです。

実際に外務省が公開している海外邦人援護統計によると、渡航者のトラブルで最も多いのは窃盗被害。その中でも、盗まれやすいものの代表格がカメラです。

カメラが狙われる理由は、”軽量なので盗った後の逃走が簡単だから”です。

レンタルカメラが人気

そのため近年では、レンタルカメラを利用する渡航者が増えています。

こちらのRentry(レントリー)では、人気のGoProや水中カメラなど、品揃えも豊富です。

Rentryを利用すれば、わざわざカメラを購入する必要もなく、万が一盗まれても保険で対応してもらえるため安心ですね。

>>Rentry(レントリー)公式サイトはこちら

 

リュック

キプロス滞在中に街を歩く際は、貴重品等はファスナーのついたリュックを活用し、かつ、貴重品を複数箇所に分散して持つようにしましょう。

こうすることで万一スリなどの被害にあっても、被害を最小限に抑えることができます。

また、人が多い観光スポットでは、貴重品を管理するためにも、リュックは前抱きにして抱えるように持つことをおすすめします。

ホテル

キプロス旅行でホテルを予約する際は、治安が安定した安全なエリアにあるホテルを選ぶようにしましょう。

これは、夜間でも治安が落ち着いたエリアの方が安全に宿泊することができるためです。

特にビーチを目の前に持つようなホテルは、夏のリゾートを存分に楽しむことができるなど、思い出深いキプロス旅行にすることができるでしょう。

また、ホテルのランクによってセキュリティの高さが異なるため、安全かつ観光地へのアクセスの良いホテルを選び、予約することをおすすめします。

クラブ

キプロスには多くの夜遊びスポットとなるクラブがあります。

クラブは薄暗くスリや置き引きの被害が多発しているため、注意が必要です。

また、ドレスコードは必要ないことから、週末などは大勢の人で賑わっています。

その際、ポケットの中に貴重品を管理していても、スリの被害に遭うことも多い上、飲み物に睡眠薬を混入され、眠っている間にすべての貴重品を盗まれることもあるなど、凶悪な犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

そのため、クラブを利用する際は、自身の手荷物や貴重品を徹底管理した上で楽しんでください。

地下鉄

キプロスには公共交通機関として鉄道や地下鉄がありません。

そのため、街を移動する手段は路線バスやシティバスが主流となります。

その他、観光旅行で訪れた際は、タクシーやレンタカーを利用しても良いでしょう。

このように、街をアクセスする手段に鉄道や地下鉄がないことを考慮し、キプロス島で過ごす際のアクセス方法を事前に確認しておくようにしましょう。

タクシー

キプロス旅行では、タクシー利用時にタクシー代を不当請求されないよう注意しましょう。

これは、キプロスで利用するタクシーは比較的安全であると言われていますが、中にはメーターのないタクシーや目的地まで不当に高額請求されるようなことが見受けられます。

そのような被害に遭わないためにも、タクシーを利用する際は、目的地までのおよその費用を確認してから乗車するようにしましょう。

また、メーターが正しく作動しているかも確認しておくと安心です。

まとめ

今回はキプロス旅行を計画する際、現地の治安状況や、現地で過ごす際の注意点、また、女性がキプロスで気を付けることなど、様々な情報を詳しくご紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

キプロスはヨーロッパの中でも地中海の美しいリゾートを楽しめる国です。

治安も比較的安定していることから、観光旅行にもおすすめです。

しかし、海外旅行ともあり、旅行の際は外務省のホームページより安全面についての最新情報を入手し、控え目で安全な旅行を計画するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です